OTAIAUDIOのブログ

【比較試聴】audelのスピーカー「Nika mk2」、「Sonika mk2」を比べてみました。

Share

みなさんこんにちはOTAIAUDIO太田でございます。

今回はイタリアのスピーカーブランドaudelのスピーカー「Nika mk2」、「Sonika mk2」の比較試聴でございます。

 

イタリア・シチリア島のスピーカーブランド「audel」

まずは、audelというスピーカーブランドについて簡単にご紹介させて頂きます。

audel社は2008年にイタリアのシチリア島で設立されました。

創設者は建築家Walter Carzan氏。
氏は音楽と産業デザインの融合を模索し様々な斬新なスピーカを世に送り出してきました。

独創的な音響工学的なアイデアでプログラムソース本来の音色を損ねることの無い、非常に高音質で高表現力なスピーカーシステムに仕上げられています。

筐体はバーチ材の薄い板を何層にも張り合わせて作られています。
バーチ材はナチュラルな音の響きが特徴です

また、あえてニス塗などの塗装はしていないので素材感の感じられる見た目がおしゃれです。

今回はOTAI AUDIO店頭に展示してある「Nika mk2」、「Sonika mk2」の比較試聴をしてみたいと思います。

 

Nika mk2(ペア)
希望小売価格:130,000円(税抜)

Sonika mk2(ペア)
希望小売価格:300,000円(税抜)

 

「Nika mk2」、「Sonika mk2」を比べてみました。

「Sonika mk2」、「Nika mk2」はaudelのブックシェルフタイプスピーカーです。

「Sonika mk2」は高さ26㎝でいわゆるブックシェルフタイプのサイズ感で、「Nika mk2」は20㎝と一回り小柄なサイズ感です。

「Nika mk2」に関してはデスクトップオーディオとしても機能しそうですが、今回はしっかりとしたセッティングで比べてみました。

またスタンドもaudel純正品と他メーカーの物を使いました。

 

▲左が「Sonika mk2」右が「Nika mk2」。

まずは「Sonika mk2」と純正スタンド。

「Nika mk2」と純正スタンド。

「Sonika mk2」と他メーカーのスタンド。

「Nika mk2」と他メーカーのスタンド。

 

試聴してみた感想。

個人的な感想ですが純正スタンドを使った方が、バーチ材の柔らかくて自然な響きがまとまって聴こえ心地よいと感じました。特に中低域が独特の響き方をしています。音の繊細さも感じられてバランスが良いです。

「Sonika mk2」には大きさなりの量感が感じられ本格的なリスニングにたえうる実力があると感じ、「Nika mk2」はタイトな音ながら、またっく嫌な窮屈さが無く、抜けの良い音がしました。

もちろん他メーカーの金属製のスタンドなどを使うと音の輪郭がはっきりし、それはそれで良い音だと感じましたが純正スタンドの方がトータル的なバランスが優れていると感じました。

また、がっつり聴いても聴き疲れしない音なのでBGM程度に曲を流す用のサブシステム的な使い方もありだと思います。

 

 

↓是非、動画もあわせてご覧ください。

 

 

ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらをクリック。

 

audel/スピーカー/Nika mk2(ペア)【店頭展示有・ご試聴可】の詳細はこちらをクリック。

audel/スピーカー/Sonika mk2(ペア)【店頭展示有・ご試聴可】の詳細はこちらをクリック。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です