OTAIAUDIOのブログ

【デジタル・アナログの神髄を聴いた】SOUL NOTE試聴会レポート

Share

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

去る2019/07/13(土),14(日)に行われましたOTAIAUDIO presents SOUL NOTE試聴会。

両日ともに満員のお客様にお越しいただきまして大盛況のうちに終了いたしました。

「デジタル・アナログの神髄を聴く」と銘打った今回の試聴会。

当店で店頭展示しておりますA-2、D-2、E-2に加え、株式会社CSRさまによりA-1、E-1そしてもう一台のA-2が持ち込まれ単品での試聴、比較試聴、A-2を2台使用したスピーカーのドライブなど、文字通り「SOULNOTEの魂」をご体感いただける試聴会だったのではないでしょうか。

1シリーズと2シリーズの聞き比べなどはこういった試聴会ならではの機会でしたし、

当初はA-2を2台使用した「BTLモノラル」でのデモ予定だったものを、SOULNOTE 技術担当 加藤氏の音質的判断により、2台を「通常モードでの片チャンネル使用」するといったことも、既成概念に捕らわれないSOULNOTEの姿勢を垣間見たエピソードです。

ご試聴の合間におこなわれた、前述SOULNOTE 技術担当 加藤氏による解説がとても分かりやすく、非常に興味深い内容であったことも印象的でした。

SOULNOTE製品全般にわたる無帰還ディスクリート回路採用、DAC製品におけるNOS(No Over Sampling)の採用などが、音響の「静的特性」ではなく「動的特性」に着目したものであること。
それはボディの設計にまで及んでいることなど、設計者ならではの貴重なお話の連続でした。

(オタイYouTubeにて加藤氏へのインタビュー動画が近日公開予定です!)

気になるSOULNOTEの次なるアクションですが、スピーカーケーブルのリリースを予定しているようです。今回の試聴会でもそのプロトタイプが使用されたのですが、ケーブルにおいてもSOULNOTEの「動的特性」への拘りが発揮されています。詳細は続報をお待ちくださいませ!

最後になりますがお越しいただきました皆様、株式会社CSRの加藤氏、緑川氏に厚く御礼申し上げまして今回のブログを締めたいと思います。最後までお読みくださりありがとうございました。

ーーーーー

当店では2シリーズを店頭展示しております。

DAコンバータ D-2 (商品ページは>>コチラ)

フォノイコライザー E-2 (商品ページは>>コチラ)

プリメインアンプ A-2 (商品ページは>>コチラ)

みなさまのご試聴、心よりお待ちしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です