高音質DJミキサー RANE MP2015、機能についてクローズアップ!

こんにちは!オタレコさがわです。前回ご紹介しましたセッティングにつづき、今日は具体的な機能についてみていきます。

ロータリーミキサーが初めての方にも使いやすい MP2015

はじめに、MP2015はロータリーミキサーという種類のDJミキサーです。フェーダーではなく、ノブを使ってミックスしていくんですね。

アナログ重視のテクノやハウスDJの方に好まれる印象があるロータリーミキサーですが、MP2015はルックスは伝統的ではありますが、中身は最新の技術が盛り込まれています。

アナログサウンドが好きな方も、デジタル音源を使用する方にも、温かみのある高音質の音でDJを楽しめるDJミキサーです。


関連情報


MP2015 は、高音質。音にこだわりたい人におすすめ。

ハイレゾクオリティー24bitの再生に対応しています。アナログにこだわるDJの方にもおすすめできる機器です。また、データ音源でDJされる方にも、非圧縮のWAVやFLACファイルの再生にも対応してますので、高音質データでDJができます。覚えていただきたいことは、とにかくMP2015は、デジタルらしさを少なく高解像度の自然な音を目指したDJミキサーということです。

各CHにHI、MID、LOWそしてフィルター

フィルターやEQはデジタルらしさをなくし、自然な音になるよう、徹底して作り込まれています。ロータリーミキサーには、アイソレータしか付いていない場合もありますが、MP2015にはHI、MID、LOWのEQがあるので、使い慣れたDJミキサーと同様の感覚で操作ができます。

一括調整サブミックス・チャンネル

珍しい機能として、サブミックス・チャンネルがあげられます。全部の入力をサブミックス・チャンネルに送ることができます。ここからサブミックス専用のメーター、キュー、USB出力したり、一括してEQ、フィルター、音量を操作できたりします。

DJのミックスの幅が更に広がりそうですね。

気になるアイソレータEQ部分は?

ロータリミキサーといえばアイソレータ。気になるアイソレータには何と、Low-MidとMid-Highのクロスオーバー・ポイントを調整できるノブもあります。

下のオタレコTVでは実際に調整したときの違いを聞くことができます。※あくまでYoutub動画クオリティの音なのでちょっと分かりづらいかもですが、結構違いは出ていると思います!

オタレコTVでもご紹介しています。




以上、RANE MP2015の機能面へのクローズアップでした!!

十分すぎる機能なので、大は小を兼ねるじゃないですけど、ロータリミキサーがはじめての方にもとっつきやすいかと思います。

ちなみに、ロータリミキサーが使われているDJミックスをyoutubeでみてると、

いやぁ使ってMP2015でDJしてみたい・・・・アイソレータかけてみたい!!!!ってなっちゃいますので要注意です。笑

詳細はこちら
↓↓↓
> RANE/DJミキサー/MP2015

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です