studio dubreel/USBケーブル/Organic wire USB A type-B type ワインレッド(※受注生産品となりますので納期がかかります)

商品No: p3902
メーカー
レーベル:
studio dubreel
タイトル: Organic wire USB A type-B type ワインレッド
アーティスト名
種別:
USBケーブル
長さ: 50cm  70cm  1m  1.3m  1.5m  2m 

送料・代引き手数料無料!

合計10,000円以上のお買い物は、代引き手数料、送料無料!(沖縄・離島の場合は送料割引。詳しくは詳細にて確認ください。)

長さ 価格(1点)
ポイント
注文
50cm

¥14,000
1,400ポイント

点  
70cm ¥17,200
1,720ポイント
点  
1m ¥22,000
2,200ポイント
点  
1.3m ¥26,800
2,680ポイント
点  
1.5m ¥30,000
3,000ポイント
点  
2m ¥38,000
3,800ポイント
点  


USBケーブルでこの価格!高い!
と思われる方、少しお待ちください!このケーブルは、あなたの音世界を変えてくれるケーブルです!

以前オタレコの方でUSBケーブル試聴会を行った際に、こいつを試した時驚きの声が上がりました。
あらかじめ販売価格も知っていた私の第一聴後の感想は、「安い。。。お買い得すぎる。。。」という感想でした。

確かにUSBケーブルは今や100円ショップでも売っています。

ですから、それの数10倍、数100倍も投資するのは、ためらう方も見えるかもしれません。
しかし、このOrganic wireの音を聴いたら最後、安いと思わずにいられないでしょう。

具体的にはノイズなどの付帯音が明らかに減って原音を忠実に表現してくれ、音にみずみずしく、生き生きした感性が溢れんばかりに輝きます。

ボーカルはつややかにリアルに響き、ダンスミュージックやロックなどパワフルな音楽は、さらに躍動感を与えられることでしょう。

個人的にも仕事柄いろいろなオーディオ製品に触れる機会があるのですが、特にUSBケーブルに限っては費用対効果が半端なく良い間違いない製品だと思います。
デジタル環境で音楽を楽しんでいるミュージシャン、クリエーター、DJに絶対お勧めしたいケーブルがこのOrganic wireなのです。

ようすけ管理人が責任を持ってお勧めする名品です。






DJBAKU


■使用環境■
DAW
・MASCHINE STUDIO
・Ableton Live9 Suite

インターフェース
・KOMPLETE AUDIO6
・PIONEER DJM-900 nexus

DJアプリ
・TRAKTOR SCRATCH PRO2

・Organic Wire導入の決め手になったのは?
偶然からはじまったんですが、ツアー中に今までのお気に入りのUSB類を紛失してしまって。浜松の公演が迫ってたんですが、さあどうしようとなって。
その時に最近良いのでこれだったら持ってますけどどうですか?って、NEWGROUNDWAYの太田敬介にOrganic Wireをたまたま勧められて。その日のDJで使わせてもらったんですけど!という感じで。
リハから印象がすごく良くって。包まれるような感じもあって。大きい音だとわかりやすいです。

・DJや制作といった実際の現場で使ってみて音の印象はどうですか?
粒が細かいです、EQをきるとよくわかりますね。
ヴォーカルだけにしてみたり、ベースだけにしてみたりすると。痛くなく、MIX時も繊細なので他曲との混ざりが良いです。
あと20年以上色んな音を聞いてきたのもあって、僕も耳が肥えてしまっていて。最近はなるべく良い音でモニターを聞いたり気分をなるべくよくしていきたいんですけれど現在、ベストです。

・どんな人におすすめしたいですか?
価格的にも上級者向けではありますが、別に良い音で聴くこと鳴らすことに順番なんてないと思うので今日にでもみなさん、、、笑  そんな感じです。
一番確実なのは、僕のライブで大きい音を実際生で聞いてもらって、音が気に入った人には初心者でも、ステージに立っていない人でも勿論オススメですよね。
因みに僕はほとんどの曲をMP3でかけてるのを前提で聞いてみてください。好みもあると思うので、色々な種類のケーブルで聞いて差がわかると尚良いと思います。

・価格はどうですか?
現状、他のUSBケーブルより高めですよね。ですが、音と値段はみあっていると思います。
こだわるなら是非、です!

