【新機能盛りだくさん!作曲、マスタリングまで最高峰の作曲ソフト!】PreSonus/音楽制作ソフト/STUDIO ONE 6★tunecoreチケット付属

商品No: p16789
メーカー
レーベル:
PreSonus
タイトル: STUDIO ONE 6
アーティスト名
種別:
音楽制作ソフト
バージョン: Studio One 6 Artist日本語版  Studio One 6 Professional日本語版  Studio One 6 Artist アカデミック 日本語版  Studio One 6 Professional アカデミック 日本語版  Studio One 6 Crossgrade 日本語版 

代引き手数料無料!

合計5,000円以上のお買い物は、代引き手数料無料!

バージョン 価格(1点)
ポイント
注文
Studio One 6 Artist日本語版 ¥13,000(税抜)
(¥14,300税込)
1,300ポイント
SOLD OUT
Studio One 6 Professional日本語版 ¥49,000(税抜)
(¥53,900税込)
4,900ポイント
点  
Studio One 6 Artist アカデミック 日本語版 ¥7,200(税抜)
(¥7,920税込)
720ポイント
点  
Studio One 6 Professional アカデミック 日本語版 ¥25,500(税抜)
(¥28,050税込)
2,550ポイント
点  
Studio One 6 Crossgrade 日本語版 ¥37,000(税抜)
(¥40,700税込)
3,700ポイント
点  

ProfessionalとArtistの比較に関してはこちらからご覧くださいませ! PreSonus STUDIO ONE 6
PreSonus STUDIO ONE 6
PreSonus STUDIO ONE 6
PreSonus STUDIO ONE 6
PreSonus STUDIO ONE 6
PreSonus STUDIO ONE 6
バージョンが6.5になり新機能が追加!!

STUDIO ONE 6.5新機能

●イマーシブ・オーディオ制作ワークフローを統合
Studio One 6.5は最大9.1.6までのモニタリング・フォーマットに対応し、Dolby Atmosなどのイマーシブ・オーディオ・フォーマットで制作/ミックスが可能になりました。マルチチャンネル・マイクロフォンによるサラウンド・レコーディングから、強化されたプラグインによるミキシング、様々なフォーマットでのファイルのエクスポートまで、エンドツーエンドのワークフローを提供します。

※PROFESSIONALのみ


●Dolby Atmosネイティブ統合
Studio One 6.5はDolby Atmosをネイティブ統合しています。追加のソフトウェアやプラグインは必要ありません。Dolby Atmos制作ワークフローの中核となるのが、Dolby Atmos Rendererです。ソング設定でDolby Atmosを選択すると、ミキサーのメイン出力チャンネルに自動的に追加されます。Studio One 6.5は、Dolby Atmos Rendererの出力をスピーカー・システムとバイノーラルでのヘッドフォン両方で、同時にかつ独立してモニタリング可能のため、これによりDolby Atmos対応デバイスで再生されるサウンドを常時モニタリングが可能です。

※PROFESSIONALのみ


●Dolby Atmosバイノーラル・ヘッドフォン・モニタリングのサポート
Studio One 6.5ならば、外出時やマルチチャンネル・スピーカー・セットアップを利用できない場合でも、Dolby Atmosミックスを制作できます。Dolby Atmos Binauralレンダラーを活用することで、対応フォーマットであれば、カスタムのDolby Atmos Binauralメタデータを完全にコントロールしながらヘッドフォンでモニターできます。

※PROFESSIONALのみ


●純正プラグインもイマーシブ・ミックスに対応
Studio Oneの新しいイマーシブ・オーディオ・ミキシング機能のために、純正エフェクト・プラグイン・セットも完全にアップグレードされています。イマーシブ作品に必要なエフェクトとプラグインは全てマルチチャンネル、プラグイン毎の個別チャンネルまたはチャンネル・ペアのプロセスに対応し、Surround Delay、Open Air2ネイティブ7.1.4コンボリューション・リバーブなどの新しいエフェクトも、特に意識する必要もなくあらゆるイマーシブ・ミックスに追加できます。プラグインを選択するだけで、あとはStudio Oneにお任せです。

※PROFESSIONALのみ


●7.1.4 HDIRsを搭載したOpenAir2コンボリューション・リバーブ
アップデートされたStudio Oneプラグイン・セットのメイン・ハイライトは、Open Air2コンボリューション・リバーブです。新しいルック&フィールと7.1.4インパルス・レスポンスの新ライブラリにより、Open Air2は、小規模スタジオ環境からホール、巨大な洞窟や大聖堂まで、リアルなイマーシブ3D空間を生み出します。 OpenAir2のコンパニオン・プラグインであるIR Makerも、空間オーディオ・フォーマットに対応するようアップグレードされています。最大9.1.6までのフォーマットで独自のIRをデザインできるOpenAir2は、Studio Oneに大きな付加価値をもたらします。

※PROFESSIONALのみ


●urround Delayプラグイン
Studio One 6.5では、サラウンド・ミキシング向けに特別にデザインされた全く新しいプラグインが導入されています。それがSurround Delayです。8タップのマルチタップ・ディレイで、タップ毎に個別のサラウンド・パンナーを備えています。さらに、ディレイ・タップを曲のテンポに同期させることができ、エキサイティングな空間効果やリズム効果が得られます。

