便利な分割払いが回数限定金利手数料無料!

DJ初心者に!
作曲・DTM初心者ガイド

DJ機材・音楽機材



sslとは?
otaiweb.comはsslセキュリティ保護サイトです。

レコード・DJ機材通信販売専門店OTAIRECORDはSSLセキュリティ保護サイトです。安心して通販をお楽しみください。


JASRAC許諾番号:9010587001Y31018

Pioneer DJ DJM-450
OYAIDE高音質ケーブル無料プレゼント中!
▲今なら数量“超”限定で上記定番の高音質ケーブルを無料プレゼント中!無くなっちゃったらごめんなさい!
■DJM-450の商品詳細ページに急ぐ方はコチラ→

読むより見たほうが早い!まずは動画でしっかりご紹介。

動画で見るDJM-450。オタレコYouTubeでご紹介!

DJM-450 Pioneer DJ公式動画

Pioneer DJ「DJM-450」が支持される3大理由

【その1】DJM-900NXS2の操作性を受け継いだ、理にかなったミキサー!!

DJM-450 DJM-900NXS2

DJM-450の魅力。それは「音質が良い!」、「機能が多い!」といったような“よくある”ポイントではなく、決定的に他のDJミキサーより優れている点があります。それは“現場対応力が極めて高いDJミキサー”ということ。

みなさん、クラブでDJしたことありますか?
クラブでDJをされる方はよくご存知かと思いますが、クラブに置いてあるDJミキサーは、Pioneer DJの4ch仕様のDJミキサーであることが圧倒的に多いんですよね。具体的な機種名を挙げるとDJM-900NXS2DJM-900NXSDJM-850DJM-750MK2などなど・・・。

その中でも現行で最上位モデルとなるDJM-900NXS2。なんと税別売価25万円。超高額。しかしそのサウンドクオリティー、操作性はやはり別格です。

DJM-450は一言で言えば“DJM-900NXS2を2ch仕様にした弟分的ミキサー”
EQ、フェーダー、エフェクターの配置はDJM-900NXS2と全く同じで、そのまま2ch仕様にまとめ上げた廉価版のような仕様。
一般的には2chしか必要ないというDJがほとんどですので、家で使用するにはこれで十分すぎるというわけ。
操作パネルの配置が同じと言うだけでなく、EQやフェーダーの操作性、ニュアンスも全く同じです。

家で練習を重ねた成果を、クラブでそのまま発揮できるDJミキサー。
ダンスミュージック全般はもちろん、ボディもコンパクトだからスクラッチや二枚使いをしたいHIPHOP DJにも超オススメです。


【その2】DJM-450は実質43,000円!?PCDJやるにも追加費用ゼロ円!!

rekordbox dj/dvsライセンスキー無償同梱

まず気になる値段。税別70,000円。既に「安い!!」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、言うのはかんたん。なかなかポンと出る金額ではありません。

このDJM-450には、「rekordbox dj(税別15,000円)」というPCDJソフトのライセンスキーに加え、ターンテーブルやCDJなどでこのrekordbox djをコントロールするための、「rekordbox dvsライセンスキー(税別12,000円)」がなんと無償で同梱されています。

これらのライセンスキー、合計すると税別27,000円分。本当なら別途買わなければならないのにタダ!

この合計金額をDJM-450の価格税別70,000円から差し引くと、DJM-450は“なんと実質、税別43,000円”ということになるのです!!!

普通ならDJミキサーを買って、PCDJしたかったらソフトやDVSライセンスを別途買わなければいけないのですが、DJM-450はオールインワン。アナログターンテーブルでDVSをされたい方のみコントロールバイナル(別売)が別途必要ですが、すぐに今現場で主流のDVS(ターンテーブルやCDJを使ってコントロールするPCDJプレイ)の環境が整います。
レコード、CD、データでDJされたい方にももちろんオススメのDJミキサーですが、PCDJ環境まで追加投資無しで構築できてしまうんですね!

