DVSで普通のレコードを再生する方法

こんにちは!オタレコさがわです。専用レコードでパソコン内のDJソフトを操作するDVS。そんなDJセットで普通のアナログレコードはどうやって再生するのでしょうか?

DVSのDJセットで普通のアナログレコードを再生する方法

例えばSerato DVSの場合

仮想デッキエリアの左上にあるドロップダウンメニューからスルーModeを選択することができます。スルーモードにより、選択されたデッキをミュートします。チャンネルがTHRUソフトウェアに設定されている場合は、対応する仮想デッキはスルーモードとして表示し、波形がグレー表示されます。そのチャネルのオーディオはFXおよびサンプラーを除き、ほとんどのオーディオ処理ユニットを回避します。ABS /REL/INTモードからスルーモードに移行すると、対応する仮想デッキで現在の曲を一時停止しますが、その他すべての状態(例:ループ、キーロックなど)は保持されます。
THRUソフトウェアを使用すると、入力ソース(例:アナログVinyl)にエフェクトおよび(または)ドロップサンプルを適用することができます。

※他のDJソフトでも同様、主にデッキの設定から変更が可能です。

スルーモードにすると、入力音声(レコードの音)がそのまま出力されることになるので、普通のアナログレコードを再生したい場合はこのモードに切り替えが必要です。

※ ※ ※

PCDJからDJを始めた方がアナログレコードを収集したり、もともとアナログレコードでDJをされていた方がDVSを導入され、アナログレコードも混ぜてミックスしたくなることもあると思います。

そんなときのためにモード切り替えについて知っておくと便利かと思います。

関連情報

タンテでPCDJしたい時、まず最初に知らなければならいこと!

【よくあるご質問】DVSがうまく動作しない…そんな時はスコープが原因を語りかけてきている!(Traktor Scratch Pro 2編)

【よくあるご質問】DVSがうまく動作しない…そんな時はスコープが原因を語りかけてきている!(Serato DJ編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です