※PROFESSIONALのみ


●タブ譜とリードシートの強化
Studio Oneの記譜機能とノート編集機能が整備され、タブ譜、リードシート、ドラム・マップ向けにさらに最適化を実施。これらの機能には、リズム・スラッシュの追加、コード・トラックと動的にリンクするコード表示、カスタムの弦チューニング、ギター・ベンドやリズム表示などギター・タブ譜の表現力を向上させるオプションが含まれます。

※PROFESSIONALのみ


●プロジェクト・ページでARAプラグインが使用可能に
Studio One 6.5では、イマーシブ・オーディオに関連した数々のアップデートに加えて、一般的なユーザー・エクスペリエンスとワークフローを向上させる機能も多数実装されています。例えばプロジェクト・ページでは、オーディオ・エディターとしてARAプラグインがサポートされ、さらなるプロフェッショナルなマスタリング環境を提供します。

※PROFESSIONALのみ


●Studio One Remoteアプリでイマーシブ・ミックスが可能に
Studio One Professional/Artistオーナーのセカンド・スクリーンであり、様々なコントロールを可能とするiOS、Android、Windows用のStudio One Remoteアプリがアップデートされ、最新のミキサー・ビューとサラウンド・ミキシング対応が追加されています。さらに、専用のサラウンド・パンナー・ビューが追加され、マルチタッチによる便利な3Dパンニングに対応しています。これは、ハードウェア・リモート・コントローラーをお持ちでない場合に、パン・オートメーションをドローイングする際に大きな利点となります。

Studio One Remoteアプリの詳細

※PROFESSIONALのみ


●DAWprojectフォーマット対応
Studio One 6.5では、複数のDAWでセッション・データをシェアできるようにデザインされた、オープンソースの新しいファイル交換フォーマットがサポートされています。これにより、各DAW間で全ての重要なデータを含むフォーマットでセッションをシェアできるようになりました。PreSonusとBitwigを皮切りとして、DAWproject(.dawproject)がユニバーサルなインポート/エクスポート・フォーマットとして提供されるようになります。

「BitwigとPreSonusがDAWprojectで提携」を読む

※PROFESSIONALのみ


レコーディング、コンポーズ、ミキシング、マスタリング、そしてパフォーマンスに必要なすべてがここに

PreSonus STUDIO ONE 6

Studio One 6は、新しいスマート・テンプレート、直感的なドラッグ&ドロップのワークフロー、カスタマイズ可能なユーザー・インターフェース、統合されたパワフルなツールで、音楽制作を迅速かつ簡単にします。

スマート・テンプレートでスタート・ダッシュ!

PreSonus STUDIO ONE 6

Studio Oneならば、レコーディング、ミキシング、マスタリング、ビートメイキング、そしてバーチャル・インストゥルメントでのパフォーマンスに欠かせないワークフローを、ワンクリックでスタートできます。

ビートメイキング?
パターン編集をメインに必要な機能のみが表示されるスマート・テンプレートを読み込みましょう。

オーディオをミキシング?
お気に入りのチャンネル・ストリップと、ステムを素早く読み込むことができるドロップ・ゾーンがロードされたスマート・テンプレートを開くだけ。

音楽制作を始めたばかり?
各スマート・テンプレートでは、専用のチュートリアル・ウィンドウにステップバイステップの説明を提供。初めての制作をスマートにガイドします。

ドラッグ&ドラッグで操作

PreSonus STUDIO ONE 6

プロフェッショナルもビギナーも、Studio Oneのアイコンであり先駆的なドラッグ&ドロップ・ワークフローは、あらゆるクリエイターのプロセスをより迅速かつ簡単にします。

オーディオ・ループ、バーチャル・インストゥルメント、エフェクト
プラグインやオーディオ・ファイルをStudio Oneの革新的なブラウザーからドラッグするだけ。Studio Oneがトラック自動を作成します。

FXチェーンをコピー
あるチャンネルから別のチャンネルへインサートをドラッグ&ドロップするだけ。

コードとテンポ・マップを抽出
どんなソースでも、ドラッグ&ドロップで簡単にインスピレーションのヒントに。

コラボレーションも簡単
ドラッグ&ドロップでPreSonus SphereのWorkspacesにファイルをアップロード/ダウンロードできます。

サンプルの交換
ドラム・サウンドをImpact XTのトラックにドラッグするだけで、サンプルに置き換えることができます。

カスタマイズ可能なユーザー・インターフェース

PreSonus STUDIO ONE 6

全く新しいカスタマイズ・エディターでは、自分に合ったカスタム・ユーザー・インターフェースをデザインすることで、タスクに必要なツールだけを表示させることができます。また、独自のカスタマイズ設定を保存し、いつでもすぐに呼び出すことも可能です。

ビギナー向けのカスタマイズ
基本的なワークフロー用にデフォルトのカスタマイズを用意。先ずは必要な機能だけを導入し、経験に応じてツールを追加することができます。

高度なカスタマイズ
デフォルトのオプションから独自のカスタマイズを作成し、不要なツールや機能を非表示にして集中力を保持できます。

映像作品にも対応

【ビデオ・トラック】
PreSonus STUDIO ONE 6
全く新しいビデオ編集の必須ツールであり、Studio Oneで直接使用できます。

NEW! ビデオ・クリップ数は無制限
長編映画やYouTube動画全体の複数リールを1セッションで処理でき、ビデオ・クリップ数に制限はありません。クリップを任意の時間位置までドラッグするだけで正しいオフセットも設定できます。

