OTAIAUDIOのブログ

【シチリア島の職人が造る】audelのスピーカーとは?~Malika mk2、Magika mk2、Sonika mk2、Nika mk2~

Share

皆さんこんにちは。

本日は、audelのスピーカーのご紹介でございます。

シチリアのスピーカーブランドaudelとは?

2008年にイタリアのシチリア島で設立されたAUDEL社。

創設者の建築家Walter Carzanは音楽と産業デザインの融合を模索し様々な斬新なスピーカーを世に送り出してきました。

独自の特許技術CTL(Composed Transmission Line)の開発や、2018年には新たなIRS (Internal Rib System) システムの特許も取得。

プログラムソース本来の音色を損ねることの無い、非常に高音質で高表現力なスピーカーシステムに仕上げられています。

 

職人が時間をかけて手作業で製造

AUDELの全てのスピーカーは様々な工程を経て9日間で製作されます。

何度もヤスリ掛けを行い表面の質感を高め、最後に5日間という日数と手間をかけて幾層もの蜜蝋ワックス掛けを行います。
AUDELのスピーカーはこうしたシチリア島の木工職人達の手によって全て手作業で作られています。

今回発表になった4機種

Malika mk2/¥930,000(抜・ペア)

Magika mk2/¥530,000 (抜・ペア)

Sonika mk2/¥300,000 (抜・ペア)

Nika mk2/¥130,000 (抜・ペア)

 

優れた、バーチの積層材

AUDELの全てのスピーカのエンクロージャーはバーチの積層材が使われています。

視覚的な美しさはもちろん、バーチは音響的にも優れており、また密度の違う幾つもの板を使用する事によりエンクロージャーの振動を打ち消す効果があります。

ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さいませ。

 audelのスピーカー4機種の詳細はこちらをクリック。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です