PCDJが主流の今、「いずれはPCDJもやってみたいな~」という方はほぼ100%。
DJM-450なら追加で費用がかかるようなことはありません!


【その3】理由までビシッと明確な高音質設計!!

DSP 64bitという高音質設計

当然ながら音質にはこだわられています。単に音の聞こえがいいのとはワケが違います。

DSPはなんと64bit処理。
DSPとはデジタル信号処理のことで、この値が高いということは処理が早いということです。

処理が早ければ早いほど音のもたつきが減り、スピード感や解像度が上がります。
これが高域の透き通った伸びや、ブレのない締まった低域の再現につながり、結果として高音質ということになる
わけですね。

要するに楽曲が持つたくさんの情報量をテキパキ仕分けてしっかり聞かせることが出来るわけです。
この価格帯でこの仕様は信じられないレベル。DJM-900NXS2の弟分と名乗るのに恥じないクオリティーです。



OYAIDE高音質ケーブル無料プレゼント中!
DJM-450商品詳細ページはコチラ



まだまだありすぎる!DJM-450が魅力的すぎるポイント。

[ その1 ]
2系統、計12種類のエフェクターを搭載!

DJM-450の最大の魅力。何と言っても高品質な2種類のエフェクターを搭載しているということ。
1つ目は「SOUND COLOR FX」。EQの下にあるシルバーの大きなノブです。ノブの左側にある4種のエフェクトから好きな物を選んでボタンを押下。後はこの大きなノブをグリッと回すだけで自由自在にエフェクトをかけることが出来ます。

もう1つは「BEAT FX」。曲のBPMを自動で解析し、エフェクトの種類と、エフェクトがかかる間隔、エフェクトをかける対象チャンネル、エフェクトの掛かり具合を決めたら、後はON/OFFボタンをONにするだけで、自動的に曲のテンポに合わせたエフェクトがかかります。

今となってはエフェクター搭載のミキサーは全く珍しくありませんが、先に書いたように現場設置率の高いDJミキサーと同じ操作で使用できるエフェクターを搭載しているということが大きな魅力です。
DJM-900NXS2と比べると種類は若干少なくなるものの、主要なエフェクターがズラリ。家にDJM-450があればエフェクターをふんだんに使ったMIXも現場でバッチリ再現できます。
「あんなに家で練習したのにクラブのミキサーは使い方がわからない・・・」なんていうことがありません。

[ その2 ]
EQ・フェーダーカーブのナチュラル感。

これからDJを始める方にはわかりにくいポイントかも知れませんが、Pioneer DJのミキサーが支持される理由は音質や機能面だけではなく、もっと根底にある使いやすさ
各音域を調整するEQやボリュームフェーダーのカーブ(音の増減のニュアンス)がとにかく良いんです。

ミキサーによってある程度クセがありますが、DJM-450はクセが少なくとってもナチュラル。各音域やボリュームの調整をシビアに出来るため、音の混ざり具合が心地よく、スムーズなMIXをしやすいというポイントが挙げられます。

さらにEQはISOLATORへの切り替えスイッチ搭載で、-∞dBまでカットできる仕様に。ハウス、テクノ、EDMなどのダンスミュージックでは低域をバシッとかき消すようなプレイでメリハリを付けたMIXが可能になるため確実に重宝します。
かんたんに言うと“どんなジャンルのDJでもMIXがうまくなる”ミキサ―なのです。

[ その3 ]
高品質!MAGVEL FADER搭載。

Pioneer DJの主要ミキサーに続々と搭載され続けている信頼の高品質クロスフェーダー「MAGVEL FADER」を搭載。
25万円するDJM-900NXS2と全く同じフェーダーを備えています。

その実力は、何と1,000万回以上の操作にもへこたれない高耐久性。もちろんスクラッチの切れ味もスムーズなフェードもバッチリ対応。

頑丈でブレも気にならない、Pioneer DJ自慢のハイクオリティーなクロスフェーダーです。

[ その4 ]
USB SEND/RETURNでMIX録音まで可能!

