OTAIAUDIOのブログ

Kojo クリーン電源「DA-6」を試聴です。

Share

光城精工のクリーン電源DA-6、オタイオーディオにてお取扱いございます

kojo

こんにちは。
オタイオーディオ林田です。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます!

今日は、クリーン電源をご紹介します。

とにもかくにも試聴

いきなりですが試聴インプレッションを始めます。
特徴は、中高域にほどよい締まりが感じられて、音像がいい意味で散らばりすぎないという印象。
あくまで所感ですが、最近のポップスやロック音楽(勿論全てではないです)は、ヘッドホン・イヤホンで聴くことを優先させたマスタリングになっているものもあり、この場合の音源は、ステレオ感を強調させるために左右チャンネルの振り方も激しく、楽器の周波数もオーバーに調整したりします。

いいサウンドシステムは、そのような音源を当然カバーした上で聴かせてくれます。
しかし、音源とシステムの特性を合致させると、より長所を伸ばしたサウンドが得られます。
先に書いたように、音が散らばらず、中高音に適度なホールドを感じるので、最近のポップスやロックと相性がいいかもしれません。
また、スピーカーを中高音の表現が美しい、例えばFocul Sopra no2など組み合わせると楽しいと思います。

DA-6とは?

「DA-7シリーズ」の復刻モデルにあたり、現行の「Aray」シリーズの技術的、音質的ノウハウも踏襲しています。
外観は、特にサイドの本革パネルがラグジュアリーでかっこいいですね。

kojo

海外製品でもオプションで対応できるのがうれしい。

出力コンセントは4個を搭載。出力電圧は100V(±0.5%)、出力容量は600VAですが、オプションとして、出力電圧が100V?120V(1V単位)、
周波数が50/60Hzを選択可能。海外オーディオ製品などAC100V仕様以外の製品に対応させることができます。入力電圧の200V対応も可能!
kojo

クリーン電源に初めてチャレンジしたい方にもおススメ

クリーン電源にはいくつかの定型仕様がありますが、本製品は交流電源を再生成するリジェネレータ方式となっています。
様々なノイズが混入し、電圧変動も起こる建造物の壁コンセントからの電源環境の影響を排除して、
常に安定した電圧(AC100V±0.5%)を供給でき、また、トランスや冷却ファンを搭載しておらず、動作ノイズを極限まで抑えることに成功しています。
まだ電源周りは未調整という方は、クリーン電源を導入することで得られる音の変化をわかりやすく実感できる製品だと思います。

※常設展示はございませんので、ご来店の際は予めお気軽にご相談ください。

商品ページはこちら↓

https://www.otaiweb.com/audio/shop-item-fida3412.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です