【クラブさん歓喜】SeratoDJユーザー同士で手間なく交代できる、SL4。

こんにちは!オタレコさがわです。弊社Facebookでの速報でご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、改めて、Serato DJ Pro対応のオーディオインターフェイス、SL4のお話です。

現場に1台あるとDJも歓喜、SL4。

ついに、RANE SL4の国内での販売が再開しました!!!!

こんな一見するとただの箱のようにみえるものが何がすごいの?って思ってる方に向けて、まとめてみました!

  • Serato DVSが可能。要するに、タンテ、CDJでSerato DJが操作できます。
  • Serato DJ純正対応じゃないDJミキサーでも、Serato DVS環境が作れます。
  • パソコンが2台接続できるので、Serato DVS同士の交代もラクラク。

それでは詳細をみていきましょう!

SL4があれば、Serato DVSが可能

SL4はSerato DJ Pro 対応のオーディオインターフェイスと呼ばれるものです。SL4以外ですと、例えば、Denon DJのDS1などが同じ種類の機器としてあげられます。

DVSとは、要するに、タンテ、CDJと専用レコードやCDを使い、Serato DJ を操作することです。

タンテやCDJでパソコンを使ったDJができるんですね。

下記のように、タンテなどと、DJミキサー、パソコンとSL4を接続する形になります。

タンテやCDJと、DJミキサーとの間に接続することで、音声が解析されて、PCDJができるようになるんですね。

Serato DJ純正対応じゃないDJミキサーでも、Serato DVS環境が作れます。

上述しました接続方法からも分かるように、Serato DJ非対応のDJミキサーでも

えっ?そもそもSeratoDJ対応のDJミキサーなんてあるの?という方は下記の記事をご覧ください。

タンテ・CDJでPCDJしたい方必見!SERATO DVS ENABLEDとSERATO DVS UPGRADE READYの違い分かりますか?

例えば、好みのエフェクターや音質のDJミキサーを使って、Serato DJでDJしたい場合、SL4があると、基本的には可能ということです。

パソコンが2台接続できるので、Serato DVS同士の交代もラクラク。

※ちょっと分かりづらいですが、図の上の方にある、ノブがたくさんついているのはDJミキサーです。

上記の接続例のように、パソコン2台が同時にSL4に接続できます。Denon DJのDS1との大きな違いもその点です。

ですので、Serato DJユーザー同士で、交代がラックラクです。

そんなすごいことなの?と思われるかもしれませんが、パソコンが1台しか接続できない場合を考えてみましょう。

パソコンが1台しか接続できない環境で、Serato DJユーザー同士で交代するとき、パソコンを外しちゃうと音楽が止まっちゃうので、空いているタンテやCDJを使ってアナログで、もしくはDJミキサーの空いている入力にiPhoneなどを接続して、交代中に曲を挟む必要があります。

ちょっとドキドキしながらの交代ですよね。

SL4だとパソコンを止めることなく交代ができる!、ということです。

ですので、

★Serato DJ ユーザーの交代が多いクラブさんや、バーで大活躍!DJの方にも喜ばれると思います!

★イベントをオーガナイズされている方でも、仲間のDJがSerato DJユーザーがほとんどという方は、みんなで1台もっててもいいですよね!

※  ※  ※

以上、復活がとっても喜ばれているRANE SL4についてでした!

商品の詳細、ご注文は下記よりお願いいたします。

↓↓↓

> RANE/Serato DJ Pro対応オーディオインターフェース/Scratch Live 4(SL4)

 

DVSをもっと詳しく知りたい方はこちら

SeratoDJについてもっと詳しく知りたい方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です