NEW! ドラッグ&ドロップでビデオ編集
トリム、カット/コピー/ペースト、スリップ、時 刻と編集のロック、リップル編集、複製、置換で、最新の編集に簡単に入れ替えできます。

NEW! 埋め込みオーディオ
埋め込みオーディオは、専用のサブトラックでの処理や個別に編集することが可能です。

さまざまなエクスポート・フォーマット
Quicktime、MPEG-4、M4Vでエクスポート可能。Studio Oneが提供するすべてのオーディオ・エクスポートに対応しています。


【パワフルな制作ツール】
PreSonus STUDIO ONE 6
NEW! 歌詞トラック(日本語歌詞はアップデートで最適化)
MIDI、オーディオまたはその両方で作品に歌詞を追加できます。言葉でセッションをナビゲートしましょう。

ビート・メイキング・ツールを内蔵
統合されたパターン編集とライブ・ループ機能で、素早くビートやトラックを制作できます。

コード・トラック
ポップ・バラードからラップ・アンセムまで、コード・トラックならば新しいコード進行を次々に試してヒット曲を生み出すことが可能。この機能を使用すれば音楽理論の知識はそれほど必要ありません。

強力なコンピング・ツール
完璧なボーカル・テイクを、簡単、効率的、楽しく制作できます。


【その他の特徴的制作ツール】
PreSonus STUDIO ONE 6
アレンジ・トラック
ドラッグ&ドロップによる簡単操作で、新しい曲構成のアレンジやプレビューが行えます。

スクラッチパッド
リミックスのアイデアを試したり、シンセのリフをキャプチャしたりできます。もちろん、アレンジを変更したり新規セッションを作成する必要もありません。

先進のMelodyne統合
オーディオの時間補正やピッチ補正を素早く簡単に実行できます。

パターン機能
パターンでステップ・シーケンスはさらにパワフルに。シーケンスを変更したり無制限のバリエーションを使用したりすることで、ドラム、ベースライン、シンセリードを簡単にクリエイトできます。

ハーモニー編集
オーディオとMIDI両方のハーモニー編集機能を備えているのはStudio Oneだけです。

マルチトラック・ツール
トランジェント検出、スライス、タイムストレッチでマルチトラック・ドラムを超速で編集できます。

ミックス・セッションがより高速に

【ミックス機能】
PreSonus STUDIO ONE 6
クリップ・ゲイン・エンベロープでグリッチを除去してパフォーマンスに磨きをかけ、単一のオーディオ・イベントにプラグイン・エフェクトをインサートし、コンソールの入力ゲインと極性コントロールを使用してミックスで最高のスタートを切ることができます。

NEW! チャンネル・オーバービュー・ウィンドウ
全チャンネルのパラメーターをまとめて表示。完璧なミックスをより簡単に制作できます。

NEW! フェーダー・フリップ
エフェクトやミックスへのすべてのチャンネル・センドをワンクリックで直感的にフェーダー・コントロールできます。

NEW! トラック・プリセット
1トラックからドラム・キット全体まで、お気に入りのミックス・テクニックを素早く再現できます。

ミックス・シーン
ミックス・スナップショットを保存して全体の呼び出しや、フィルターして必要なパラメーターだけを呼び出すことも可能です。


【バーチャル・インストゥルメントとサウンド】
PreSonus STUDIO ONE 6
膨大なサンプルとループ、そしてワールドクラスのバーチャル・インストゥルメントで、創造力に火を点しましょう。複数のインストゥルメントを組み合わせて独自のサウンドをデザインすることも可能です。

Impact XT
総合的なリズム制作環境で、これまでにないスピードでビートをクリエイトできます。

Sample One XT
Sample One XTの直感的なインターフェースで、オリジナルのサンプル・インストゥルメントを構築しましょう。

Presence XT
リアルなものからワイルドなものまで、Presence XTはディープにサンプリングされたインストゥルメントを豊富に収録しています。

NEW! ノート・コントローラー対応
Sample One XT、Presence XT、Mai TaiがMPE MIDIコントローラーに対応しました。

それだけではありません
Deep Flight One、Studio Grand、PreSonus Symphonic OrchestraアドオンはすべてPreSonus Sphereに含まれています。


【エフェクト・プラグイン】
PreSonus STUDIO ONE 6
Studio One純正のエフェクト・プラグイン・スイートなら、ミキシングを強化し制作のインスピレーションを得ることができます。

Ampire
クラシック・ギターとベースのリグの状態空間モデルで、お気に入りのトーンをリアルに再現します。

NEW! De-esser
歯擦音の量を調整し、耳障りな周波数帯域を制御できます。

NEW! Vocoder
話声やパーカッション・ループをハーモナイズしたり、ロボット・ボイスでワイルドに変化させたりできます。

NEW! ProEQ3
最新バージョンでは、帯域のソロ機能を搭載。微調整や、帯域別ダイナミクス・モードで周波数を抑制できます。

Mix Engine FX
あらゆるバスにクラシック・アナログ・コンソールの状態空間モデルを提供するPreSonus独自のMix Engine FXプラグインなら、デジタル制作にアナログのテイストを吹き込むことができます。

