【オタレコオススメ映画】2月は名古屋シネマテークで映画「唾と蜜」を楽しもう!

こんにちは!オタレコさがわです。今日は、名古屋市内、近郊の方にオススメ情報です!

【映画「唾と蜜」 x オタレコ特別コラボ!】20名様に映画チケットプレゼント!

1982年設立の名古屋市の中心街にある老舗映画館、名古屋シネマテークで、2019年2月9日(土)~2月15(金)の期間、音楽好き、クラブ好きにオススメ映画が上映されます!

映画「唾と蜜」


私立大3回生の吉幸。毎日は退屈だった。
持て余した時間と物足りない刺激は、覚えたばかりのセックスとパチンコで誤魔化していた。
そんな折り、パチンコ屋で見るからにタチの悪そうな一人の男に絡まれる。身の危険を感じた吉幸だが、男が中学時代の同級生ノブだということに気づき、事なきを得る。呑みに行き語らううち、ノブが声を用いてあらゆる音を表現するヒューマンビートボクサーであることを知る。
HIPHOP、ブレイク・ビーツの魅力に目覚めた吉幸は、ノブの勧めでクラブ通いを始める。そこで、紹介されたClub ALBAのオーナー兼、麻薬の売人でもある男チバの不思議な魅力に惹かれる。
ようやく、オンガクという目標を見つけた吉幸だが・・・

豪華出演アーティストに、注目監督!

豪華出演アーティストは、メジャーデビューも果たした若手再注目のラッパーEINSHTEIN。
ヒューマンビートボックス日本王者・世界大会出場経験を持つ、唯一無二のビートボックスアーティストSh0h。そのほか、関西の人気ラッパー陣、阿修羅MIC、CIMA、Willy Wonka a.k.a taka、かしわ、Young Coco、三日月らに加え、人気ダンスクルーPOKER☆FACE、DMC日本王者DJ TAIJI(T-SKRABBLE DJ’S)らが出演!


監督KENJI MAKI氏は、2014年に初脚本・監督作の短編『japing』にて、日本芸術センター第7回映像グランプリで若獅子賞受賞。また、スピルバーグやジョージルーカスらも受賞した 北米で3番目に歴史のある映画祭・ヒューストン国際映画祭で短編部門ゴー ルド受賞。 アメリカではインディペンデントでも2~3,000万円をかける中、わずか20万円の制作費で受賞されています。

「唾と蜜」ではそんな監督自からの実体験も織り込んだ、
HIPHOPのアート性、その裏のアングラ世界、一人の青年の心の葛藤を描いた衝撃作です!

オタレコTVで監督KENJI MAKI氏にスペシャルインタビューをおこないました!

映画チケットを20名様にプレゼントします!

いかがでしたでしょうか?普段ヒップホップを聞いていない人でも、クラブやライブが好きだったりする人でしたら、ストーリーに惹かれますよね。

そんな映画「唾と蜜」とオタレコの特別コラボということで、名古屋シネマテークでの上映チケットを20名様にプレゼントいたします!

企画概要

締切
2019年2月2日
当選者発表
2019年2月3日以降
ご注意事項
※ご応募が必要です。
※当選発表は2019年2月3日以降頃を予定しており、賞品または当選通知の発送をもってかえさせていただきます。
※プレゼント当選者は、ご登録いただいているメールアドレス宛にご連絡させていただきます。
※当選者の方と、ご連絡が3日以上取れなかった場合、繰り上げ当選をおこないます。

詳細、お申込みは下記の画像をクリック!


●【2月2日応募締切】HIPHOP好きにオススメの映画「唾と蜜」とオタレコが特別コラボ!映画チケットを20名様にプレゼントいたします!

オタレコオススメ情報!

「唾と蜜」の大事な要素でもあるラップ。オタレコのラップやトラックメイク関連情報を下記にご紹介いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です