RME/オーディオインターフェイス/Digiface AVB

商品No: p14197
メーカー
レーベル:
RME
タイトル: Digiface AVB
アーティスト名
種別:
オーディオインターフェイス

価格

¥132,000(税抜)

注文数

ポイントセール

只今ポイント10倍セール中!!!
オタレコポイント13,200円相当のポイントプレゼント!
普段の10倍お得です!

送料・代引き手数料無料!

合計10,000円以上のお買い物は、代引き手数料、送料無料!(沖縄・離島の場合は送料割引。詳しくは詳細にて確認ください。)


お得な分割払いをご希望の方は以下をご参考ください。
只今分割払い金利手数料無料キャンペーン実施中!
36回払いまでについては金利手数料はゼロとなります!

36回払いまで金利手数料無料!

分割回数 お支払金額
36回 月々¥4,300からのご返済でOK!
24回 月々¥6,100から
12回 月々¥11,000から
6回 月々¥22,000から
3回 月々¥44,000から

詳しい金額は下記のJACCSシミュレーションページからどうぞ。

お支払い金額を 半角英数字で入力してください。


RME Digiface AVB
RME Digiface AVB

RMEが示すネットワーク・オーディオの新たなスタンダード

Digiface AVBは、高い利便性と拡張性で注目されているオーディオ・ネットワーク技術「AVB」に対応し、最大256チャンネルものオーディオ・データを取り扱い、コンピューターとAVBネットワークの橋渡しを行います。

コンピューターとの接続はUSB 3.0を使用し、RMEのドライバー技術による低レイテンシーと安定性はそのままに、192kHzのサンプリング周波数で最大128チャンネルもの信号をAVBネットワークに転送・受信が可能です。また、2〜32チャンネルの単位でチャンネル・ストリームを管理できます。

TotalMix FXとAVDECCコントローラー・ソフトウェアを用いて自由にミキシング/ルーティングが行えるコンパクトなオーディオ・インターフェイスです。また、AVBデバイス間とそれらのマネージメントにおける互換性が保証されるプロトコル「MILAN」にも対応します。

小さな筐体にはヘッドフォン出力端子を搭載し、高品質のヘッドフォン・モニタリングが可能なモバイルAVBオーディオ・インターフェイスであるDigiface AVBは、AVBプロトコル・スタックを使用したオーディオ・データの伝送管理を、MacおよびWindows双方のコンピューターに対応する製品となります。

主な特徴

・WDM、ASIOドライバーサポート
・48 kHz 24bit 128チャンネルの録音/再生、128チャンネルI/O
・96 kHz 24bit 64チャンネルの録音/再生、128チャンネルI/O
・192 kHz 24bit 32チャンネルの録音/再生、60チャンネルI/O
・バッファー・サイズ/レイテンシー設定:32~8192サンプルから選択可能
・100 Mbit/s対応Gigabitイーサネット・ポート搭載
・送出ネットワーク・レイテンシーを設定可能:0.3125 ms〜2 ms
・クロック・モード:スレーブ、マスター
・TotalMix:レイテンシーの無いサブミックスと完璧なASIOダイレクト・モニタリング
・TotalMix:内部処理46ビットの4096チャンネル・ミキサー
・サブミックス出力も可能な独立アナログ/ライン・ヘッドフォン出力
・DIGICheck DSP:ハードウェア・ベースのレベル・メーター、Peak/RMS計測
・USBエラー解析
・既存のAVB機器への高い互換性:MILAN対応
・IEEE 802.1 BA 準拠 AVB スタック
・IEEE 1722 AVTP / 1722.1 AVDECC 準拠

AVBの優位性

「AVB」(Audio Video Bridging)とは、IEEE(米国電気電子技術者協会)により策定された「Ethernet経由で映像や音楽を伝送するための規格」であり、その高い利便性と拡張性で期待されているオーディオ・ネットワーク技術です。

AVBおよびMILANデバイス(スイッチを含む)は、IEEE802ネットワーク上でgPTP(generalized precision time protocol)と呼ばれるPTP標準のサブセットを使用することで、極めて正確な時間情報を共有します。

これにより送信デバイスは、各オーディオ・サンプルが受信側で再生されるタイミングを指定することができます。送信時に時間オフセットが各サンプルに付与され伝送されることで、受信側は最終的な発音タイミングを把握することができ、受信したナノセカンド精度のタイムスタンプを元に発音を行います。これにより精度が極めて高く且つレイテンシーの少ないネットワーク伝送を実現しています。

AVBの詳細

MILAN対応

MILANはデバイス・メディアとデバイス・マネージメントの両レイヤーにおける相互運用が保証されるプロトコルです。MILAN製品はすなわちAVB製品でもありますが、すべてのAVB製品がMILAN製品ではありません。実装のするためには、MILANの厳しい要件に適合するようにチェック/調整が行われる必要があります。

RMEはMILAN実装にあたり、既存のAVB製品をアップデートし必要な機能を追加しています。たとえば8チャンネル・ストリームにおける高効率32ビットAAFオーディオ・フォーマットのサポートなどがこれにあたります。スイッチに関しては、AVB対応製品であればMILANでもそのまま使用できます。

