OTAIAUDIOのブログ

人気のモニタースピーカー JBL 4312Dの中古品を入荷いたしました。

Share

人気のモニタースピーカー JBL 4312Dの中古品を入荷いたしました。

ty00026_01
JBLのスタジオモニターと聞いてまず思い浮かぶのが、4343や4344、4350などの大型スピーカーではないでしょうか。
ブルーバッフルに音響レンズが付いて、一目でJBLだと分かるくらい特徴的です。

当時、あの独特の形に憧れた方は多いと思います。

43シリーズのモニタースピーカーは4343などに代表されるプレイバックモニターと、4311などの比較的コンパクトな(現在の基準から言えば大きいですが)コントロールモニターに分類する事が出来ます。

4343などのプレイバックモニターは録音した音源の最終チェック用に大きめの音量で再生し、アラを探したり、完成した曲やアルバムをアーティストやスタッフに聴いてもらうためのスピーカーです。
それに対し、4310から始まる431*系のコントロールモニターはスタジオのミキサーの上や天井からつり下げて、レコーディングした曲の編集に使われるケースが多いです。

今回入荷いたしました4312Dは4310のDNAをしっかりと引き継ぎ、JBLの音を今に伝えるスピーカーです。

過去の機種の良いところに、現代のエッセンスをプラスした感じと言えばイメージしやすいのではないでしょうか。

JBLと言えばジャズの再生が得意なイメージですが、歌謡曲やポップスも生々しく再生します。クラシックもいけますが、現代のものよりフルトヴェングラーやトスカニーニなどの古いものの方がしっくりきます。

ty00026_07
4312Dは4ウェイの機種とは違ったまとまりの良い音が特徴で、比較的近距離のリスニングにも対応出来ます。
まとまりの良い音の秘密は、ウーファーをハイカットせず、フルレンジとして使用しているところでしょう。
フルレンジにミッドとハイを足し、違和感無くワイドレンジな音に仕上げているのは流石JBLです。

こちらの4312Dは使用感などはありますが、傷などは無く、良いコンディションです。

今回なんと、4312D本体の他に、写真のスタンドが付属します。
スタンドも単体で購入すると、そこそこの金額になってしまいますので非常にお買い得です。

4312Dはオタイオーディオの店頭にて展示中ですので、気になられる方は是非ご来店くださいませ。

詳細などはオタイオーディオのホームページをご覧ください。
【中古品】JBL/スピーカー/4312D (ペア)★スタンド付

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です