OTAIAUDIOのブログ

YAMAHAの”インテリアオーディオ” Relitシリーズを期間限定で展示しております。

Share

YAMAHAの”インテリアオーディオ” Relitシリーズを期間限定で展示しております。

本日は間接照明とオーディオを一体化したYAMAHAのRelitシリーズのご紹介です。

2011年に発表され高い評判を呼んだ自立式、壁掛け式のオールインワンオーディオ「Restio」に始まったYAMAHAのインテリアオーディオですが、2013年に登場した灯りと音楽を融合した独創的なライティングオーディオシステム「Relit」は、そのデザイン性の高さと音の良さから様々な方面から注目されております。

因にですが「Relit」は、「Light and Music Relight Your Heart」の略で、毎日の暮らしのなかに灯りとともに音楽が溶け込む、というオーディオのあり方を思い描いたヤマハのメッセージだそうです。

今回、期間限定でオタイオーディオのリスニングルームに展示しました。インテリア性が高く、部屋に馴染んでおります。

展示機種は下記の3機種です。

・LSX-700
・LSX-170
・LSX-70

LSX-700は、スタイリッシュな縦型形状で、ボディには人口皮革を採用。照明部には6基のLEDライトを使用しており、背面のメッシュ状パネルを通すことで、柔らかい独特のビジュアルが壁に映り込むようなデザインになっております。
スピーカー部には、壁の反射を利用して本機背面に音を反響させる7cmフルレンジを2基と、上部の反射板を利用して前面に音を反響させる6cmフルレンジを1基搭載し、アンプ部の最大出力は10W+10W+10W(6Ω、1kHz、10%THD)です。
大変細身ですが、驚くほど豊かな低音がでます。

次にLSX-170ですが、9cmウーファーと3cmソフトドームトゥイーターを1基ずつ搭載しております。
照明部には、11基のLEDユニットを搭載しており、リモコン経由またはアプリ経由で明るさを10段階で調節できます。

最後にシリーズで最もコンパクトなLSX-70ですが、5.5cmウーファーと4cmトゥイーターを上下対向に配置しております。照明部には、4基のLEDユニットを搭載しており、5段階での調光が可能です。
また、充電式のバッテリーを内蔵しており、オーディオ再生時が最大約8時間、オーディオ再生+照明点灯時で3.5時間の駆動が可能となっております。

どの製品もインテリアとオーディオが見事に合わさっており、大変ユニークです。

ただいま、オタイオーディオの店頭に展示しておりますので、気になられる方は是非ご来店くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です