OTAIAUDIOのブログ

Accuphaseの人気シリーズ中古品が入荷!アキュフェーズ CDプレイヤー『DP-400』

Share

Accuphaseの人気シリーズ中古品が入荷!アキュフェーズ CDプレイヤー『DP-400』

こんにちは!

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

早速ではありますが、中古品の新入荷情報をお届けします!

 

今回新入荷の『DP-400』とは

もともと世界中で大人気となった、自社開発CDドライブ搭載の『DP-500』シリーズをベースに、先進のクォリティと最新ディジタル・テクノロジーを結集して、ソフトの高音質再生を追求したCD専用プレーヤー。

トランスポート部のドライブは、回転時の共振を抑えると同時に外部振動を受けにくい筐体構造にして、CDディスクに刻まれたポテンシャルを100%引き出す理想のメカニズムを目指し、DP500で蓄積したメカ技術の全てを投入、ハイエンドCDトランスポートに相応しい高精度メカニズムが完成。

 

プロセッサー部は、最先端の回路と高度なディジタル・テクノロジーを駆使し、より進化したアキュフェーズ独自の
『MDS++方式D/Aコンバーター』を搭載し、この方式は、厳選された超高性能⊿Σ型D/Aコンバーターを並列(DP-400は2個)駆動させる方法で、優れた変換精度を持ち、ひずみ率特性や雑音特性、小信号リニアリティなどの諸特性を大幅に改善することにより、CDが持つ魅力的な音楽の表情を余すところなく描き出すことができます。

 

もちろん、試聴できます

オタイオーディオ試聴室の左側は、アキュフェーズでシステムを組んでおります。
上から2段目がDP-400です。

試聴インプレッションとしては、まずコストパフォーマンスという安易な表現はあまり使いたくないという私の内心を汲んで頂いたうえで、あえて申しますと、いわゆるコスパ最高、と言って差し支えないかと存じます。

DP-500と比較すると、価格も15万程度違うので(500の方が高価です)、性能に差がないわけではありません。
コンバーターの個数や処理能力など計りやすい価格差のほか、音場表現・性格も異なる感じがします。

たとえば、あくまで個人的な感覚として、DP-400は柔らかく、高音のシャキシャキしたエッジの部分を、その雰囲気を損なわず少し丸くしたような響き。最近のデジタル音源も、耳ざわりよく、綺麗に聴かせてくれます。

 

単にグレードだけでなくお好みでもありますので、もし現在のシステムからのアップグレードを考えていたり、サブルームにプレイヤーを追加したい、といったケースでしたら、この価格でこの音は、かなり贅沢です!

そしてアキュフェーズならではの重厚で高級感のある筐体は、上位機種と遜色ありません。操作感も良好です。

1点限りですので、少しでも気になる方はお気軽にまずご連絡いただければと思います。

商品ページはコチラ↓
Accuphase/CDプレイヤー/DP-400

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です