OTAIAUDIOのブログ

【比較試聴】DENON PMA-800NEとPMA-390REを比べてみました!

Share

今回はデノンのDENON PMA-800NEとPMA-390REの比較試聴レヴューをしていきたいと思います。
デノンが新世代Hi-Fiコンポーネント群として位置付ける、NE(New Era)シリーズのモデルに新たに「800NEシリーズ」が登場しました。
上位モデルの技術を継承し、価格を超えた性能を実現させた新世代のエントリーモデルです。

アナログオーディオ回路には、エントリーグレードながら、PMA-2500NEやPMA-1600NEなど上位モデルでも使用されているSX1の技術を汲む高音質パーツを多数投入しており「エントリーモデル」とは言われていますが某雑誌などでも高い評価を受け、高品位な音質で再生ができます。

そこで、同じくDENONのエントリーモデルであるPMA-390REと比べてみて、どのような違いがあるのかをご紹介していきたいと思います。

 

PMA-800NEの特徴とは?

2つを並べてみました、上からPMA-800NE、PMA-390REです。両機に外見の違いはほとんどありません。
しかし、PMA-800NEはPMA-390REには無いこのような違いがあります。

・コンデンサーを上位機種にも使用しているものと同じもの使用している。

・192kHz/24bit対応の同軸/光デジタル入力を備えている。

・MM/MC対応のフォノ入力も搭載している。

機能的にPMA-800NEの方が優秀なことが分かります。

実際に比較試聴してみた。

聴き比べをしてみた第一印象としては、PMA-800NEはかなり低域がしっかり聴こえます。
エントリーモデルというと、レンジの広さであったり音質的に気になるところですが、しっかりオーディオシステムを聴いているなという感じがしました。

「S.L.D.C.(Signal Level Divided Construction)」構造というシステムを採用することで、筐体内の各回路レイアウトを分離して回路間の相互干渉を抑えることで音に安定感があると感じました。

これからオーディオを始めたいという方や、買い替えをご検討の方は一度ご試聴をしてみてはいかかがでしょうか。

 

DENON/プリメインアンプ/PMA-390RE【店頭展示有・ご試聴可】の商品ページはこちらをクリック。

DENON/プリメインアンプ/PMA-800NE【店頭展示有・ご試聴可】の商品ページはこちらをクリック。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です