高機能ジョグホイールを搭載した、持ち運びしやすいDJコントローラー登場!

こんにちは!オタレコさがわです。2019年5月下旬発売予定のDDJ-1000についてご紹介です。

大人気DJコントローラーDDJ-1000のコンパクト版、DDJ-800。

オタレコでも大人気のDDJ-1000。フラッグシップモデルCDJ-2000NXS2等と同じサイズのジョグホイールを搭載し、中央に液晶を内蔵!USBは2つ接続可能でDJの交代もノンストレス。ユーザーのニーズを最大限に取り込んだrekordbox dj専用PCDJコントローラーDDJ-1000。

そんなDDJ-1000のコンパクトモデルがこの度登場です!

DDJ-800とDDJ-1000の違い

ミキサー部は、DDJ-800は2CHなのでその分コンパクトですね。基本レイアウトやエフェクト部は上位機種のDJミキサーと同じレイアウトをしてますので、普段からPioneer DJのDJミキサーを使っている方にとっては馴染みやすいですし、自宅ではDDJ-800を使い、クラブやサウンドバーではDJM-900NXS2などの上位DJミキサーを使う場合にも戸惑わないでしょう。

その他、ジョグホイールがDDJ-800のほうが若干小さいですね。CDJの上位機種と同じサイズのジョグホイールを使いたい人はDDJ-1000がよいかもしれないですね。ジョグホイールの機能面では、「COLOR ON JOG DISPLAY」機能、JOGの負荷調整ができる「FEELING ADJUST」機能はDDJ-800でも付いています。

上の画像でみるように、かなり横幅はコンパクトになってますので、自宅であまり場所が取れなかったり、DJコントローラーをよく持ち運びたい方はDDJ-800がよいかもしれないですね!

入出力端子はどうでしょうか。DDJ-800でもオーディオミキサー機能を搭載してます。CH数の違いから入力端子がDDJ-800は少ないです。また、USB接続口がDDJ-1000では2系統あるのに対してDDJ-800は1つです。2つあると交代が楽ですので、複数人で使い回す場合はDDJ-1000の方がおすすめですね。

※ ※ ※

いかでしたでしょうか?DDJ-1000かDDJ-800で迷われる方は、使用シーンを想定してお選びいただくのがよいかもしれないですね。

また、DDJ-1000とは価格面では、2019年4月17日現在では、約4万円ほど違います。

詳細・注文はこちら

Pioneer DJ/DJコントローラー/DDJ-800

関連情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です