DJ機材が置けるテーブル意外と少ない説。そんな時はDJテーブル DODAIプラス!

こんにちは!オタレコさがわです。意外とDJテーブルに適してるデスクってありそうで、ないですよね。

DJ専用のテーブル、DODAI + (ドダイプラス)で機材のレイアウトも使い勝手も最高。

まずは全体像とカラーバリエーションから

■寸法
1400 x 850 x 500mm(WxHxD)
■重量
約29kg

ブラックモデル▼

DODAI+

▼ホワイトモデル

DODAI+

DODAI+

▼機材を並べるとこんな感じ。タンテが縦横どちらにも置けるのは嬉しいですね!

DODAI+

▼スタンドがあれば左右にモニター用のスピーカーも設置可能!

▼2CHのDJコントローラーとCDJを並べた例

「DODAI + 」3つのポイント

【POINT.1】ヘッドホンフック同梱

DODAI+

DJ専用テーブル「DODAI+」には、ヘッドホンをかけられるよう、ヘッドホンフックが付属しています。
写真ではテーブルの右側についていますが、ヘッドホンフックはネジになっていて取り外しが可能。左側にも同様に取り付けられるよう設計されています。

【POINT.2】ケーブル通し穴

DODAI+

▼中央に置いたDJミキサーからアクセス。

天板の中央上部にはターンテーブルやDJミキサーから出た配線をそのままテーブルの下に通すための穴が設けられています。
普通ならどうしてもテーブルの上でぐちゃぐちゃしてしまいますが、これがあればスッキリ! 2個も付いているので結構ケーブル多くてもしっかりまとまってくれます。このパーツは外すことが出来るので、端子が太くて通らないような電源ケーブルなどでもちゃんと通せます。

※ホワイトの場合、ケーブル通し穴にもホワイトのパーツが使われています。

【POINT.3】充実のオプション

DODAI+

・DODAI OPTION RACK(別売り)

DODAI+の足の部分に設置することで、小物を置くスペースを作ってくれる優れもの! アナログDJの方はレコードクリーナーやカートリッジケースなどを。CDJの方はよく使うCD、CDケースなどを置くことが出来ます。

オタレコTVでもご紹介!

ご注文、詳細はこちら

関連情報

ありそうで少ないDJで使用できるテーブル。機材を綺麗にレイアウトしてやる気もアップ!

タンテでPCDJしたい時、まず最初に知らなければならいこと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です