【よくあるご質問】MIDIケーブルって何?

こんにちは!オタレコさがわです。トラックメイクをはじめる方に、機器の接続に関してよくお問い合わせいただくのですが、中でも分かりづらいMIDIケーブルについて、まとめてみました。

MIDI信号は、演奏データのやりとりだけで、音声信号の送受信はしていない!

そもそもMIDIって何?

Musical Instrument Digital Interfaceの略称で、電子楽器(音楽機器)などの演奏データ(プレイデータ)を機器間でデジタル転送するための世界共通規格のことです。 実は結構昔からある規格で、歴史があります。

扱われるデータは、MIDIデータと言われるもので、 MIDIデータは、音そのものではなく楽器の演奏情報です。

例えば、キーボードでいえば、鍵盤を押す・離す、ペダルを踏む・離す、音色を変えるといった動作をそれぞれ符号化したものと言えます。
そして、小節・拍といった時間概念を持っており、そのスケール上のどのタイミングでどのキーをどの位の強さ、
長さで押したかというノート(音符)情報を記録する事ができます。

そのMIDIデータの送受信をするためにつなぐのが、MIDIケーブルというわけです。

なので、MIDIケーブルをつないだからといって、音声信号のやりとりができる訳ではないのがポイントです。

MIDIケーブルはどんな時に使うの?何が良いの?

普通のオーディオケーブルのように、音声の伝達ができないなら、どんな意味があるの?と思うかと思います。

演奏データが送受信できることに注目すると、そのメリットがいろいろと見えてきます。

例えば、

別の楽器に演奏データを同期させたい場合や、

MIDI情報を記録・再生するMIDIシーケンサ(上図は、DAWに備わったシーケンサで操作している想定)と呼ばれるもので、

演奏したあとで、音色を変えたくなったら、演奏しなおさずにそのまま音色だけを変えれたり、

逆に音色はそのままに、演奏の一部や構成を変えたりと、

演奏やトラックメイクをラクにしてくれるものです。

また、MIDIの規格がかなり前からあるので、ビンテージ機器でも連携させることができるのも良い点の一つかもしれません。

以上がMIDIケーブルについてのお話でした!

待てよ、そうしたらMIDIマッピングって何だ?

PCDJをしていたり、DAWを使っている方だと聞いたことがあるかもしれない、「MIDIマッピング」。MIDIマッピングのMIDIは何なのかというと、コントローラーのMIDIデータ(演奏データ、操作データ)をソフトウェアと紐付ける、ということです。

例えば、ボタンを押す、というMIDI情報をソフトウェアの再生に割り振るなど。

コントローラーとパソコンの接続はUSBでされていることが多いですが、そのUSBにMIDI情報が送受信されているんですね。なので、例えば、MIDI情報を送受信できるゲームのコントローラーとパソコンをつないで、MIDIマッピングすれば、ゲームのコントローラーでDJができたりします。

他のケーブル類についても知りたい方はこちら

その他スピーカーケーブルや端子について、さらに詳しく解説しております!

MIDIコンについては、こちら!MIDIコントローラーってなに?そんな疑問は全てこのページで解決!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です