【ポータブルフェーダーKUTTERがお買い得!何と税込4,980円!】ポータブルスクラッチで、スクラッチスキル向上!

こんにちは!オタレコさがわです。ミックスをする時、スクラッチもできると楽しいし、カッコいいですよね!ただ、いきなりタンテやDJミキサーの導入はちょっと敷居が高いなと感じる方へ、気軽にスクラッチを楽しめるポータブルスクラッチのお話です。

気軽に遊べる、ポータブルフェーダー。KUTTERが値下げしました!

PORTABLE SCRATCH

ポータブルレコードプレイヤーとあわせて使用することで、気軽にスクラッチが楽しめるポータブルフェーダー。そんなポータブルフェーダーの一つ、KUTTERがこの度お買い求め易くなりました!何と、税込4,980円! ※2018/9/17現在の価格です。


関連情報

【実際どうなの?】手作りレコードプレイヤー、SPINBOXを実際に組み立ててみました!(結論:とっても良いです)

この値段でこんなにも遊べるの!?って思う代表格機器、ポータブルスクラッチPT01 SCRATCH


KUTTERって、どうやって使うの?

例として、ポータブルレコードプレイヤーの一種であるSPINBOXを使ってみました。

  1. レコードプレイヤーの出力を、KUTTERの入力チャンネル1に入れます。
  2. KUTTERの入力チャンネル2に、iPhoneなどの音声出力機器を接続します。
  3. 最後にKUTTERの出力をスピーカーに接続します。

以上のセッティングができたら、あとはiPhoneからのビートにあわせてレコードのスクラッチ音をKUTTERで入れていく感じです。

kutter

kutter

kutter

KUTTERの特徴としては、

  • 基本的に必要なものが同梱されていること。マジックテープにステレオミニ-ステレオミニのケーブル x 3。
  • 入力CH2にはポスト&スルー切り替えができるので、音源のフェーダーコントロールON / OFF設定が可能。
  • 入力チャンネルのスワップがスイッチ切替で可能となっており、お好みに応じて左右どちらのサイドでもスクラッチが楽しめる

ちなみに、SPINBOXはスピーカーを内蔵しているので、下記のように、KUTTERからの出力をSPINBOXの入力に接続して、内蔵スピーカーを使って楽しむことも可能です。

SPINBOX x ポータブルフェーダー 参考動画

実際ポータブルレコードプレイヤーにどうやって装着するのか、下記の動画が参考になると思います。※動画内ではKUTTERではなく、別のタイプのポータブルフェーダーを使ってます。

KUTTERの詳細、ご注文はこちら

stokyo/ポータブルフェーダー/KUTTER

スリップマットなどを変えて、オリジナリティを更にアップ!

【話題の7インチ専用スリップマット!】スリップマット(7インチ)/Dr. Suzuki/Kuttin’ Donuts 7” Slipmat [BLACK](1枚入)スリップマット(7インチ)/Dr. Suzuki/Kuttin’ Donuts 7” Slipmat [WHITE]((1枚入)

レコードも忘れずに!

もちろんレコードは付属しませんので、あわせて検討することを忘れずに!スクラッチ用のレコードのことをバトルブレイクス(通称バトブレ)といいます。バトブレ一覧については、下記の画像をクリック!

その他おすすめ情報

ポータブルスクラッチ特設ページ

▲巷で流行りのポータブルスクラッチの導入に関わるセッティング内容などを特設ページで解説中!
「ポータブルスクラッチって何?」という方、まずは上のバナーより特設ページをご覧ください!

▲JICOより、音質を劇的に変える交換針が登場!!!音質優先の楕円形、ELIPTICALとスクラッチに最適な丸針CONICALからお選びいただけます!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です