OTAIAUDIOのブログ

【コスパの良いフォノイコをお探しの方へ】Pro-Jectの「Phono Boxシリーズ」一挙4機種発売!

Share

Pro-Ject「Phono Boxシリーズ」が一挙4機種発売されます

ヨーロッパてに圧倒的な人気を誇るオーストリア発のレコード関連機器ブランド「Pro-Ject」から、フォノイコライザーの定番「Phono Boxシリーズ」より一挙4機種が国内発売されます。

「Phono Boxシリーズ」と言えば、コンパクトながらハイエンドなサウンドで定評なフォノイコライザーのラインナップで、国内でも高い人気を誇ります。

Pro-Jectブランドの国内輸入代理店が、DENON、MarantzやB&Wなどを扱うD&Mホールディングスに移管されてから国内での同シリーズの流通がストップしていましたが、新たな新機種も加わって帰ってきました。

今回はそんな4機種をご紹介させていただきます。

■ディスクリートMM,MCフォノアンプ/Phono Box ultra 500 60,000円(税抜)

まずご紹介するのは、Phono Boxシリーズの累計販売台数が50万台を突破したことを記念して作られた「Phono Box ultra 500」です。
サイズはコンパクトなままですが、銅製のシャーシを使用した重厚感のある作りで、オペアンプICを使用しないディスクリート回路を採用、さらにはデュアルモノの回路構成とハイエンドな仕様となっています。

デュアルモノMM,MCフォノアンプ/Phono Box S2 SL 30,000円(税抜)

お次は、ultra 500と同様のデュアルモノ回路構成をとっている「Phono Box S2 SL」です。
底面のミニスイッチでどんなカートリッジにも対応可能など、コンパクトなサイズなのに贅沢過ぎる仕様で、圧倒的なコストパフォーマンスが魅力的です。

スタンダードMM,MCフォノアンプ/Phono Box SL 18,000円(税抜)

お次は、現行のBOX DESIGNシリーズの原点ともいえるモデルの「Phono Box SL」です。
シンプルでコンパクトな作りはまさにスタンダード。フォノイコ選びで迷ってしまったらこちらをチョイスすれば間違いありません。

MM専用フォノアンプ/Phono Box MM 13,000円(税抜)

最後は、MMカートリッジ専用のフォノイコライザー「Phono Box MM」です。
MMカートリッジ専用で良質なフォノイコライザーをお探しの方におススメしたい1台です。

以上4機種となります。

当店でも非常に人気のあったPhono Boxシリーズとあって期待大の4機種ですね。

全機種とはいきませんが、当店でも展示予定ですので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です