OTAIAUDIOのブログ

【これがプロスタジオの音】ATCのスピーカー SCM7と11を試聴しました。

Share

お客さまより試聴のリクエストをいただきまして、今回はATC SCM7 と SCM11を聴く機会を得ました。

ATCはレコーディングスタジオへ導入されることの多いブランドで、今回のSCM2機種も「モニタースピーカーシステム」と銘打たれています。
標準価格はSCM7が¥160,000、SCM11が¥240,000となっています。(ともにペア、税抜価格)

今回の2機種、いわゆる「モニタースピーカーの音」で連想されるような無味乾燥な音では決してなく、豊かな情感を表現できるれっきとした「オーディオスピーカー」だと感じました。

両機とも2ウェイの密閉型となっており、バイアンプ対応。
トゥイーターは25mmソフトドーム、ネオジウムマグネットを採用。
ミッド / ウーファーはSCM7が125mm、SCM11が150mmの特殊コートポリエステル織コーンとなっています。

スピーカー面から後方にかけての涙型シェイプ、木の質感を生かしたシンプルなデザインです。このシンプルさはスタジオユースでは「主張しすぎない」という点で重宝されるのではないでしょうか。

聴いてみた。

今回はAccuphase のプリメイン E-370でATCを鳴らしてリファレンスを聴きました。
まずはSCM7。
一聴してこのサイズと思えない伸びを高域にも低域にも感じます。密度と広がりを両立しており、元々モニタースピーカーとして設計された製品らしい”音をつかむ感じ”が聞いていてスッキリする音色だと感じました。

続いてSCM11。
SCM7よりウーハーのインチ分低域が伸びています。そのおかげでSCM7では少々混雑していたローミッドが整理され、その相乗効果で高域もさらに見えやすくなっている印象です。SCM7と聞き比べるとモニタースピーカーにほんのりオーディオのエッセンスを加えた聴き入ってしまう音色だと感じました。

ーーーーー

ご興味あるお客様はご遠慮なくお問い合わせくださいませ。

商品情報はこちらです。ATC SCM7SCM11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です