【よくあるご質問】オーディオインターフェイスとは?何で必要なの?

こんにちは!オタレコさがわです。今日は、トラックメイクをされる方からよくいただくご質問についてです。

パソコンに音を取り込んだり、出力したりするもの。

オーディオインターフェイスとは、パソコン上のデジタル信号を、アナログ音声信号に変換するためのもので、アナログの音声信号とは、パソコンのヘッドホンジャックでしたり、パソコン内蔵のスピーカーから出される音もアナログの音声信号と言えるでしょう。もちろん逆もあって、楽器などをオーディオインターフェイスに接続して、データ化にしてパソコンで使えるようにしたりします。(アナログ=A、デジタル=Dとして、D/A、A/Dと表記されることもあります。)

勘の良い方でしたら分かったと思いますが、パソコンにもそのオーディオインターフェイス的な役割が組み込まれています。 しかし、パソコン内蔵のものはあまり音質が良くなく、DTMを行う上で不利な条件になってしまいます。 そこで、パソコンの外部で変換処理を行うオーディオインターフェイスが必要となるのです。
このオーディオインターフェイスは、パソコンとUSB接続し、パソコンの外側でより音質の良いアナログ音声信号を、スピーカーやヘッドホンへ出力してくれるのです。

オーディオインターフェイスは、本格的にDTMをされたい方は必須となります。

オーディオインターフェイス一覧はこちら

オーディオインターフェイス内蔵の機器とは?

さて、作曲機材などにもこのオーディオインターフェイスが内蔵されている場合があります。たとえば、MASCHINE MK3。

Native Instruments MASCHINE MK3

背面を見てみると、USB接続、音声入出力があるので、デジタル↔アナログのやり取りがあるので、オーディオインターフェイス内蔵していることが分かりますね。

MASCHINE MK3にスピーカーを接続したり、LINE出力の機器をつないで、音を取り込んだりできます。

Native Instruments MASCHINE MK3

一方で、MASCHINE MIKRO MK3をみてみると、

Native Instruments MASCHINE MIKRO MK3

Native Instruments MASCHINE MIKRO MK3

USB接続端子しかありません。ということは、パソコンとのやり取りだけですので、基本的にはコントローラーとしてのみ機能する、ということですね。

次にMPC LIVEをみてみましょう!

MPC LIVE

MPC LIVE

こちらも、USB端子にアナログの入出力が付いてますね。ですのでインターフェイス内蔵です。ちょっと話がそれますが、MPC LIVEには「PHONO入力」があるので、タンテなどのPHONO出力のものも取り込めます。接続端子に注目してみると面白いですね。

オーディオインターフェイス内蔵のDJミキサーとは?

機器にオーディオインターフェイスが内蔵されている、という括りでみると、下記のようなDJミキサーもオーディオインターフェイスを内蔵しています。

PIONEER DJM-900NXS2

PIONEER DJM-900NXS2

DJM-900NXS2の接続端子をみてみると、USB端子が接続できますし、アナログの入出力があります。オーディオインターフェイスが内蔵されていて、パソコンなどとアナログ信号をやりとりしてるんですね。

DVSに特化しているオーディオインターフェイス

例えば、このSL4はタンテのアナログ信号をデジタルに変えてパソコンに送り、逆にパソコンからのデータを音声信号に変えて出力しています。

※ ※ ※

以上、いろんなオーディオインターフェイスをみてきましたが、要するにアナログ信号とデータ信号を変換する役割を担っているのがオーディオインターフェイス、ということですね!

オーディオインターフェイス一覧はこちら

関連情報

【よくあるご質問】レコードのサンプリングってどうやるの?

【見始めたら止まらない】Youtubeのトラックメイキング動画(海外まとめ)

おすすめ特集ページ

MIDIコンミュージアム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です