DJ BAKU

1978年東京生まれ。DJ/トラックメイカー/プロデューサー/ターンテーブリスト。

16歳のころにDJのキャリアをスタートさせる。

1990年代後半に般若とRumiとともにヒップホップ・グループ、般若で活動。
グループ解散後、1999年にみずから設立したレーベル〈DIS-DEFENSE DISC〉よりミックステープ『KAIKOO WITH SCRATCH 1999』をリリース。その後同レーベルからミックステープを数枚発表、自主レーベルながら総計30000本以上のセールスとなる。
2003年、MSCのデビュー・アルバム『Matador』に収められた「Matador Office」の制作を機にトラックメイカーとしての活動を開始。2005年、DJ BAKUと東京のインディペンデント・ミュージック・シーンをドキュメントした映画『KAIKOO/邂逅』のDVDが完成。
2006年にはアルバム『SPINHEDDZ』(2008年にはSlipknotのDJ StarscreamやMarsVoltaのOmar率いるN2O RecordsよりUS盤もリリース)を、2008年にはダンス・ミュージックに本格的に挑戦したセカンド・アルバム 『DHARMA DANCE』を〈POPGROUP〉より発表、収録曲「AKBAH ATTACK」はBMX RIDER内野洋平によるPUMA CMやカンヌ国際映画祭出展作品にも使用されるなど話題となる。
翌年、日本を代表する12人のラッパーをフィーチャーした『THE 12JAPS』をリリース。同年、DJ BAKUが発起人となり〈POPGROUP〉が主催する都市型音楽フェス〈KAIKOO POPWAVE FESTIVAL'10〉を東京晴海客船ターミナル特設ステージで開催。2日間で1万人以上が集まり、2005年からはじまった同イベントで過去最大規模となる。
近年は、いとうせいこうや七尾旅人とのコラボレーション、渋谷慶一朗ややくしまるえつこ(相対性理論)の楽曲のリミックス、KYONO(ex.THE MAD CAPSULE MARKETS)とのユニットの結成、アニソン DJ、ブローステップやダブステップを取り入れたDJプレイなど、ジャンルを越境した活動をますます積極的に行っている。
また、韓国、台湾、フランス、ロシア、オーストラリア、ニュージーランドなどにも招聘され、海外のDJやラッパー、バンドらとも交流し国際的な活動も展開している。

2012年 音源を担当したTURNTABLE RIDERがLONDON INTERNATIONAL AWARD「フィルム部門」で海外賞を受賞。
2013年 6月、5年ぶりとなるオリジナル・アルバム『JapOneEra』を発表。
2014年 未発表曲リリースのため自身のBandcampをスタート。
そして2015年 OUTLOOK FESTIVAL JAPAN 2015 SOUND CLASHでは見事優勝!
新境地へ向かうため自ら新LABEL、その名も〈KAIKOO〉をスタート。
2015年 NEW ALBUM「NEO TOKYO RAVE STYLE」をRELEASE!

DJ BAKU OFFICIAL WEBSITE http://djbakutokyo.com
DJ BAKU OFFICIAL FACEBOOK http://www.facebook.com/djbaku.tokyo
DJ BAKU OFFICIAL BANDCAMP http://djbaku.bandcamp.com/releases
KAIKOO OFFICIAL WEBSITE http://www.kaikoo.asia




DJ ZIEZIE

DJ ZIEZIEです。今回僕がお進めする機材はコレ!!
Organic wireシリーズのUSBケーブル。

家DJ、家トラックメイカーで多いのが、機材は音質にこだわって上位機種を使用しているんですが、ケーブルは付属品と言うパターン。
確かに只のケーブル。ましてやUSBですよ!

USBでこの値段と思えばかなりお高いお買い物ですが、同じ値段でこの音質の向上をさせれるのはOrganic wireシリーズしかないと思い ます!!

実際僕も使用しているのですが、率直な感想は文章では伝えにくいですが、クリアで解像度が高い!!
僕は特にSCRATCH LIVEで使用する事が多いのですが音楽データの良し悪しまでハッキリ分かりますww

128bps位のデータだと逆にデータの荒さまで聞き取れてしまいます。。

あと、これは他のRCAケーブルでも言える事だと思いますが、一聴するとメーターのフリより音量が出ていない、圧を感じない気もしますが、
音量を同じdbまで上げてもらうと今まで聞こえなかった音が聞こえてきます。
やはり一音一音の輪郭を濁す事は出来るのですがハッキリさせる事は非常に大変。
この作業をケーブルで出来るならこの金額は安いものではないでしょうか?!

