AKAI professional/サンプラー/MPX16★tunecoreチケット無料プレゼント!

商品No: p7435
メーカー
レーベル:
AKAI professional
タイトル: MPX16
アーティスト名
種別:
サンプラー

価格

¥22,500(税抜)

注文数

ポイントセール

只今ポイント10倍セール中!!!
オタレコポイント2,250円相当のポイントプレゼント!
普段の10倍お得です!

送料・代引き手数料無料!

合計10,000円以上のお買い物は、代引き手数料、送料無料!(沖縄・離島の場合は送料割引。詳しくは詳細にて確認ください。)


tunecore

▲【期間限定!】通常は1,300円かかるサービスが無料で受けられる権利をプレゼント。TuneCoreとは、自分の楽曲を世界中の配信ストアで販売できるサービス。 自分の楽曲をiTunesやSpotifyに一年間無料で登録できる権利がついてきます。

MPX16本体の写真です!



MPX16の参考動画です!







OTAIRECORDミノルです!

サンプラーと聞くと皆さん何をイメージするでしょうか。
私ならHIPHOP!とか、トラックメイク!みたいなイメージです。

効果音を鳴らす機材!というイメージの方も多いかもしれませんね。

最近は皆さんもご存じのとおり、DJもPCDJ率がぐんぐん上がっています。
一昔前はアナログターンテーブル・CDJのDJセットに小型のサンプラーを増設するという形で使う方が多く、飛ぶように売れていました。

いくつかのパッドが付いた機材で、パッドそれぞれに効果音を録音しておき、押して鳴らすというものですね。

レゲエが一番わかりやすいと思います。ホーンとか、バックスピンの音とか、ガンショットの音とか。
今はPCDJのソフトの中にサンプラー機能が備わっていて、効果音を鳴らすような使い方はこれで十分です。


最初に「HIPHOP!」と書いた理由ですが、HIPHOPの曲はサンプリングという手法を用いて作曲する文化があり、既存の曲や町中に溢れる音などの一部を録音して、それを使ってビートに仕立てたり、自分の作ったビートの上ネタとして使うという作曲手法です。

例えばジャズのピアノのワンフレーズを録音して、これを自分の作ったオリジナルビートに乗せてJAZZY HIPHOPの曲を作るみたいな。

「あの曲の元ネタは○○」といった会話を聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、これは「○○という曲の一部を切り取って使って曲に仕上げている」という意味です。

○○という曲や、その曲のアーティストのことは全く知らなくても、自分が好きになった曲がサンプリングした曲・アーティストということで興味が湧いて音楽知識が広がっていくのもサンプリングの醍醐味だったりします。


冒頭で書いた「HIPHOP!サンプリング!」というキーワード。
これに紐づいてくるもう1つのキーワードが「AKAIのMPCシリーズ」です。

AKAI Professionalというメーカーがあり、このAKAIが作ったMPCと名のついたサンプラーがこれまでのHIPHOPシーンを築き上げてきたと言っても過言ではありません。
他にも様々なメーカーがサンプラーをリリースし愛されていますが、AKAIのMPCシリーズは別格。

平たく固めのパッドの質感、そして打感。そして太い音。
“これぞMPC”という操作性、質感を引き継いで生まれたコンパクトサンプラーが、こちらのMPX16です。

思いついたら電源ON、即サンプリング。
ノリでバコバコ叩いてビートメイク!

めちゃめちゃアナログです。想いをひたすらぶつける感じ。

MPX16が1台あればパソコンが無くても作曲できます。
もちろん限界もありますが、結構作り込めます。

・スマホに入っている曲の一部をケーブルでつないでサンプリングするもよし。
・内蔵マイクで自分の声をサンプリングするもよし。
・SDカードをパソコンにつないで、SDカードを介してパソコンから音データを取り込むもよし。
・ヘッドホンを接続できるので、スピーカーが無くてもOK。


これ1台で完全に引きこもれます。布団の中でも作曲できます。最高・・・。


サンプラーって高いものは高いです。でもこれは本当に安い!3万円でお釣りがしっかりきます。

高いサンプラーは出来ることが多かったり、もっと作り込むことが出来たりという利点はありますが、コンパクトサンプラーはコンパクトならではの良さが詰まっています。

毎日通学・通勤途中に好きなHIPHOPを聴いて「俺もこんな曲作ってみたい。」という想いを実現してくれるのは、もしかしたらサンプラーかもしれません。

是非このMPX16を使ってその想いを形にしてみてください!応援しています!!

