OTAIAUDIOのブログ

TANNOY本社訪問記 -第一部-

Share

IMG_9608008

TANNOY本社訪問記 -第一部-

スコットランドにあるTANNOY本社に行ってきました。

OTAIAUDIOようすけ管理人です。

TANNOYの代理店ESOTERIC社の誘いで、
90年の歴史を誇るオーディオブランドTANNOYの本社工場に行ってまいりました。
TANNOYの工場を視察する目的と、ちょっとした骨休みも兼ねてスコットランドに飛んでまいりました。
毎日仕事に追われる毎日ですが、音楽人たるもの文化人でなければならない、と無理矢理正当化して皆様にご迷惑をおかけしながらの旅行でした。

日本を出発する。

日本を出発するにあたってのルートですが、今回は羽田国際空港発ということでした。
出発は午前。
OTAIAUDIOは名古屋にありますので、朝5:30に起床しなんとかチェックインに間に合いました。
乗り継ぎ先のロンドン、ヒースロー空港まで12時間以上のフライトですので、ちょっと暇してしまいます。
IMG_9592014

そこでいつもやるのが多めにお酒を飲んで寝る作戦です。(飲みすぎると気持ち悪くなるのでギリギリで。。)
これで割と一瞬で到着します。

IMG_9593013

はい!一瞬でつきました!
ヒースロー空港です。

ヒースローはイギリスが誇る、世界最大の利用旅客数を持つ空港です。
多少の老朽化を感じさせますが世界最大の空港としての風格が漂っていました。

そして、さらに1時間30分ほどかけてスコットランドはエジンバラターンハウス空港に到着。
そこからバスで1時間。

エジンバラよりもグラスゴーにほど近いHamiltonという場所にあるホテルAlonAに到着。
11月4日のスコットランドは寒い!と聞いていましたが全くそんなことはなく、札幌から来ていた方も札幌の方が寒い!ということでした。

 

IMG_9605009

ホテルに到着

ホテルに到着しました。21時頃だったような気がします。
いずれにせよ夜で周りはのどかな雰囲気でしんと静まり返っている状況の中ひっそりたたずむ、そんなホテルです。
ホテルについたので夕食をとります。

IMG_9601012

なぜか玄関口に花が飾ってありましたので浮かれて撮影。
あとで見たのですがウェディングが有名なホテルらしく、夕方あたりにパーティがあったのかもしれません。

 

IMG_9602011

夕食ともにスコットランドの定番のビールを頂きました。
ギネスのような味ですがちょっと甘みがあっておいしかったです。
ビールの名前は忘れました。

 

IMG_9603010

ディナーはホテルの中のレストランでした。
イギリスがご飯が、、という話はよく聞くし実際に自分が以前ロンドンに訪れた際もそこまでおいしいとは思わなかった(まずいとも思わなかった)ですが、一回目の夕食はかなりおいしかったです。
そして、その後もご飯は大変おいしくて、イギリスはご飯がおいしくないという説は完全に覆されました。
きっとTANNOYの方のセレクトが良かったのでしょう。
見た通りですが、ホタテと魚の料理を頂きました。

IMG_9610007

早めに起床。そして散歩。

時差ボケが、という話もありましたが、普段から不規則を尽くしている私の生活が功を奏してまったく問題ありませんでした。
というか、不規則なので常に時差ぼけしているともいえるのかもしれません。
個人的な旅行の日課であるのですが、初日は早めに起きて散歩です。
目の前には湖がありました。
昨晩は真っ暗で気付かなかったけどれど、大きな湖がありました。

その湖の名前はStrathclyde Loch(ストラックライド・ロック)といいます。
カヌーの大会も行われるような大きな湖です。

IMG_9615002 IMG_9618001

朝の静けさも手伝ってピンと張りつめた水面にスコットランドの曇り空が映りこんでいて、大変きれいでした。
湖の手前には芝生が一面に貼られていていかにも英国然とした佇まいで大変良いところでした。

IMG_9611006 IMG_9613004 IMG_9612005 IMG_9614003

ヨーロッパのパークのお手本のような感じで、整備された美しい公園でした。
青々とした芝生の絨毯には一面枯葉が舞い散っていて、まさに英国の秋という感じでしょうか?

そして朝食を頂き、いきなりメインのTANNNOYの工場視察にバスで向かいます。

今回は出発編という事で、オーディオの事に一切触れていなくてごめんなさい。
バックグラウンドも大事かと思い報告させていただきました。

 

次回につづく。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です