スコア・ツール

【記譜ツール】
PreSonus STUDIO ONE 6
Studio Oneは、伝統的な記譜と最新シーケンスの長所を兼ね備えています。数々の賞に輝くPreSonusの楽譜作成ソフトウェアNotionの高度な楽譜作成機能も利用できます。サウンド・バリエーション機能で、複雑なバーチャル・インストゥルメントやオーケストラ・ライブラリのアーティキュレーションの管理や制御も簡単です。

記譜、ドラム譜、タブ譜
任意のフォーマットで楽譜を編集でき、Studio Oneから直接印刷することも可能です。

複数のビュー
スコア・ビュー、ドラム・ビュー、ピアノ・ビューを切り替えることも、さらには同じ音符のデータを異なるビューで同時確認することも可能です。

演奏記号に対応
サウンド・バリエーションは、演奏記号をスコア・ビューに配置するだけでトリガーされます。

NEW! テキストと音楽(日本語歌詞はアップデートで最適化)
歌詞トラックで音楽に歌詞を追加でき、単語や音節を直接音符に割り振ることが可能です。


【リモート・コントロール】
PreSonus STUDIO ONE 6
Studio One Remote
Apple App StoreおよびGoogle Play Storeから無料で入手できるStudio One Remoteでは、Studio One ArtistとStudio One Professionalの基本的なレコーディングとミキシング機能をタッチ操作できます。
Studio One Remoteについて詳しく読む

画面をどこにでも持ち出し
タブレットをセカンド・スクリーンとして使用したり、リモート録音用にトラックを録音準備したり、クリックを有効化したり、パンチインやプラグインのコントロールに使用したりと、様々に活用できます。


【スタジオ > ステージ > 配信】
PreSonus STUDIO ONE 6
Studio Oneで制作したソング・データを使用してセットリストを作成し、楽器演奏とプレイバック用トラック、バーチャル・インストゥルメントと統合して、ステージ・パフォーマンスまでを完璧にデザインできます。

録音から演奏まで
それぞれの曲にStudio Oneソングから直接インポートできる独自の楽器編成やバッキング・トラックを使用できます。

ライブでもドラッグ&ドロップ
ドラッグ&ドロップで新しいパッチを作成し、セットリスト内の曲を即座に並べ替えることも可能です。

臨機応変な操作が可能
アレンジ・トラックで演奏をリアルタイムに変更でき、その場の判断でセクションをループさせたり、別パートにジャンプさせたり、パッチを自動変更したりと、ビートから外れることなくコントロールできます。

集中してコントロール
合理的にまとめられた演奏ビューを有効にして、Studio OneまたはStudio One Remoteを使用してタブレットから、セットリストのナビゲーションとループ・コントロールを素早く実行できます。


【統合されたマスタリング環境】
PreSonus STUDIO ONE 6
Studio One Professionalではソングとマスタリング・プロジェクトがリンクされており、フェード、クリップ・ゲイン編集、その他のマスタリング作業の内容を失うことなく、必要に応じてミックスを再編集できます。

プロフェッショナルなサウンド
Studio OneのNative Effectsやサードパーティ製プラグイン、外部ハードウェア・プロセッサーを使用してプロフェッショナルなサウンドを作成できます。

アップロードも簡単
SoundCloudまたはPreSonus Sphereに直接アップロードできます。

多様なエクスポート・フォーマット
マスタリング済みファイルをワンクリックで複数のフォーマットでエクスポート可能。MP3、WAV、FLAC、DDPなどを一度に作成でき時間も短縮できます。

ターゲット・ラウドネス・オプション ターゲット・ラウドネス・オプションを選択することで
、Apple Music、YouTube、Spotify、その他多数向けにデジタル・リリースが最適化されます。

Studio Oneを最大に活用

PreSonus Sphereは、月額または年額のサブスクリプションで、Studio One Professionalに加え、様々な特典を利用することができます。
PreSonus Sphereについて詳しく読む

【Studio Oneを拡張するアドオンも用意】


プラグインは、いくらあっても不自由しないもの。Studio Oneに付属のNative Effects、バーチャル・インストゥルメント、Note FXで足りないのなら、Studio Oneを拡張するアドオンがお勧めです。0円のVU Meter、VT1 EQ/コンプ、RC-500 EQ/コンプやSoftube Saturation Knob、AU/VSTサポート機能をArtistに追加、PreSonusののソリッドステート・チャンネル・ストリップRC500をモデリングしたPreSonus Channel Strip Collectionなど、即戦力のアドオンを多数用意しています。 0円からのStudio Oneアドオンの詳細


【学生/教職員向けアカデミック】
学生/教職員に朗報!世界から優れた音楽制作ツール/ガジェットを日本へ紹介するエムアイセブンジャパンでは、音楽/芸術の未来を担う学生/教職員のためにStudio Oneを低価格で入手できる”楽割”アカデミック・プログラムを実施中です。期間限定の優待製品も随時ラインアップしています。 また、MI7 BizSOLUTIONは、教育機関、官公庁および一般企業様向けの営業窓口で、教育機関向けStudio Oneのマルチライセンス・プログラムのご相談/御見積を承っています。オーディオIP伝送システム、ICT教育システム、ライブサウンド、設備音響機器など教育/ビジネスをサクセスさせるためのシステム提案/ご相談/御見積も承っております。
楽割アカデミック・プログラムの詳細
MI7 BizSOLUTIONの詳細