ヘッドホンだけでもOK。思い立ったら即行動派のトラックメイク術!アイデアが浮かんだら即電源ON。好きな音をサンプリングしてノリでバコバコ叩いてトラックメイキング!!

▼接続例▼
AKAI MPX16


MPX16はパソコンを使わずともトラックメイクが可能!

「自分のパソコンなんて持ってない!」という中高生。

「パソコンは仕事でも使わないから本当に苦手・・・」というお兄さん。

そんな方々でも、誰よりもHIPHOPが好きだという気持ちだけあれば、きっとこのサンプラーでトラックを作成することができます。

作曲とまで行かなくても、サイファーやスクラッチDJと一緒に、フィンガードラムでセッションといったことも。
とにかくブットイ(太い)ビートをノリで自由に刻めるイカシタ機材です。

思い立ったら即行動!そんなあなたにはサンプラーがピッタリ。

こんなビートかっこいいな、こんな曲いいんじゃない?と思った時点で即電源ON。
パソコンのように起動に時間がかかるとか、パソコンのスペックが低いから動作が重いとか無縁です。
なぜならパソコンを使わないから。

【1】イメージに合った音をその場でサンプリング。
【2】ノリでパッドをバコバコ叩いてイメージを具現化。
【3】シーケンスで重ねてトラックの出来上がり。


ミックス、マスタリングといった細かな作業はこのサンプラーだけでは難しい部分がありますが、イメージを具現化するツールとしてはおそらくパソコンよりも優れている、というか、サンプラーの方が自分に合っているという方はめちゃくちゃ多いと思います。



メーカーコメント

MPX16は、サンプリングから編集、プレイバックまですべてこれ1台で行えます。
1/4” TRS入力端子(L/R)に接続した外部ソースはもちろん、内蔵マイクも搭載。身近な音を手軽にサンプリングすることが可能です。

サンプリングした素材は、レベル、パン、チューンをはじめ、トリミング、エンベロープ、フィルタなど細かく編集を行え、それらを1/4" TS出力端子(L/R)で、外部のミキサやオーディオ・インターフェイスに出力可能。

モニタ用のヘッドフォン端子、レコーディング・レベル・ノブなど、コンパクトなボディに充実の機能を装備しています。

USB & MIDI

AKAI MPX16


更に、MPX16にはフルサイズBタイプのUSB端子と標準5ピンのMIDI入出力端子を装備。
USBケーブルでコンピュータと接続すれば、コンピュータからMPX16に挿入したSDカードに直接アクセス可能。
必要なサウンド・ファイルの管理を簡単に行えます。

またUSBまたはMIDI端子経由で外部のソフトウエアやMIDIデバイスとMIDI信号のやり取りも可能。
MPX16をMIDIコントローラとして使用することも、外部音源モジュールとして使用することもでき、様々な音声を組み合わせ、表現の幅を広げます。



Edit with Ease

AKAI MPX16


サンプルの編集も簡単です。
サンプルのチューニング、ミュート・グループ、エンベロープ、トリミング、パン、ボリューム、フィルタ、リバーブ…など豊富なパラメータを本体だけで設定・編集が可能です。

またトリガ・パッドのベロシティのオン・オフも行えますので、強弱の必要のない効果音などのプレイバックに最適です。



Ready to go

豊富の機能を搭載しながら非常にコンパクトなMPX16は、バッグで簡単に持ち運べ、スタジオやステージの片隅でもそのパワフルな機能を遺憾なく発揮する、新しいサンプラーと言えるでしょう。



MPX16の主な特長

・SDカードを使用しWAVファイルのサンプリングやプレイバックが可能

・バックライトつきベロシティ対応の16個のパッドを装備

・1/4” TRS入力端子(L/R)および内蔵マイク搭載

・フィルタや、チューニング、エンベロープ、ミュート・グループなど豊富なパラメータをパッド毎に設定可能

・16bit - 48kHz - ステレオ対応

・MIDI入出力端子を装備

・USB - MIDIコントローラおよびSDカード・リーダとして機能するUSB端子

・付属のACアダプタでもUSBバスパワーでも駆動可能

・サイズ(W × D × H):約295 × 147 × 30mm

・重量:約680g


商品名:AKAI professional/サンプラー/MPX16★tunecoreチケット無料プレゼント!


 上記の商品のご注文はこちら 

注文数