OTAIAUDIOのブログ

【ルームチューニングパネル】音快速 KP-01、KP-02 試聴レビュー

Share

寿音響のルームチューニングの「音快速 KP-01、KP-02」でルームチューニング!!!

オタイオーディオのオレンジです。
今回も寿音響(KOTOBUKI)のオーディオアクセサリーを試聴します。ルームチューニングパネル 音快速 KP-01、KP-02のご紹介です。
↓商品ページはこちら↓

↓前回の寿音響をピックアップさせていただきましたが、今回は同社のボードの紹介です。(前回はインシュレーター 「音極振 KS-01」を取り上げました。ご紹介はこちらのリンクから。)

音快速の仕様

まずは仕様についてのご説明です。

音快速 KP-01
「低域バランス型」メーン対応周波数125Hzから500Hz
素材:表層材/カルム材(3mm)/高密度グラスウール(25mm)/アルミ反射材(約4mm)の4層構造(背面はMDF材)
サイズ:(W)500×(H)500×(D)35mm
重量:3Kg
カラー:プラム色/チェリー色/ブラウン色
定価:1枚 60,000円(税別)

音快速 極低 KP-02
「低域特化型」メーン対応周波数125Hz以下
素材:表層材/カルム材(3mm)/高密度グラスウール(25mm)/アルミ反射材(約4mm)の4層構造(背面はMDF材)
サイズ:(W)500×(H)500×(D)35mm
重量:3Kg
カラー:プラム色/チェリー色
定価:1枚 60,000円(税別)

音快速とは?

音響防音事業(ドラム室・スタジオ・オーディオルームなどの施工)から生まれたチューニングパネルです。

特徴として新幹線の防音壁にも使用される、究極の吸音材「カルム」を使用しています。
カルムは最高の吸音率と耐久性をもち、室内における音質を悪くする反射音を無くします。

大きさが50cm四方の小型サイズで重量も3kgと軽いため、設置の自由度も高く、重ね置きや壁掛け等も可能です。

音快速 KP-01は125Hzから500Hzに効果が有るため、基本となるヴォーカルや楽器などの音を調整し、音快速 極低 KP-02は125Hz以下に効果がありますので、調整の難しい超低域を改善してくれるのではないでしょうか。

パネルを設置して聴いてみた

まずは音快速 KP-02をスピーカーとアンプの間に置いて聴いてみました。

試聴した部屋が狭くトールボーイスピーカーのため、全体的に低域がブーミーでしたが低域がスッとしました。それに伴い低域に埋もれていた高域の音が聴こえてきます。

続いて音快速 KP-01へ変更します。

まず驚いたことに音が前後左右に広がりました。部屋全体に音が行き渡っている感じがして、とても立体的です。

KP-02ではスッとした低域ですが、KP-01は量感は多いもののタイトになり元気の良さが出ています。

KP-01の位置はそのままに、KP-02を部屋側面に置いてみました。

さらに音が広がり、大変立体的な音場になりました。また、定位がしっかりとしてヴォーカルや楽器の位置がはっきりと感じ取れます。

中低域ともに改善が大きいのかS/Nが良くなる効果も感じ取れました。

軽く・設置しやすいため、気軽にルームチューニングが可能

総評ですが、音快速は3Kgと軽くて省スペースパネルのため、何処にでも設置できるのではないでしょうか。

シチュエーションとして「部屋の工事ができない」、「ブーミーな低域や暴れる低域をなんとかしたい」、「音の広がりを増やしたい」といった場合など幅広く活用できると考えられます。

また、パネルを置く場所によっても音の感じや量感が変わるため、好きな音に追い込むことも可能です。

そしてデザイン面ですが、洗練されており部屋の壁に飾っておしゃれでモダンなインテリアにすることもできると感じます。チューニングパネルは大きくて家族から邪魔者扱いされる事が多いなど、ネガティブな一面がありますがそういった事も無さそうです。

デザイン性高く、気軽にルームチューニングできる音快速で音楽を一度聴いてみてはいかがでしょうか。

 

KOTOBUKI/音響パネル/KP-01の詳細はこちらをクリック。

KOTOBUKI/音響パネル/KP-02の詳細はこちらをクリック。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です