飲食店などのDJブースにも!圧倒的なスペックをもった万能DJコントローラー、DDJ-SX3!

複数のDJでも使いやすく、これ1台でDJ設備は完璧!DDJ-SX3をオススメする理由。

OTAIRECORDミノルです!

先日「店舗設置のスピーカーにKRKがオススメ!」という記事を書かせていただきましたが、今回はDJブース編。

たまに聞く話なんですが、「お店でイベントをやりたい。DJブースを設備として設けたいけど、自分はDJやらないからよくわからない。」というもの。

イベントがあると、いろんなお客さんが足を運んでくれるきっかけになるのでお店側も新たな発見があると思います。
一昔前はターンテーブル(レコードプレーヤー)やCDJ、DJミキサーとたくさんの機材が必要で、大きいので場所の問題もありますし、接続も大変などいろんな問題がありました。今は全く違います。

書いてて改めて思いますが本当に時代は変わりましたね。
これ1台で全ての問題を解決してくれるDJ機材がこちら。Pioneer DJのDDJ-SX3です。

DDJ-SX3の圧倒的に素晴らしい3つのポイント

【1】シェアダントツNo.1のPCDJソフト「Serato DJ Pro」の無償版に対応。

まず“ほぼ誰でも触れる”というところ。今パソコンを使ってDJをしている方はSerato DJ Proというソフトを使っている方が圧倒的に多いです。
このSerato DJ Proは誰でもダウンロードできます。そして、Serato DJ Proを起動し、USBケーブルでこのDDJ-SX3に接続すれば、誰でもパソコンの中に保存されている(iTunesなどに入っている)楽曲でDJが出来るというわけです。
だから普段からDJをしている人でなくても、このソフトをダウンロードさえすれば、このDDJ-SX3を使ってDJが出来るということなんですね。
一昔前、レコードでDJをすることが当たり前だった時代は、レコードを持ってないとDJ出来なかったわけですが、今は誰でもパソコンで曲を管理する時代ですから、本当に誰もがDJに触れられる素晴らしい時代になったと言えます。

【2】いろんな機器を接続できるから本当にこれ1台でイベント成立。

DDJ-SX3は4CH仕様のリアルミキサー搭載DJコントローラーです。
リアルミキサーというのは、真ん中の部分がDJミキサー単体と同じ役割を果たしてくれるため、アナログターンテーブルやCDJを接続すれば、パソコンを使わずにレコードやCDを使ったDJも可能です。言い方を変えれば、パソコンでもDJ出来るし、レコードやCDを使ってもDJが出来るシステムになれる拡張性を持っています

さらにDDJ-SX3はマイクを3本も接続できます。そのため、司会はもちろん、シンガー・ラッパーなども参加できます。


▲卓上ミキサーの例:YAMAHA / MG10

本来マイクをちゃんと使おうとすると↑の写真のような卓上のミキサーを用意する必要があったりするのですが、DDJ-SX3ほどの作り込みであれば、もう本当にこれ1台でマイクもつないでイベントを盛り上げることが出来ます。
省スペース且つコストも削減。あとはアンプ+スピーカー、またはアンプ内蔵スピーカーさえあればOKというわけです。

【3】パソコンをつなぐUSB端子が2つ付いている。

DJコントローラーのほとんどはパソコンをつなぐUSB端子が1つしか付いていません。DJコントローラーはどちらかというと個人使用向きなので、2つ付いている必要がありません。
しかしこのDDJ-SX3は先に書いたように複数のDJが使用したり、そこにはマイクも必要だったりというケースを想定し、小~中規模イベント会場で常設できるようなイメージで開発されているので、USB端子が2つ付いています。
USB端子が2つあると、AさんがDJをしていて、次にBさんがDJをする場合、もう1つの空いているUSB端子にBさんのパソコンをつなげば準備OK。あとはミキサー部分のスイッチで切り替えてあげるだけで、片方のデッキをBさんのパソコンで使用することが出来ます。

USB端子が1つしかないDJコントローラーを複数のDJで使用する場合、USBケーブルを抜けば音は止まってしまうため、DJを交代するたびに音を止めなければいけないんですね。
DJイベントで音を止めるのは一番NGとされています。DDJ-SX3ならその心配はありません。

まとめ

一見どれも同じようなPCDJコントローラーですが、DDJ-SX3は別格。
チャンネル数が多いだけでなく、あらゆるイベント形態をこれ1台で完結させるスペックを持っています。

例えばUSB端子2基搭載のSerato DJ DVS対応オーディオインターフェース「RANE SL4」。
これがあればクラブで音を止めずにDJの交代が出来るため現場によく設置されているのですが、これ1台で約10万円します。

DDJ-SX3はUSBが2つ接続可能で、さらにリアルミキサーとして使えるという点で、“SL4+DJミキサー”と同等の内容とも置き換えが出来るということ!

だから大きなクラブに置かれていても全くおかしくないスペックを持っています。
それが120,000円(税別)ですので超破格です。(※2018年10月現在)

SL4と違うのは、アナログターンテーブルやCDJを使ってSerato DJを操作するには、接続するパソコンごとに別売りの拡張パック「SERATO DVS」が必要ですのでご注意くださいね!

 

というわけで、個人使用は当然なのですが、音楽イベントをやりたいという店舗への導入や、持ち運んで複数DJがこれ1台でDJイベントが出来るようにしたい方などぜひ検討してみてください!

 

>PioneerDJ / DDJ-SX3の商品詳細ページはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です