OTAIAUDIOのブログ

【管球式アンプでTANNOYを鳴らす】店頭の機材でシステムを組んでみました。

Share

【管球式アンプでTANNOYを鳴らす】店頭の機材でシステムを組んでみました。

本日はオタイオーディオの店頭で販売中の商品を組み合わせて、システムを組んでみましたのでご紹介します。

テーマは「管球式アンプでTANNOYを鳴らすコンパクトシステム」です。

 

省スペース設計かつ高音質な機材をチョイスしてみました。

使用機種は下記の4機種です。

TANNOY Tannoy Mercury 7.1WL (スピーカー)
TRIODE RUBY (プリメインアンプ)
Olasonic NANO CD1 (CDトランスポート)
Olasonic NANO D1 (DAコンバータ)

 

 

 

TANNOY Tannoy Mercury 7.1WL

英国の名門スピーカーメーカー TANNOYの小型ブックシェルフスピーカーです。
第7世代にあたる7シリーズで、ワイドレンジな新設計ドライバーユニットを搭載しており、洗練された美しいコンパクトスタイリングからは想像できない、一歩進んだ高能率とパワフルなパフォーマンスを実現します。

 

 

 

TRIODE RUBY

小型でお洒落な6BQ5(EL84)のシングルアンプです。
高品位なA級増幅で、3W+3W(8Ω)の出力を誇ります。スペック値以上のパフォーマンスを感じさせるサウンドが特徴です。

 

 

 

Olasonic NANO CD1

ほぼCDジャケット3枚分の大きさの世界最小CDトランスポートです。
新開発CD専用ドライブメカ採用し、スロットインチャッキング方式により横縦自由な設置が可能です。

 

Olasonic NANO D1

ジッターフリー&アップサンプリングによる徹底した高音質設計で、USBだけでなく、すべての入力に対しジッターフリーを実現しています。
クロックには温度補償水晶発振器(TCXO)を採用し、音質の要となるDACデバイスには、定評のある「TI社製Burr-BrownブランドPCM1792」と、IV変換回路に「TI社製Burr-BrownブランドOPA2132」を採用し音質の充実をはかっています。

システム全体で非常にまとまっており、サイズの感覚を飛び抜けた朗々としたサウンドに仕上がりました。
TANNOYの品の良さが真空管により引き出されており、ついうっとりと聴いてしまうような音です。
割とオールラウンダーな性格ですが、室内楽やサッチモのボーカルなどと相性が抜群でした。

只今店頭にてご試聴可能ですので、気になられる方はご来店くださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です