二の足を踏みがちなタンテの導入。コスパ最強のモデルがありました!

こんにちは!オタレコさがわです。DJコントローラーからタンテを含んだDJセットへとグレードアップすることを検討されている方におすすめ情報です!

なんと針も付属で3万円ちょっと!STANTON T.92M2 USB

新しくDJセットを組むとき、DJミキサーにタンテ2台、PCDJをしたい場合は更にオーディオインターフェイスなどを検討されると思います。

結構費用がかかる印象がありますが、実は、本格仕様のタンテでもお手頃価格のものもあります!

それがSTANTONのT.92M2 USBです。

※必要なものが揃ってこのお値段は凄い!

T.92 M2 USB
T.92 M2 USB
T.92 M2 USB

以前ご紹介しました下記のモデルの一つグレードの下位モデルですね。

150M2のタンテって聞いただけで、オタレコ梱包担当が泣いた。

150M2シリーズ同様、DJユースに作り込まれているのですが、お手頃価格が注目すべき点です。

STANTONってどこのメーカー?

Stanton社は1946年ウォルタースタントン氏が交換可能なレコード針の開発会社として創業します。その後、オーディオ機器の開発をはじめ、クラブ業界のニーズに応えるべくタンテやDJ用のレコード針、CDJやDJミキサーなどの開発などをおこなっています。50年以上の歴史を誇る、DJなら一度は見たこと、聞いたことがあるメーカーです。

オタレコTVでもご紹介してます!

▲T.62 M2とT.92 M2を比較です。

▲T.92 M2 USBで、serato DJのDVSでPCDJの実演です。

※ ※ ※

いかがでしたでしょうか?

DJコントローラーからタンテを含んだDJセットへグレードアップ、もしくは、最初からレコードでDJをはじめてみたいという方に、お手頃にセットを組みたい方におすすめのタンテ、T.92M2のお話でした!

ご注文・詳細はこちら


関連情報

タンテでPCDJしたい時、まず最初に知らなければならいこと!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です