スクールのケーブルが進化した。

スクールのケーブルを

“アコリバ”に変えました。

皆さんは普段 “音質”についてどれくらい意識されていますか?

選曲やDJのスキルも大事ですが、音質面も人前でパフォーマンスする上で

今後更に重要な要素になってくると私たちは考えています。

では、どうすれば音質を良くする事が出来るのでしょうか。

その答えの一つが音の通り道であるケーブルを変えてみる事です。

レコードやCDに入っている音の情報が再生され、スピーカーへと辿り着くまでに

様々なケーブルを通って音=電気が走っています。

そこを通りやすくしたり、妨害を防いだりする事で音質アップが望めるのです。

 

そこで、今回は生徒さんの音質への意識向上も兼ねて

ケーブル界の名門Acoustic Revive、通称”アコリバ”のケーブルをスクールに導入しました。

http://acousticrevive.jp/

先ずは機材そのものに電源を供給する、電源ケーブル周りから、、

そしてオーディオケーブルまで、、

USB、LANケーブルまでも交換し、小一時間で作業終了。

肝心の出音はというと、

明らかに音にパワーが出て、熱のこもった聴き応えのある音に変わりました。

オーディオ系の方々に人気のブランドですが、意外と?クラブミュージックとも相性が良さそうです。

生徒さん、講師陣も明らかに音質が良くなりテンションが上がっていました。

これで練習も良い音と共に励む事が出来ますね!

というか、ここまでやっちゃうと流石に見た目も豪華で

なんだか贅沢なスクールになってしまいました(笑)。

でも音楽を教える学校なので、”音”については出来る限りの事は

していきたいですね!

今後もスクールの音質アップにご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です