OTAIAUDIOのブログ

【TA-300B】TAKATSUKIの真空管パワーアンプ TA-S01 展示中です。

Share

いつもご覧いただきありがとうございます。

本日は期間限定にて展示を開始した真空管メーカー高槻電器工業のパワーアンプ TA-S01のご紹介です。

高槻電器工業、そして「TA-300B」

2010年にそれまで途絶えていた国産オーディオ真空管を三極真空管「TA-300B」として復活させた高槻電器工業。

今回登場した「TA-S01」は「真空管メーカーが作った真空管アンプ」というキャッチコピーのとおり、「TA-300B」を知り尽くした高槻電器工業がその性能を十二分に引きだした一台となっております。

▼TA-S01に搭載されているTA-300Bのガラスは「なで肩」形状から「いかり肩」形状に変更した」リニューアルバージョン。

▼重厚なアルミ削り出しボディ

▼高調波成分を調整するHarmonicContent、段間コンデンサ2種xバイパスコンデンサ2種で音色を4段階に切り替えるCoupling/Bypass capacitor、低音再現性を8段階で切り替えるBypass Power capacitorといった音質調整機構を搭載。

▼接続するスピーカーによりインピーダンスを選択

聴いてみた

電源を入れたばかりですと高域が硬く感じられるのですが、時間が経つごとに真空管らしい芳醇な音へと変わっていきます。300Bらしい、品がよく、まとまりのある音だと感じました。

ぜひご来店いただき、ご自身の耳でお確かめいただきたく思います!

※展示期間は7月20日過ぎあたりまでを予定しております。

ーーーーー

TAKATSUKI 高槻電器工業 TA-S01 (製品情報は>>コチラ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です