【純正ハードウェアをチェック】
PreSonus STUDIO ONE 6
Studio One日本語版は優れた音質を誇るソフトウェアですが、コンピューター内蔵のオーディオ入出力端子で録音や再生を行っては宝の持ち腐れ。その優れた音質を最大限活用するには、やはり音楽制作用のハードウェアが必要。無論、PreSonus純正製品であれば面倒な設定も不要でStudio Oneにベストマッチです。PreSonusのハイスピードなオーディオ・インターフェースであれば、Studio Oneのネイティブ低レーテンシー・マネージメントを最大限活用することが可能。PreSonusでは、オーディオ・インターフェース、デジタル・ミキサー、モニター・スピーカー、コントローラーなどStudio Oneに理想的な各種ハードウェアを用意しています。
PreSonus純正製品一覧をチェック


【プロのデータをGET】
PreSonus STUDIO ONE 6
PreSonus STUDIO ONE 6
PreSonus STUDIO ONE 6
日本限定企画!Studio Oneを入手したら、プロのデータでStudio Oneの世界を体験しましょう。無償提供データは、EDM、女性ボーカル+バンド・レコーディング曲、シンセサイザーを駆使したEDM、ギター・サウンドなど全12曲。

●音楽プロデューサー田辺恵二氏が、Studio Oneの純正インストゥルメント/エフェクトとオーディオ/MIDI/オートメーションを駆使した「Stability 'N' Evolution」「V4 2018」「Studio One 3 MIX」。
Stability 'N' Evolution/V4 2018/Studio One 3 MIXの詳細&試聴
●書籍「松隈ケンタ流 ロックDTM入門」リリースを記念して、収録曲をダウンサイジングした特別バージョン「セミのチャーハン|Studio One Prime EDITION」。
セミのチャーハンの詳細&試聴
●アーティストYuichiro Kotani氏が、新機能を中心にトラック・メイク術を披露したテクノ・チューン「デモ・トラック|Studio One Prime EDITION」。
Yuichiro Kotaniデモ・トラックの詳細&試聴
●超絶ギタリストKelly SIMONZ氏が、Studio Oneのアンプ・モデリングAmpireをフィーチャリングした「The NEW ERA | Studio One Ampire edition」。
Kelly SIMONZデモ・トラックの詳細&試聴
●トラック・メイカー/DJのDORIAN氏が、新機能を中心にダンス・トラック・メイクを指南した「デモ・トラック|Studio One Prime EDITION」。
DORIANデモ・トラックの詳細&試聴
●アンビエント&ドローン・アーティストChihei Hatakeyama氏が、Family Basikの楽曲を特別にドローン・リミックス「Despite My Efforts remixed by CHIHEI HATAKEYAMA」。
remixed by CHIHEI HATAKEYAMAの詳細&試聴
●音楽プロデューサー浅田祐介氏がStudio Oneにインスパイアされて制作した即興曲のマルチトラック・ファイル「S1 IMPROVISATION」。
S1 IMPROVISATIONの詳細&試聴
●コンポーザー/音楽プロデューサーの田辺恵二氏と、ミキシング&レコーディング・エンジニアの加納洋一郎氏が制作した「Keep on movin'|Studio One Prime EDITION」。
Keep on movin'の詳細&試聴
●YOUNG GUITAR 2015年10月号連動企画、ギタリスト坂本光久氏が制作したギター・デモソング「Notation No.3」。
Notation No.3の詳細&試聴
●音楽プロデューサー安保氏とSOUND HORIZON等で活躍する元ハウンド・ドッグのギタリスト西山氏が制作したギター・デモソング。
ギター・デモソングの詳細&試聴


【Switchして快適な環境へ】
PreSonus STUDIO ONE 6
他のDAWからSwitchするのも、Studio Oneなら驚くほど簡単です。そしてクロスグレード版もラインナップされています!それでも、マスターした既存のDAWから変更するというのは難しいもの。だからこそ、Pro Tools、Cubase、Logicのショートカット・キー・コマンドをそのまま利用できるプリセット、および独自のカスタム・ショートカットを作成するオプションを用意しました。さらに、Cubase Track Archive(.xml)、Steinberg Sequel Project(.steinberg-project)、OpenTL(.tl)、AAFの読込みもサポートしています。
Studio OneへSwitchしたアーティストのインタビューを読む


【ボーダーレスでクリエイト、アンリミットでプロデュース】
Studio One 6は、メジャー・バージョンアップに相応しい新機能と機能向上を実現していながら、その操作性能はより簡単で高速になっています。追加する機能だけでなく、追加される方法にも細心の注意を払っており、バージョン1から変わらないスマートさ、そして軽快な音楽制作体験を提供し続けています。製品ラインアップおよび各エディションの機能比較に関してはエディション別機能比較ページをご覧ください。

エディション別機能比較ページを見る
今すぐStudio One 6へバージョンアップ/アップグレードする
Studio One 6クロスグレード版でリーズナブルにSWITCH(乗換え)する