現場(club)での使用以外にもMIX CDの製作の現場でも外せませんね。
インターフェースからPCの間には欠かせません。
今回DJ ZIEZIEがお勧めする機材はOrganic wireシリーズのUSBケーブルでした!
一度騙されたと思って使用してみて下さい。


現場(Club)で実際に使用した写真です。SCRATCH LIVEでプレイしています。
90年代後半より名古屋にてDJ活動を開始。
当時、名古屋で唯一のHIP HOPクラブLUSH the UNDERGROUNDにてその類い稀なセンスを見いだされレギュラーDJとして定着。
HIP HOP.R&B.HOUSE,REGGAE,DANCE CLASSICSと年齢に似つかわない幅広い選曲とその巧みなグルーブ感で注目を浴び、様々なイベントにブッキングされる様になる。
99'より活動の場を日本最大級の大バコ (iDcafe)に移し、さらに飛躍。
メインストリームHIP HOP以外のジャンル(HOUSE,DANCE CLASSIC)でもその類い稀な才能を発揮。
以降、愛知万博の際は万博ささしまサテライト会場のDISCO CLUB"GLAMORUS"に終始参加する等ALLジャンルDJとしても活躍。
そんな彼のDJのグルーブ感は聴く者を魅了し、常に次世代を見据えた選曲力は他を圧倒させる力を持つ。
何にも捕われず、すべて自分のこだわりを出す!!決して派手さはないが、いつも新しい何かを感じさせるアーティスト性。
それがPARTY ROCKER DJ揃いの名古屋で彼が必要とされる理由であろう。
まさに名古屋きっての個性派DJ。その個性はMIX CDの制作活動にも表れている。
HIP HOPネタ物によるSOUL MIXやREGGAE MIXと幅広い。
2011年にリリースした自身初のOFFICIAL MIXはUS TOP 40のLOVERS REGGAE COVER。
この作品はTSUTAYA REGGAE ALBUM SELLラ ンキング9週連続1位を獲得、iTune REGGAE ALBUMランキングでも最高4位と記録も残している。
この様に東海地区以外でも評価の高い作品作りをしている。
また、近年ではその幅広い音楽知識の高さからFMラジオ局での番組制作やトラックメイクなど様々な方面に活動の場を広げながらもフリーのDJとして全国各地で活躍している。


■高音質高級USBケーブルの決定版!通常の1万円クラスのUSBケーブルの音質とは次元が違う世界を表現してくれます。■

オタレコUSBケーブル試聴会でも高評価だったまぎれもなくお勧めなケーブルです。
1本1本手作業で丁寧に天然素材をメインに作られる高級ケーブルです!

★このケーブルは以下の方に絶対お勧めです。★

・パソコンを使ってDJをされている方
・パソコンを使って作曲をされている方
・パソコンを使って、ボーカルや、楽器の録音をしている方

などの方に圧倒的にお勧めです。

●パソコンを使ってDJをされている方

TRAKTOR、serato SCRATCLIVEなどのPCDJ機材により、パソコンとDJは密接な関係となりました。
また大きく利便性は向上しました。

ただし、それらの物に添付されているケーブルは多くの場合汎用のUSBケーブルです。

汎用のUSBケーブルは、データ転送を前提としていて、あとはどこまでコストを切り詰めれるか、とか、耐久性のアップなどを前提として開発されています。

ですから、それらは音楽用として考えられていないのです。

それだけにDJ用のオーディオインターフェイスのUSBケーブルを換えると威力は絶大です。

通常のケーブルと比べてもダンスミュージックにおいては、高音の伸びが良くなり、低音のベースラインの音階まできれいに聞こえますし、クラブの中で爆音で使用した場合も、長時間フロアにいても気持ち良く、デジタルDJ特有の聴き疲れがするという問題も改善することができます。

同じDJをするのに、音質の違いで、自分の評価が変わるならば、この価格でも十分にお買い得だと思います。



●パソコンを使って作曲をされている方、ボーカルや楽器を録音している方。

パソコンで作曲されている方が多く使っているであろうオーディオインターフェイス。

これも上のDJと同じ状況で最初から付属しているUSBケーブルは、音質的には厳しい物が多いです。

ボーカルなどを録音する場合でも、こだわっている方は、マイクの質を高めたり、卓ミキサーにこだわってみたり、いろいろ工夫をされていると思います。

ただ、なぜかUSBケーブルは純正のままというパターンも少なくないと思います。

もちろん純正が悪いということでは全くないのですが、音楽用途専用に作られたケーブルは、音質が全く異なりますので、同じ演奏、同じレコーディングをするのにも大きな差が生まれます。

