とんでもなく安くて小さいDJコントローラーがあった 

こんにちは!オタレコさがわです。これからDJを始める方や、持ち運び用のセカンド機器としてもオススメなDJコントローラー;DJ2GO2の話しです。

こんな安くて大丈夫?約8,000円のDJコントローラーは、実際どこまでできるの?

  • 約314 x 86 x 16mm(W x D x H)
  • 約0.3kg

ボリュームフェーダーが無い

コンパクトに収めるためにも、いわゆる縦フェーダーがないです。クロスフェーダーはもちろんありますので、ミックスするにあたり、支障はないです。

EQがない

ミックス中低域がぶつからないように、EQを調整したりする時がありますが、それがありません。※ただ、DJソフトウェア上では操作できたり、使用ソフトによっては設定できなくもないです。

そのサイズを実現するために、まずは無いものをあげましたが、その他は結構充実しています。このサイズでここまで盛り込んであるのは正直、圧巻です。

ステレオミニ出力

スピーカーへの接続は、少し前のiPhoneなどにあったイヤフォンをつなぐ端子と同じです。

モニターアウトはステレオミニ

次の曲をヘッドフォンで聞くための接続口は、ステレオミニです。iPhoneについくるイヤフォンがさせます。

極小ジョグ

個人的には、よくぞこのサイズで搭載した!!!!という気持ちです。

円形の部分ですね。他のDJコントローラーで、プラッターを使いながらスクラッチしている様子を見たことがあるかと思います。DJ2GO2のプラッターは、コンパクトに収めるため、極小サイズで搭載されています。

大体コンパクトさを売りにしたコントローラーは、ジョグホイールがついていないことが多いのですが、DJの事前準備、CUEポイントの仕込みなどがプラッターがないと結構操作がし辛いです。

このプラッターがあることで、DJの準備がとってもしやすい!です。

さすがにスクラッチはし辛いかもしれないですが、あるのと無いのとでは大きな違いです。

実際に買ってみて

高機能で小さいガジェットものが大好きで、買ってしまいました笑。お値段もお手頃なので、いろいろと改造したりして遊んでます。※改造は保証対象外で、自己責任になります!

他のDJソフトからマッピングファイルも出ていますので、いろいろと試せるかと思います。

そしてそのコンパクトさを利用して、行きつけのバーに持ち込んで遊んでみたりもしました笑。ただBGMを流すだけよりも、小さいコントローラーがあることで、気軽に本格的なDJがたのしめるかと思います。

BBQや飲み会などで、大活躍間違いなしかと思います!

オタレコTVでもご紹介してます。


そんなDJ2GO2が何と、期間限定で爆安セットが販売中です!※2018/5/23現在

Serato DJ Pro有償版がセットになったコンパクトDJセットが超過激特価に!

通常は、SeratoDJLiteが付属しているのですが、上記セットは、SeratoDJProが付属しています。

6月4日まで、SeratoDJProが半額セールですので、それにあわせての特別セットです。スピーカー、ヘッドフォンも付いてきますので、すぐに始められます!

SeratoDJProとLiteの違いはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です