OTAIAUDIOのブログ

【コンパクトかつ高音質】Pro-Jectのフォノイコライザー2機種がご試聴頂けます。~PHONOBOX/MM、PHONOBOX/SL~

Share

みなさんこんにちはOTAI AUDIO太田でございます。

今回はPro-Jectのフォノイコライザーのご紹介でございます。

Pro-Ject の「BOX DESIGN」シリーズとして発売されている、MM専用フォノイコライザー「PHONOBOX/MM」と、MM/MC対応の「PHONOBOX/SL」を展示導入致しました。

 

・MM専用フォノアンプ「PHONOBOX/MM
希望小売価格:13,000円(税抜)

・スタンダードMM/MCフォノアンプ「PHONOBOX/SL
希望小売価格:18,000円(税抜)

 

「BOX DESIGN」シリーズの特徴

Pro-Ject のフォノイコライザー「BOX DESIGN」シリーズにはこのような特徴があります。

 

1.サイズがコンパクトなので場所を取らない。

サイズは手のひらに乗るくらいのコンパクトさです。

ターンテーブルのわきにおきても邪魔にならなので、様々な環境でお使い頂けます。

 

●外形寸法(幅×奥行き×高さ)

「PHONOBOX/SL」:103×109×36mm

「PHONOBOX/MM」:107×75×30mm

 

2.材質がしっかりしている。

ボディの材質や端子部分など、しっかりとこだわってデザインされています。

ボディには剛性の高い金属を使用されており振動対策についても配慮されています。

端子部分には金メッキ加工が施されており、ノイズや歪みを最小限まで抑える工夫がなされています。

 

3.価格がリーズナブルながら高音質。

「PHONOBOX/SL」が18,000円(税抜)、「PHONOBOX/MM」が13,000円(税抜)と比較的リーズナブルな価格です。

もちろん、音質面にもこだわっており高音質再生がお楽しみ頂けます。

 

▲左から「PHONOBOX/MM」、「PHONOBOX/SL」

 

実際にご試聴頂けます。

TEACのエントリークラスのターンテーブルなどをお使いの方であれば、内蔵のフォノイコライザーをお使いの方が多いがと思います。そういった方で音質のグレードアップをご検討の方には非常にオススメです。

音に余裕感が感じられるようになり聴こえ方はかなり変わります。

比較的少額な投資で音質改善ができる魅力的なアイテムとなっています。

ご興味のある方は是非、ご試聴にいらして下さいませ。

 

また、ご不明な点がある方はお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらをクリック。

 

Pro-Ject/MM専用フォノアンプ/Phono Box MMの詳細ページはこちらをクリック。

Pro-Ject/スタンダードMM,MCフォノアンプ/Phono Box SLの詳細ページはこちらをクリック。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です