VERSION 6新機能概要

今日は何をしますか?
Studio One 6は、最もパーソナルなメジャー・バージョンアップです。素早く制作をスタートできるスマート・テンプレート、生産性を高めるカスタマイズ可能なインターフェース、業界をリードする歌詞トラック、映像作品も手がけるサウンド・クリエイターに理想的なグローバル・ビデオ・トラック、最適化されたミキシング・ツール、新しいプラグイン、コラボレーション機能の強化など業界初の機能を数々搭載。加えて、オーディオ・コンテンツの制作がさらに迅速かつ容易になり、録音、制作、ミキシング、マスタリング、パフォーマンスに必要なすべてが直感的に操作可能な1つのアプリケーションに統合されています。

Studio One 6では、コンソール、ブラウザー、スタート・ページなど、数多くの新機能と機能強化が実装され、コンソールには、Studio Oneコミュニティからのリクエストにより開発された新機能が満載。フェーダー・フリップでは、FX/バスセンド、サイドチェーン、キュー・ミックス・センドをすべてメイン・フェーダーでコントロールできます。ステレオ・チャンネルは、バランス、デュアル、バイノーラルからパンニングを選択できるようになり、パンナーのポップアップ・エディターも新設されました。新しいチャンネル・オーバービューには、選択したチャンネルの入力コントロール、インサート、センド、キュー・ミックス・センドなど、すべてのチャンネル・パラメーターが一元的に表示され、ピン留めして個々のチャンネルをしっかりモニターできます。Studio One 6は、トラックやチャンネルのあらゆる側面を保存し、選択した複数のトラックやチャンネルを瞬時に呼び出すことができるトラック・プリセットを提供し、ワークフローの効率を格段に向上させます。


【NEW!スマート・テンプレート】
PreSonus STUDIO ONE 6

今日は何をしますか?レコーディング・ソフトウェアが今日のプランを尋ね、その目標を達成するために設定を変更してくれるとしたら?Studio One 6の新しいスマート・テンプレートは、基本的なレコーディングからステムのミキシング、アルバムのマスタリングからライブのセットアップに至るまで、制作内容に応じて必要なツールセットを提供します。また、ワンクリックで簡単に楽器を演奏したり、ポッドキャストを制作できるテンプレートも用意されています。テンプレートには、オーディオ、ビデオ、MIDIファイルなど、必要なコンテンツを簡単に取り込むことができる便利なドロップゾーンを追加することも可能。一部のテンプレートには、操作方法や関連動画コンテンツへのリンクが付いたインタラクティブなチュートリアルも含まれています。

スマート・テンプレートは、あらかじめ設定されたトラックやチャンネルと、必要な機能だけを表示するカスタマイズされたユーザーインターフェイス機能を組み合わせ、必要なコンテンツを自動的にダウンロードする、これまでにない独自の機能を提供します。


【NEW!カスタマイズ可能なユーザー・インターフェース】
PreSonus STUDIO ONE 6

Studio Oneは、コンポーズ、ミックス、プロデュース、マスタリング、パフォーマンスに必要なすべてのツールを1つのソフトウェアで提供する、パワフルなレコーディング・ソフトウェア。すべてのタスクを一度に行う必要はほとんどなく、またStudio One 6の新しいカスタマイズ・エディターでは、ほぼすべてのツールや機能の表示/非表示を便利かつ簡単に切り替えることができるようになりました。変更内容は即座に適用されるため、必要に応じて機能の表示/非表示を切り替え、タスクに集中した合理的なワークフローを構築できます。

ビギナーからプロフェッショナルまで、それぞれのニーズに合わせてStudio Oneインターフェースをカスタマイズ可能。カスタマイズは保存していつでも呼び出すことができ、またインスピレーションが消えないうちにタスクをスタートするための基本ワークフローも提供しています。


【NEW!業界をリードする歌詞トラック】
PreSonus STUDIO ONE 6

新しいグローバル歌詞トラックで、スコア、ソング、ライブ・パフォーマンスに歌詞を追加できます。スコア・エディターでリードシートを作成したり、オーディオ制作の道標として歌詞を追加したりと、歌詞トラックの使い道は様々。また、歌詞をショー・ページへ転送して、リハーサルやステージで使用することも可能です。

スコア・ビューやピアノ・ビューでMIDIを扱う場合には、歌詞を音符、単語、音節単位で添付できます。また、歌詞ビューは文字を並べる際の簡単なテキスト・エディターとしても機能。さらに、歌詞ビューではフォント・サイズや文字揃えのオプションを選択でき、曲作りやレコーディング、ライブ演奏にも理想的です。

※PROFESSIONALのみ
※日本語歌詞は次期アップデートで最適化される予定


【NEW!グローバル・ビデオ・トラック】
PreSonus STUDIO ONE 6

動画コンテンツをさらに良いものに!Studio One 6ならば、動画に合わせた作曲とサウンド・デザインがさらに簡単になりました。新しいグローバル・ビデオ・トラックは、Studio Oneのアイコンであるドラッグ&ドロップによる直感的なビデオワークフローを提供し、ビデオ・プレーヤー・ウィンドウとも連動。ビデオ・ファイルをタイムライン上にドラッグするだけで、ビデオ・クリップを追加でき、新しいビデオ・トラックにはビデオ・クリップを無制限に格納できるため、1回のセッションで長編映画のリールも複数処理が可能。ビデオのサムネイルも自動生成され、ナビゲーションを容易にするプレビューを提供しています。

