便利な分割払いが回数限定金利手数料無料!

DJ初心者に!
作曲・DTM初心者ガイド

DJ機材・音楽機材



sslとは?
otaiweb.comはsslセキュリティ保護サイトです。

レコード・DJ機材通信販売専門店OTAIRECORDはSSLセキュリティ保護サイトです。安心して通販をお楽しみください。


JASRAC許諾番号:9010587001Y31018

Serato DJ Lite

DJソフトウェア「Serato DJ Lite」を知りつくそう!

本ページをご覧いただきましてありがとうございます!
OTAIRECORD長橋です。

ここでは、世界中のDJから支持を得ているDJソフトウェア Serato DJ Introのアップデート版となる Serato DJ Liteをご紹介させていただきます。

私自身が Serato Scratch Liveからなのでかれこれ10年ほどのSeratoユーザーですが、もはや体の一部と化しているようなくらい愛着のあるレイアウトと使い易さで、正直他のソフトは使えません!
もちろんお仕事上、他のDJソフトウェアを触わることがありますが(笑)、だからこそよりSeratoのソフトウェアの素晴らしさを実感しています。

Seratoは、常に現場で活躍するDJや、パフォーマーの意見をしっかりとソフトに落とし込んできました。
実際に国内に限らず、世界中のDJが使用していることがまさにその証明と言えます。

また、Seratoは私たちDJにソフトウェアを通じて新しい可能性を提示してくれます。

「こんなやり方があったんだ!」「これ面白い!」

Seratoユーザーの方でしたら、一度はそのように思ったことがあるのではないでしょうか。

自分自身が愛してやまないSeratoの魅力が少しでも伝われば幸いです。

そもそもSerato(セラート)ってなに?

Serato DJ Lite


Serato(セラート)は、オーストラリア大陸の右下に位置するニュージーランドに拠点を置くソフトウェアメーカーです。
歴史をたどると、Pro Tools向けのピッチ補正プラグイン Pitch 'N Timeのリリースから始まり、DJのスタイルに大きな革命をもたらしたDJソフトウェア Serato Scratch Liveのリリースによりその名を世界中に広めることとなりました。
Serato Scratch Liveは、既存のアナログターンテーブルやCDJといったDJシステムに、対応したオーディオインターフェイスを接続することで、DVS(デジタルバイナルシステム)というパソコンを使用したデータファイルでのDJプレイを可能にしました。
それは、今までの重たいレコードや、沢山のCDを持ち運ぶ必要を無くし、ジャンルレスでスピーディーな選曲、ビートジャンプやキュープレイといったDJスタイルを広めることとなりました。
当初は、今までのDJたちの概念を覆したことや、音質面などのこともあり、データファイルDJに対して冷ややかな意見も多くありましたが、今ではクラブDJの主流となったDJスタイルと言えます。

また、Serato Scratch Liveと並行して、DJコントローラー専用ソフトウェア Serato ITCHをリリースし、さらに多くのハードウェアにも対応していきます。
DJコントローラーの登場は、2台のターンテーブルまたはCDJとDJミキサーという基本的なDJセットがないとDJができないという概念を覆し、DJ機材導入のハードルを下げることとなりました。
Serato ITCHは数あるDJソフトウェアの中でも高い人気を誇り、Serato Scratch Liveとも同期できることから、DJコントローラーの普及に大きく貢献しました。

更には、Serato ITCHから Serato DJ、その廉価版となる Serato DJ Introへとアップデートし、多種多様なハードウェアに対応できるソフトウェアへと移り変わっていきます。
2014年には、Serato DJDVS(デジタルバイナルシステム)が正式対応となり、Serato Scratch Liveのサポートを終了することで、Seratoソフトウェアの一本化を図ります。
その後も Serato DJの拡張機能追加などのアップデートに伴い、各メーカーが様々な対応機種を発売するなど、常に進化を続けています。

このように、SeratoはDJシーンにおいて欠かすことのできないブランドとして、多くのDJから支持されています。
そして、2018年には Serato DJ Serato DJ LiteSerato DJ IntroSerato DJ Liteへとアップデートを果たし、時代の最先端をいくソフトウェアとしてDJシーンをリードし続けます。


「Serato DJ Lite」の概要

Serato DJ Lite

Serato DJ Liteは、対応するハードウェア(DJコントローラー、インターフェイス内蔵ミキサーなど)をパソコンと接続して、本格的なDJプレイを楽しむこのとのできるDJソフトウェアです。
前述で述べた通り、Serato DJ Liteは、既に広く普及されているSerato DJ Introのアップデート版となります。
今までの Serato DJ Introが基礎となりますが、更に使い易く、更に便利に再構築されています。
既存のSerato DJ Lite対応ハードウェアをお持ちのユーザーは、無償でアップデート可能ですので安心してお試しいただけます。(※アップデート前にパソコンの動作環境をお確かめください)



Serato DJ Lite

Serato DJ Lite

Serato DJ Lite公式動画


どうやって導入すればいいの?

Serato DJ Lite DJコントローラー

ミキサーと2台のターンテーブルまたはCDJから構成されるDJセットとほぼ同様な機能が一体化されたDJコントローラーを導入します。
世の中にあるいろいろなDJコントローラーが使用できるというわけではなく、Serato DJ Liteに対応したDJコントローラーとの接続によりDJプレイを可能とします。
また、Serato DJ Lite対応のDJコントローラーは、Serato DJ LiteのフルバージョンにあたるSerato DJ Proの有料版を購入することで、Serato DJ Proを使用することができます。
DJコントローラーのほうは、DJセットの導入が難しい方や、新たにDJを始めてみたいというかたにお勧めしたいシステムとなります。

Serato DJ Lite

Serato DJ Lite

【参考動画】DJコントローラーの使用例



「Serato DJ Lite」からの新機能

練習モード

今回のアップデートで注目なのがこの練習モードです。これまではハードウェアを接続していないと1デッキ画面の状態でしたが、この練習モードにより接続しなくても、2デッキ状態でDJプレイ前のセットリストの確認や、実際にミックスを試すことができます。 より仕込みがし易くなりましたし、ちょっとした場面でのBGM係りとしても重宝しますね。

パフォーマンスパッド表示モード

Serato DJ Liteでは、キューポイントの表示が見慣れた中にも新しくなりました。

ヘルプとサポートを強化

Serato DJ Liteではヘルプとサポートセクションが刷新され、アプリ内から簡単にアクセスできます。基本的には英語でのサポートとなりますが、日本語のフォーラムもありますので、安心してお使いいただけます。

ライブラリの日本語検索に対応

ついに日本語検索が対応となりました!今まで日本語の楽曲を使用する方は試行錯誤で対応されていたかと存じますが、これでストレスなく選曲を楽しむことができます。



まとめ

ここまでSerato DJ Liteについてご説明させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

Serato DJ LiteはDJ初心者の方にも分かり易く、とっても導入し易いDJソフトの一つです。

ご興味のある方はSeratoのオフィシャルサイトにて無償ダウンロード可能ですので、一度お持ちのパソコンにインストールして試してみてはいかかでしょうか。

※最新のパソコンの動作環境は、ダウンロードページの「System requirements」の項目よりご確認いただけます。

ご覧いただきましてありがとうございました!

Serato DJ Lite


関連ページ

Serato DJ Lite