DJM-450は本体右上にUSB端子を備えています。ここに例えばiPhoneやiPadをつなぐことで、アプリの音を各チャンネルに振り当てる、もしくは外部入力としてフリーに再生することが出来ます。

例えば楽器演奏アプリを起動してライブパフォーマンスとしてDJ MIXに加えたりすることも出来ますし、DJセット用に高音質なモニタースピーカーを使っている場合などは、面倒な配線の切り替えをしなくても、USBにiPhoneをつなげば、DJセットが接続されているスピーカーでスマホ内の楽曲を高音質再生することが出来たりします。

DJM-450は、家で音楽を楽しむ重要なツールにも成り代わってくれんです。


そしてトドメ。DJ MIXをスマホに高音質録音!!

iPhone、iPadユーザーなら、アプリ「DJM-REC」が使用可能!

DJM-REC

こんなの待ってた。やっぱりPioneer DJは目の付け所が違います。

2018年1月、Pioneer DJよりiOS用に「DJM-REC」というアプリがリリースされました。 これは、本体右上にあるSEND/RETURN USB端子にiPhoneやiPadをつないでアプリを起動することで、iPhoneやiPadに直接DJ MIXを高音質録音することが出来るというもの!
しかもこのUSB接続は音声だけのやり取りではなく、ミキサーのフェーダー位置などの情報も送信しており、クロスフェーダーの動きで楽曲の切り替わるタイミングを把握し、タイムスタンプ情報として記録できるのです。

さらに録音し終えたMIXは、LOUDNESS処理+SUB BASS処理で音圧をアップさせることができ、誰でも迫力のあるクラブサウンド編集が出来ます。

さらにさらに!このデータはMixcloud、Dropboxなどにかんたんにアップロードすることが出来るなど、作成・編集・共有まで一貫して行えるパワープレイアプリ。DJM-450をはじめ、DJM-REC対応のDJミキサーをお持ちの方は是非その画期的な機能を体験してみてください。

※30日は無料で使用でき、その後も使用されたい場合は1,200円で有料版を使用できます。
※このDJM-RECは、デジタルセンドリターン機能のついたDJミキサーシリーズ DJM-TOUR1、DJM-900NXS2、DJM-750MK2、DJM-450 に対応しております。DJM-RECと使用するには、DJミキサーシリーズを最新のファームウェアにアップデートする必要があります。


まとめ!

まとめ

DJM-450の魅力、いかがでしたでしょうか?

現場対応力◎、PCDJ◎、音質◎、操作性◎、機能面◎、スクラッチ◎、ミックス重視◎・・・。
本当に非の打ち所がありません。


現場での設置率がダントツで高いPioneer DJの4chミキサーが10年以上このレイアウトで君臨し続け、多くのDJの定番であり続けたことは事実であり、おそらくですがこれからもPioneer DJがスタンダードであり続けることはほぼ間違いありません。

もちろん世の中にはスクラッチに特化したミキサー、バトルDJに向いているミキサー、スムーズなMIXに向いているミキサーなどがありそれぞれ素晴らしい機能を持っていますが、全てのDJの欲や希望を満遍なく満たしてきたのは間違いなくPioneer DJでしょう。

これまで多くのクラブDJが現場と同じ環境を望んで高額4chミキサーを手にしてきましたが、DJM-450はある意味でリリースしてはいけなかったのでは?というくらい理にかなったDJミキサーと言えます。

これからクラブでDJが出来るようにと練習に励んでいる方、今はアナログまたはCDJだけど、パソコンを使ったDJも視野に入れたいという方、スクラッチを練習したい方、エフェクターを使ったMIXに力を入れていきたいという方などなど!

DJM-450はどんなDJにも自信を持っておすすめします!



さらに今なら・・・!!

OYAIDE高音質ケーブル無料プレゼント中!

DJM-450商品詳細ページはコチラ