クイック編集やポッドキャストのワークフローを合理化したい場合には?問題ありません。ビデオ・トラックの基本編集機能は次のとおりです。

・カット/コピー/ペースト
・スリップ
・タイム/編集のロック
・リップル
・複製

また、同一ビデオの同一タイムコード位置のより新しい編集と素早く入れ替えることができる、使い易い置換オプションも用意。さらに、埋め込みオーディオを参照用として使用できるよう、専用のミキサー・チャンネル、プラグイン処理、出力ルーティング・オプションを備えたサブトラックも用意されています。埋め込みオーディオをビデオと別に編集するには、オーディオ・イベントをメイン・アレンジのオーディオ・トラックにドラッグ&ドロップするだけとフローも簡単です。

※PROFESSIONALのみ


【NEW!トラック・プリセット】
PreSonus STUDIO ONE 6

Studio One 6では、トラックやチャンネルのあらゆる側面を保存し、選択した複数のトラックやチャンネルを瞬時に呼び出すことができる新しいタイプのプリセットを提供し、ワークフローの効率を格段に向上させます。

トラック・プリセットは、トラックとチャンネルの両方のパラメーターを保存。アレンジとミキサーを横断して現在の状態をスナップショットするようなものです。トラックのパラメーターには、トラック・ディレイ、タイムストレッチ、コード追従、アサインされているインストゥルメント/プリセット(インストゥルメント・トラックの場合)が含まれます。チャンネル・パラメーターには、ボリューム/パン、インサート、内部ルーティング(スプリッター)、センド・アサイン、I/Oルーティング、そしてもちろんトラック・アイコン、名前、カラー情報も含まれます。トラック・プリセットは、保存や読み込みだけでなく、既存のチャンネルに適用することも可能。チャンネル設定は、オーディオ・トラックとインストゥルメント・トラック両方の選択項目に適用されます。

※PROFESSIONALのみ


【IMPROVED!PreSonus Sphereとのコラボレーション】
PreSonus STUDIO ONE 6

PreSonus Sphereの最もパワフルでユニークな機能のひとつは、クラウドベースのワークスペースです。ここでは、セッションをアーカイブしたり、他のユーザー(PreSonus Sphereに参加していない方、さらにはStudio Oneユーザーでない方も!)をコラボレーションに招待できます。Studio One 6では、ドロップダウンメニューから直接利用できる便利な共有オプションと内蔵の同期オプションにより、デスクトップ・アプリケーションとPreSonus Sphereワークスペースの統合が実現。Studio One 6はまた、バンドルされているPreSonus Sphereコンテンツの検索、ダウンロード/インストールを、様々な表示/検索/フィルター・オプションで迅速かつ簡単に実行できます。

【NEW!De-Esser】
PreSonus STUDIO ONE 6

ボーカルの歯擦音とその他の高域音をコントロールするディエッサー・プラグインが搭載。Studio Oneのディエッサーは効率に優れ、直感的な操作が可能です。[Listen]ボタンで問題のある帯域を探し、関連するノブと[S-Mon]機能で歯擦音の量を設定します。リダクション幅はナローシェイプとワイドシェイプから選択でき、ゲインリダクションはジェントル(-6dB)とフルレンジ(-48dB)から選択可能です。付属のプリセットはカスタマイズの出発点にも理想的です。

【NEW!Vocoder】
PreSonus STUDIO ONE 6

Studio Oneのクリエイティブなカスタム・プラグイン・セットに新たに加わったVocoderは、2つの入力信号を組み合わせてバンドパス・フィルターで処理し全く新しいサウンドを作り出すことができる、他に類を見ないクリエイティブなプレイグラウンドを提供。音声や様々なサウンドをユニークなシンセサイザーやエフェクトに変貌させます。

※PROFESSIONALのみ


【NEW!ProEQ3】 PreSonus STUDIO ONE 6

新しいProEQプラグインは、プロデューサーやミキシング・エンジニアにとって不可欠なツールとなる、2つのパワフルな新機能を搭載!各周波数帯域をソロにできるようになったため、分離させて極めて正確な調整を行えるようになりました。さらにソロ機能に加え、設定した振幅のスレッショルド値に基づき、任意の周波数帯域を動的にブーストまたはカットするダイナミック・モードを各バンドに搭載しています。

【IMPROVED!Autofilter】
PreSonus STUDIO ONE 6

人気のAutofilterプラグインがアップデート。エンベロープのアタックとリリースの独立したコントロールや、LFOセクションのモジュレーションの位相を反転させるフリップ・オプションなど、いくつかの便利な機能拡張を提供します。

【IMPROVED!Mai Tai、Sample One XT、Presence XTのノート・コントローラー対応】
PreSonus STUDIO ONE 6

PreSonusの人気ソフトウェア・シンセサイザー/サンプラーであるMai Tai、Sample One XT、Presence XTは、ポリフォニック・アフタータッチまたはMPEを使用してコード内の個々の音を独立してモジュレートする互換コントローラーに対応しました。

【NEW!バーチャル・インストゥルメント・サイドチェーン対応】
PreSonus STUDIO ONE 6

サンプラーやボコーダーなど、外部音源を必要とするバーチャル・インストゥルメント(VST2、VST3、AU)は、サイドチェーン入力を使用してミキサー内の任意の音源にアクセスできるようになりました。サイドチェーン入力を使用するFXプラグイン同様、サイドチェーン信号はソースまたはデスティネーションから便利にルーティングでき、Auxチャンネルはサイドチェーンを使用して外部オーディオ信号をバーチャル・インストゥルメントにルーティングするのに利用できます。

