OTAIAUDIOのブログ

【話題のプリメインアンプ】アキュフェーズ「E-800」を試聴致しました。

Share

みなさんこんにちはOTAIAUDIO太田でございます。

今回は話題のプリメインアンプ「E-800」についてでございます。

OTAI AUDIOにてデモ機を試聴しました。

※後ほど展示導入予定です。

 

Accuphase/プリメインアンプ/E-800
希望小売価格:980,000円(税抜)

 

プリメインアンプ「E-800」とは?

アキュフェーズの創立50周年記念モデルとして発売される純A級プリメインアンプです。
アキュフェーズのプリメインアンプに中では、「E-800」がフラッグシップモデルとなります。

同ブランドのハイエンドモデルに使用されている技術を導入し、セパレートアンプに引けを取らない音質を目指して開発されました。

 

大型の筐体、余裕のある電源部。

「E-800」は筐体が大きいことが特徴的です。
「A-75」など同社のパワーアンプ類とはぼ同寸で、良質なパーツが綿密に組まれています。

プリ部分にはアキュフェーズのアンプではお馴染みのBalanced AAVA方式ボリュームコントロールを搭載。
これにより、高S/N比で音質の劣化が少ないボリュームコントロールを可能にしています。

パワーアンプ部ではパワーMOS FETは高周波特性に優れた大出力素子、大型高効率トロイダルトランスや大容量フィルター・コンデンサーも搭載しています。
電源供給能力を上げセパレートに負けない馬力を獲得しています。

▲メーターはさらに細かく音量の変化を表示できるようになりました。

▲入力端子も豊富にあります。

 

セパレートタイプは予算的にちょっと、、、という方に是非お勧めしたい製品です。

OTAI AUDIO店頭のスピーカーB&W「802 D3」でデモ試聴致しました。

かなりパワフルに低域も出ていますし、高域の伸びやかさもセパレートに近い感じがしました。

若干、音数が多くなると窮屈に聴こえる部分もありましたがセッティングを詰めていけばまだまだ改善の余地はありそうです。

かなりの実力を秘めているプリメインアンプですので、セパレートは予算的に厳しいとお悩みの方には是非お勧めしたい製品だと思いました。

 

■紹介動画もあわせてご覧ください。

 

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらをクリック。

 

Accuphase/プリメインアンプ/E-800の詳細はこちらをクリック。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です