OTAIAUDIOのブログ

弩級ステレオパワーアンプ Jeff Rowland Model 8Tの中古品のご紹介です。

Share

弩級ステレオパワーアンプ Jeff Rowland Model 8Tの中古品のご紹介です。

本日はアルミ削りだしのフロントパネルが特徴的なJeff Rowlandのステレオパワーアンプ Model 8Tの中古品をご紹介します。
大場商事取扱の正規輸入品です。

6061航空機グレードハードアルミブロックを宇宙産業製造工場にてNC切削機で削りだされたシャーシと、低磁束密度のトロイダルトランスをジュラルミン削り出しの円筒に2機収納して密封して搭載している故の重さでしょうか、非常に重い仕上がり(60kg)のアンプです。

特徴的な放熱用の黄金比率のフィンと共にシャーシーのレゾナンスを0.5Hzに抑え、マイクロフォニックノイズの発生を極限まで押さえ込んでいるハイエンドならではの贅沢な設計ですね。

増幅部ですが、厳選マッチングを行った各チャンネル20個の出力トランジスターを使用して大パワーを得ています。
ダンピングファクターも100以上(20Hz~20kHz、8Ω)あり、大口径のスピーカーにも有利です。

640,000μFの超大容量電解コンデンサーの採用や、全段にわたってNFを全くかない回路設計など魅力が所狭しと詰まっています。

96年に発表されたモデルですが、現代のハイエンド機と並べてみても全くひけをとらない「音」や「風格」は流石としか言いようがありません。

オタイオーディオリスニングルームにあるB&W 802D3も悠々とドライブしてくれました。妙な味付けがないにも関わらず、質素にならない音は不思議ですね。

今回は中古品ということで大特価にてご提供させていただきます。
この機会にパワーアンプのグレードアップをされてみてはいかがでしょうか。オーディオとして、一つの「正解」と言っても過言ではない素晴らしいパワーアンプです。

ただ今オタイオーディオの店頭にてご視聴可能ですので、気になられる方はぜひお問い合わせくださいませ。

詳細・価格等はオタイオーディオのHPをご覧ください。
【中古品】Jeff Rowland/ステレオパワーアンプ/Model 8T

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です