【まとめ】DJ用オーディオインターフェイス

こんにちは!オタレコさがわです。パソコン内の楽曲データを使用して、タンテやCDJでDJをしたい方にオススメなのがDVSというスタイル。現在販売中のDVS対応インターフェイスをまとめてみました!

王道のDJセットでPCDJ。DVS対応オーディオインターフェイスまとめ!

前提知識

まずDVSの仕組みについてまだちょっと不安がある方は下記をご覧ください。

それではDVS用オーディオインターフェイスをまとめてご覧ください!!※価格は2019年7月12日現在の価格です!

いかがでしたでしょうか?気になるオーディオインターフェイスはありましたか?

最後にオーディオインターフェイスを使ったDVSの良さについてまとめます。

・好みのタンテやDJミキサーを組み合わせたDJセットでPCDJができる

・将来的にDJセットを一部変更しても、基本構成が変わらなければ継続してPCDJが可能

・一般的なDJセットが設備されてる場所では、オーディオインターフェイスとパソコンを持ち込めばPCDJが可能

・普通のオーディオインターフェイスのように、オーディオインターフェイスは、作曲等でも使用可能

以上、DVS対応オーディオインターフェイスについてでした!

詳細・ご注文はこちら

RANE SL4 (Serato DJ対応)

DS1(Serato DJ対応)

INTERFACE2(rekordbox DVS 対応)

INTERFACE 2
INTERFACE 2

INTERFACE 2

Traktor Scratch A6 (Traktor Pro 3対応)

TRAKTOR SCRATCH A10 デットストック最終特価
●奇跡の50%オフ!TRAKTOR SCRATCH A10がデットストック最終特価に!

関連情報

【よくあるご質問】DVS用オーディオインターフェイスの接続方法

【よくあるご質問】オーディオインターフェイスとは?何で必要なの?

奇跡の50%オフ!TRAKTOR SCRATCH A10がデットストック最終特価に!

ポータブルレコードプレイヤーでDVSする方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です