OTAIAUDIOのブログ

【人気モデルの後継機】CDからネットワークまでに対応したMarantzのM-CR612を展示しました

Share

人気モデルMarantzのM-CR611の後継機、M-CR612が登場

CDからネットワーク再生、DAC機能等も兼ね備えた、MarantzのネットワークCDレシーバー、M-CR612を店頭に展示しました。

前モデルのM-CR611は当店でも多くのお客様に気に入っていただきましたが、今回の機種はさらに新たな機能が追加されました。

Marantz M-CR612

 

 

 

M-CR612の機能とは。

豊富なM-CR612の機能を挙げると、

  • 5.6 MHz DSD &ハイレゾ音源対応
  • フルバランス・デジタルパワーアンプ
  • パラレルBTL機能が追加された4chスピーカー出力
  • CDプレーヤー内蔵
  • 「ワイドFM」対応FM / AMチューナー内蔵
  • Amazon Alexaでの音声コントロールに対応
  • Bluetooth®で手軽に再生可能
  • 音楽ストリーミングサービス、インターネットラジオ対応
  • AirPlay 2対応
  • Wi-Fi(無線LAN)でネットワークに接続可能
  • 自動再生機能付き光デジタル入力

などなど。

本当に多機能です。

「ここまで豊富な機能を使いこなせない」と思われるかもしれませんが、お客様の利用シーンに合わせて、必要な機能を使ってもらえればと思います。

CDを聴くのは勿論、スマートフォンやタブレットと無線でつないで手軽に聴くのもよし、テレビやレコードプレーヤーと接続してアンプとして使用するのも可能です。

Marantz M-CR612

 

前機種と比べて

実は、ブログを書いている私自身、家で前モデルのM-CR611を使用しているのですが、今回のM-CR612を比較すると、操作画面のデザインがスッキリとしたように感じます。

手軽に使えるため、初心者の方の使用は勿論、お店に導入して他の従業員の方が手軽に使用したり、家族で使用したりと、様々なシーンでの導入が可能です。

また、新たにAmazon Alexaに対応したため、よりオーディオを手軽に楽しんでいただけると思います。

Marantz M-CR612

 

試聴について

本機種は店頭にて展示しております。

購入を検討されている方や、気になる方は是非店頭にお越しくださいませ!

CD等の音源やスーマートフォン、タブレットをお持ち込み頂き、そちらで再生することも可能です。

 

商品の詳細や購入はこちらのページからご覧ください。

⇒MARANTZ/ネットワークCDレシーバー/M-CR612

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です