楽器や、卓ミキサー、オーディオインターフェイスなど、こだわりまくって集大成した音がパソコンにレコーディングされる訳ですが、最後はオーディオインターフェイスから、パソコンへは1本のUSBケーブルで行く場合がほとんどだと思います。

それまでに色々こだわって出した良質な音が、インターフェイスからパソコンへとつながるたった1本のケーブルで、余分な付帯音が付いて、折角よい音を出しているのにUSBケーブルたった1本でダメになってしまう場合が多々あるのです。

このオーガニックワイヤーをオーディオインターフェイスとパソコンの間に導入すれば、その場合も劇的に音質が変化することだと思います。





というわけで、DJ、音楽制作ともにメリットをご説明しましたが、要するに1本のケーブルで音質が大きく変わってきて、それに伴って、アーティストやDJが受ける印象、イベントやライブだったらお客さんの受ける印象、MIXCDや著作物だったら、リスナーの受ける印象という物が変わってくるのです。

DJやアーティスト達が、いくらテクニックを駆使してがんばっても音質だけは改善できないのです。

そういう観点からすると、USBケーブルの投資というのは悪くないですし、USBケーブルだったら費用対効果で考えるとこのオーガニックワイヤーは超お勧めなのです!





レッド色のケーブルに黒のメッシュ加工が施してありますので、ワインレッド調に仕上がっています。



●メーカー商品説明●


Organic wireシリーズのUSBケーブルです。
当シリーズは天然素材をメインに使い、市販のケーブルに比べ、遥かに付帯音の少ないフラットな音を出すことに成功しています。

また、PC用ケーブルですので内部のシールドは厳重に行っています。
信号ラインに箔シールドを施し、被覆をおこなう前にも箔シールド+ドレンワイヤーで2重シールドしています。


ORGANIC WIREは、通常のケーブルに比べて付帯音が非常に少ないので、
他社ケーブルと比較しますと、解像度や定位感、周波数の見え方等、かなりフラットで優れていると思います。
これはトラックメイカーやミュージシャンでソフトを使って音源制作される場合、細かい音が聴き取れる為MIXや音作りにかなり有利になってきます。

また付帯音が少ない音は、大音量で聴いても耳に痛くなく聴き疲れも少ないので、クラブ等でPCを使ってDJをされる方が使えば、よりレコードでのプレイに近い気持ち良い音を出す事ができると思います。

ORGANIC WIREを使われたアーティストやエンジニアの方は、その後、通常のケーブルを使うと
「実は付帯音によって厚みがある様に聴こえていた事に気付いた」
と言われる方が多いです。
派手には聴こえますが本来の音以外の音がのる訳ですから、定位や周波数の分離も分かりにくく、
全体的に音の見え方がにじんでしまって聴こえると思います。

稀にORGANIC WIREの音は聴感上の音量が少し(0.5dB程度)落ちたように感じられる方もおられますが、
通常のケーブルと比べると付帯音が少ない為、その分の音量感が下がって聴こえる為です。
これは0.5dB程度の差ですので、制作現場やDJの現場では単純にレベル上げれば全く問題ないですし、
実際の音は、アタック感のスピードや余韻、定位感や解像度などが非常に優れている事が分かると思います。


トラックメイクやMIXでより良い環境を手に入れたい方や、
PCDJで音に差をつけたい方におすすめのケーブルです。

ぜひORGANIC WIREの音を体感してみてください。


(例)品番:OGWU050R

ケーブル長さ:0.5m(多少短めですがUSBケーブルは短い方が音質的に優位なため、短めの0.5mをお勧めいたします!DAW、PCDJでしたら、置き場所の兼ね合いがあると思いますので、そちらはご注意ください。)

色:ワインレッド

商品名:studio dubreel/USBケーブル/Organic wire USB A type-B type ワインレッド(※受注生産品となりますので納期がかかります)


 上記の商品のご注文はこちら 

長さ 価格(1点)
ポイント
注文
50cm

¥14,000
1,400ポイント

点  
70cm ¥17,200
1,720ポイント
点  
1m ¥22,000
2,200ポイント
点  
1.3m ¥26,800
2,680ポイント
点  
1.5m ¥30,000
3,000ポイント
点  
2m ¥38,000
3,800ポイント
点