【NEW!フェーダー・フリップ機能を搭載した先進的ミキサー】
PreSonus STUDIO ONE 6
Studio Oneのコンソールは、新しいフェーダー・フリップでミキシングをさらにパラフルなものにします。FX/バスセンド、サイドチェーン、キュー・ミックス・センドをすべてメイン・フェーダーでコントロール。フェーダー・フリップにも簡単にアクセスできます。希望のセンドを右クリックし、[フリップ]を選択するだけです。これで、選択したバスのセンド・ミックス全体をチャンネル・フェーダーでコントロールできます。未アサインのチャンネルは、必要に応じて非表示や有効にできます。

※PROFESSIONALのみ


【NEW!パンニング・モード】
PreSonus STUDIO ONE 6
ステレオ・チャンネルでパン・モードを選択できるようになりました。任意のステレオチャンネルに対して、バランス、デュアル、バイノーラルのパンニングを選択可能。新しいパンナー・ポップアップ・エディターは、大型パン・コントロール、モード切り替え用のコンテキストメニュー、さらに各モードの専用コントロールを提供します。基本的なバランス・コントロールはすべてのミキサー・ビューで引き続き使用でき、また外部ハードウェア・コントローラー用の標準パン・コントロールも搭載しています。


【NEW!ミキサーチャンネルのオーバービュー】
PreSonus STUDIO ONE 6
新しいチャンネル・オーバービューには、選択したチャンネルの入力コントロール、インサート、センド、キュー・ミックス・センドなど、すべてのチャンネル・パラメーターが一元的に表示。このビューはチャンネル・エディター・ウィンドウの新しいタブとして利用でき、どの画面にもピン留めもでき、チャンネル選択に追従します。チャンネル・オーバービューは、専用のプラグイン・エディターを開くことなく、1つのチャンネルのサウンドを複数のプラグインで迅速かつ直感的に操作するのに最適です。

※PROFESSIONALのみ


【IMPROVED!ブラウザーのお気に入りとフォルダー】
PreSonus STUDIO ONE 6
Studio Oneの革新的なブラウザーは、バージョン6でさらに向上しています。プラグインやインストゥルメントのプリセットをブラウザー内で作成可能なカスタム・フォルダーに整理でき、プラグインやバーチャル・インストゥルメントのプリセットを「お気に入り」として登録できるようにもなりました。お気に入りに登録されたプリセットは、それぞれのプリセット・リストの上部にある新しい「お気に入り」フォルダー内に自動的にミラーリングされます。


【IMPROVED!スタート・ページ】
PreSonus STUDIO ONE 6
Studio Oneのスタート・ページがさらに柔軟に。ソング、プロジェクト、ショーをカスタム・フォルダーに整理することで、1人のアーティストや制作に関連するすべてのファイルを1か所にまとめることができます。お気に入りのドキュメントをピン留めしたり、共有されているすべてのPreSonus Sphereドキュメントを1つのフォルダーに表示したりもできます。複数のアーティストと仕事をするプロデューサーやミキシング・エンジニアは、クライアント毎に独自のアーティスト・プロフィール・プリセットを管理、作成できるようになります。各プロフィールには名前、ジャンル、ウェブサイト、画像が含まれており、配信やデジタル・ダウンロード用にミックスダウンをエクスポートする際、これらすべてがID3タグとして埋め込まれます。


【NEW!その他の注目すべき新機能】
PreSonus STUDIO ONE 6
・NEW!FXチャンネルのセンド。あるエフェクトの出力信号を別のエフェクトに送信できます。
・NEW!バーチャル・インストゥルメント用サイドチェーン・オーディオ入力
・NEW!バス、FX、キュー・ミックス・センドに、パンニングをチャンネルのパン・コントロールにリンクさせるオプションを追加。キュー・ミックス・センドにはボリュームとパンに独立したリンク・オプションを用意。
・NEW!サードパーティ製プラグインのマイクロビュー・コントロール
・NEW!トラックとチャンネルのアイコン
・NEW!イベントのスポット・オプションは、イベントのスタート/エンドポイントや元のタイムコード位置などの属性に基づいてタイムライン上にイベントを配置する場合のオプションを提供。


商品名:【新機能盛りだくさん!作曲、マスタリングまで最高峰の作曲ソフト!】PreSonus/音楽制作ソフト/STUDIO ONE 6★tunecoreチケット付属


 上記の商品のご注文はこちら 

バージョン 価格(1点)
ポイント
注文
Studio One 6 Artist日本語版 ¥13,000(税抜)
(¥14,300税込)
1,300ポイント
SOLD OUT
Studio One 6 Professional日本語版 ¥49,000(税抜)
(¥53,900税込)
4,900ポイント
点  
Studio One 6 Artist アカデミック 日本語版 ¥7,200(税抜)
(¥7,920税込)
720ポイント
点  
Studio One 6 Professional アカデミック 日本語版 ¥25,500(税抜)
(¥28,050税込)
2,550ポイント
点  
Studio One 6 Crossgrade 日本語版 ¥37,000(税抜)
(¥40,700税込)
3,700ポイント
点