OTAIAUDIOのブログ

東京インターナショナルオーディオショウ2015最終日レポート

Share

東京インターナショナルオーディオショウ2015最終日レポートです。

OTAI AUDIO店長の長橋です。

先日の9/27(日)、東京インターナショナルオーディオショウ2015に参加させていただきました。

金、土、日と3日間開催の最終日でしたが、天気も良く、多くの方が会場に足を運ばれておりました。

今年のオーディオショウでは、B&Wの800シリーズが一新されたのと、YAMAHAからスピーカー、NS-5000の発表があったりと、注目のブースもありましたが、どちらも見どころのある内容となっていました。

全てをご報告すると膨大な量となりますので、気になったところを抜粋してご紹介させていただきます。

ACCUPHASEブース、新機種P-7300、E-370

まずは、ACCUPHASEブースです。
5

既存の機種の展示を含め、新機種の展示がありました。

6

まずは、2015年11月中旬発売予定の、インテグレーテッド・ステレオアンプ「E-370」の展示がありました。

上位モデルで培った高度なテクノロジーを結集してモデルチェンジをしたE-360の後継機です。

想定価格400,000円(税別)、E-360から買い替え、アンプのアップグレードに最適ではないでしょうか。

7
次に、2015年12月中旬発売予定のステレオ・パワーアンプ「P-7300」の展示がありました。

当店にて展示していますA級アンプのA-47も今年発売されましたが、AB級アンプも発売されました。

大出力の駆動力を持った最高峰のアンプとのことで、どれほどの音を鳴らしてくれるのか楽しみです。

こちらは、予想価格1200,000円(税別)となっております。

ナスペックブース、MONITOR AUDIOとPro-JectのDebut Carbon

15
ナスペックブースでは、今年から新しく取扱いを開始する、MONITOR AUDIOのほぼ全機種の展示がありました。

独特のデザインと、GOLD,SILVER,BRONZEといった価格帯のランナップが非常に充実しており、様々なスピーカーとの対抗馬となると期待されています。

1

また、今年発売したばかりのPro-Ject Debutシリーズの最新モデル、「Debut Carbon」のレッドカラーが展示してありました。

Pro-ject/ターンテーブル/Debut Carbon

Carbonトーンアーム搭載で、お求め易いお値段と、インテリア性も高いため、非常に人気となっております。

NOAHブース、SONUS FABER CHAMELEONとKLAUDiO CLN-LP200オプションアイテム

16

NOAHブースでは、SONUS FABERの上位機種の展示はもちろんのこと、先日発売されたばかりのChameleonシリーズの展示がありました。

Chameleonのブックシェルフタイプは当店でも展示を行っております。

Sonus Faber/スピーカー/Chameleon B (ペア)★全6色 【店頭展示有・ご試聴可】

写真でもご覧いただけるように全6色展開となっており、別売りのパネルをご購入いただければ、パネルを取り換えることが可能です。

気になられる方は、店頭にてご試聴可能となっておりますので、是非お越しくださいませ。

18

次に気になったのは、当店でもご好評をいただいているKLAUDiOのレコードクリーニングマシーン、CLN-LP200とそのオプションアイテムです。

まずこちらは、オート・ディスク・ローダーの「ATL-RCM05」を装着している写真です。

本体に装着することで、複数枚のレコードを自動で洗浄を行うことができます。

17

※写真がブレブレで申し訳ございません。

お次は、CLN-LP200用サイレンサーの「SIL-01」です。

こちらは、本体をそのままボックスに収納し、洗浄の際の音を抑えることができます。

どちらも贅沢なオプションアイテムですね。
CLN-LP200を既にお持ちの方で気になられる方はお問い合わせくださいませ。

LINN JAPANブース、布巻スピーカーSeries 5

13

LINN独自のシステムを搭載しているアンプ内蔵スピーカー、EXAKTの新シリーズ「Series 5」の展示がありました。

こちらの写真では伝わりにくいかもしれませんが、スピーカー全体を布ですっぽりとカバーしてあります。

名称未設定-1
カラーも豊富で、インテリアに映えそうなシリーズとなりそうです。

また、布をかぶせることで音質面への影響が気になるところですが、そちらも考慮したデジタル補正を施しているとのことですので、劣化することなく再生をすることが可能とのことです。

「530」「520」の2種類があり、年内の発売を予定しています。

AXSISブース、EXOGAL Comet
名称未設定-1 名称未設定-2

オーディオショウでも圧倒的な存在感のあったAXSISブースですが、様々なハイエンドな商品が並ぶ中、

当店でも展示しております、EXOGALのDAコンバータ「Comet」の展示がありました。
9

当店ではシルバーカラーを展示していますので、ブラックカラーは初めて見ましたが、中々重厚な仕上がりとなっていました。

EXOGAL/DAコンバータ/Comet【店頭展示有・ご試聴可】

AXSISブースの中でも目立つポイントに並べれれており、デザイン性やコストパフォーマンスが高く、導入によりかなりの音質向上が得られるため、人気の機種となっています。

以上、東京インターナショナルオーディオショウ2015の内容を抜粋してレポートさせていただきました。

気になられる機種はありましたでしょうか?

お読みいただき誠にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です