OTAIAUDIOのブログ

【ターンテーブルマット】ROKSANのUPGRADE MAT、RMAT-7を使ってみました。

Share

ROKSAN純正のターンテーブルマット、RMAT-7

イギリスのオーディオメーカー、ROKSANが販売する厚さにして7㎜のフェルトマット「RMAT-7」。

一見、付属品かとも思うこのマットは店頭にも展示しているROKSANのRADIUS7 + NIMAのオプションとして別売りされています。

ネット上での評価はとても高く、その効果が気になりましたので今回は実際にRADIUS7 + NIMAと組み合わせて試聴してみました。

RMAT-7

実際の効果は

今回の試聴では、

  • RADIUS7 + NIMAのプラッターに直でレコードを置いた場合
  • RMAT-7を敷いた上にレコードを置いた場合

の2パターンで音を聴き比べました。

RADIUS7 + NIMA

実際に敷いてみると、7㎜ということもあり、横から見てもよくわかる厚さです。

RADIUS7 + NIMA

実際に聴き比べたところ、全体的に音がスッキリとし、楽器やヴォーカルがより鮮明に感じられるようになったと思いました。

私自身の感想としては、1度使ったら敷いていない状態には戻れないと思いました。

本製品は店頭にて展示中です。

RADIUS7 + NIMA

気になる方は、一度実際に聴き比べて効果を実感してもらうのが一番かと思います。

お気に入りのレコードを片手に、是非店頭までお越しくださいませ。

 

▼商品の購入や詳細はこちら

ROKSAN/ターンテーブルマット/UPGRADE MAT(RMAT-7)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です