OTAIAUDIOのブログ

【寝落ちもOK !?】AudioTechnica AT6006Rのご紹介です。

Share

針を落として、目を閉じ、いい音に聴き入る。

至福の時間ですよね!
。。

でも、そのままウトウト寝入ってしまって、、大切な針の寿命を縮めてしまう。。

これはアナログ愛好家のみなさま共通の悩みではなかったでしょうか?

(もちろんオートリフター搭載機種もありますが、最近の機種ではあまり見られませんよね。。)

この悩みを見事に解決してくれる便利アイテムがこのほどAudioTechnicaさんより登場しましたのでご紹介したいと思います。
その名もトーンアームセーフティレイザーAT6006R

本体の大きさが4cmほどの小さな製品なのですが写真だけをみてもいまいちピンときませんよね?
実際にTechnics SL-1200GRに装着した写真がこちらになります。

この製品はターンテーブルに両面テープで固定して使用します。
どのように動作するかといいますと、、

再生が進んでゆきトーンアームが黄色いボールのついたL字型レバーを押すことによって、、

ピストンによってリフトレバーが上昇、トーンアームを押し上げる仕組みです。

実際の動きはオタイYouTubeでもご紹介しておりますのでぜひご覧くださいませ。

ATTENSION !

ただこちらの製品、ご購入に際して少し注意点がございます。

動画でも触れているのですが、ターンテーブルの機種ごとに適合、不適合が明示されているわけではありません。
製品を設置するスペースと設置場所からトーンアームまでの高さが27mmから39mmの間である必要があります。

「この機種であれば大丈夫ですよ!」とこちらもご紹介できないところが心苦しいところなのですが
そのあたりご注意いただいて導入ご検討いただければ、と思います。

「良い音を聴いて眠くなる」というのはそれが「良い音」であることのなによりの証ではないかと個人的に思います。
みなさまもAudioTechnicaトーンアームセーフティレイザーAT6006Rで心おきなく「寝落ち音楽ライフ(笑)」過ごされてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です