MILANでは異なるAVB機器間の互換性が保証されるため、対応機器間で簡潔なセットアップが可能になります。

MILANの詳細

AVBネットワークのレイテンシー

AVBおよびMILANデバイス(スイッチを含む)は、IEEE802ネットワーク上でgPTP(generalized precision time protocol)と呼ばれるPTP標準のサブセットを使用することで、極めて正確な時間情報を共有します。

これにより送信デバイス(トーカー)は、各オーディオ・サンプルが受信側(リスナー)で再生されるタイミングを指定することができます。送信時に時間オフセットが各サンプルに付与され伝送されることで、受信側は最終的な発音タイミングを把握することができ、受信したタイムスタンプを元に発音を行います。ナノセカンド精度のこのタイムスタンプは、「プレゼンテーション・タイム」と呼ばれます。48 kHzのシングル・サンプルは20800ナノセカンド以上の長さになります。

AVBネットワーク・レイテンシーの詳細

AVBクロックの優位性

AVB/MILANでは、プレゼンテーション・タイムが付与されたストリームが伝送され、すべてのデバイスがgPTPを使用します。これにより伝送先でのオーディオ再生の精度がDanteやRavennaなどIPベースのネットワークに比べ遙かに優れているのもAVB/MILANの特徴です。ネットワーク内の他のトラフィックとは完全に独立しているため、IPトラフィックとの混在も問題ありません。

AVBストリームは現在時刻だけでなく、もちろんワード・クロックなどのメディア・クロック信号も伝送します。メディア・クロックはMADI同様、受信ストリームから簡単に取り出すことが可能です。AVB/MILANネットワークでは、同じタイム・ドメインの複数のメディア・クロックをネットワーク内で混在させることも可能です。たとえば、わずかな周波数偏差や位相オフセットを持つ複数の96 kHzマスター・クロックを同じスイッチを経由させ、ストリーム用と再生用に個別に使用することもできます。

AVBクロックの詳細

コントローラー

RME Digiface AVB

AVBでは、AVDECCと呼ばれるオープンな制御プロトコルがIEEE1722.1で策定されているため、各AVBデバイスにDante Controllerと同じ機能が実装されていることになります。つまりユーザーはウェブ・インターフェイスや機器のダイアログでDante Controllerと同様の設定が行えるのです。

RMEは、全てのユーザーが直感的にAVB機器を操作できるために、WindowsまたはMac OSでに対応するコントローラー・ソフトウェアを提供しています。

TotalMix FXとTotalMix Remote

RME Digiface AVB
TotalMixデジタル・ミキサー
RME Digiface AVB
Digiface AVBは、他のRMEオーディオ・インターフェイスと同様に、すべての入力および再生チャンネルを同時にすべてのハードウェア出力へ事実上無制限にミキシング/ルーティング強力なデジタル・リアルタイム・ミキサーTotalMix FXを使用することができます。TotalMix FXには、Talkback、メイン出力とヘッドフォン出力、フェーダー・グループ、ミュート・グループを備えるコントロール・ルーム・セクションがあり、MackieやOSCプロトコル、その他様々な方法でリモート・コントロールが可能です。

TotalMix FXの詳細を確認する

* Digiface AVBはDSPを用いたFX機能には非対応です。

TotalMix Remote
TotalMix Remoteを使った、iPad、Windows、Macからのリモート・コントロールにも対応。TotalMix Remoteの設定は、TotalMix FXが動作しているホストのIPアドレスを入力するだけで完了し、自宅スタジオから大型ライブ会場まで、様々な場面でTotalMixをコントロール*できます。

* TotalMix FXを動かすコンピューターと、TotalMix Remoteを動かすコンピューターまたはiPadが、同一のネットワークに接続している必要があります。

同梱物

USB 3.0 ケーブル、ケーブル補助フック、ゴム足、Digiface AVB セットアップガイド、Digiface AVB日本語ユーザーガイド、DIGICheck日本語ユーザーガイド

SPEC

ギガビット・イーサネット・ポート
・RJ45
・100 Mbit/s、1 Gbit/s
・標準ポートLED:接続(黄)、データ伝送(緑)
・ストレートおよびクロスオーバー・ケーブル対応(Auto MDI-X)
・最大16AVBオーディオ・ストリーム
・ステータスおよびコントロール・データのAVDECC変換
・ネットワーク経由のリモート・コントロール(TotalMix Remote)

ワード・クロック入力
・BNC、ターミネーション無し(10kΩ)
・75Ω内部ターミネーション機能
・ダブル/クアッド・スピード自動検出/シングル・スピード変換

ワード・クロック出力
・BNC
・最大レベル:5 Vss
・75Ωターミネーション・レベル:4.0 Vss
・内部インピーダンス:10Ω

アナログ Phones出力 33/34
・ダイナミック・レンジ(DR):110 dB RMS unweighted、113 dBA
・周波数特性@ 44.1 kHz、-0.5 dB:0 Hz 〜 20.8 kHz
・周波数特性@ 96 kHz、-0.5 dB:0 Hz 〜 45 kHz
・周波数特性@ 192 kHz、-1 dB:0 Hz - 89 kHz
・THD @ -1 dBFS: - 96 dB、0.0016%
・THD+N @ -1 dBFS: -95 dB、0.0017%
・チャンネル分離:100 dB以上
・出力:6.3 mm TS端子、アンバランス
・出力インピーダンス:2Ω
・出力レベル(0 dBFS、1kΩロード):+9.5 dBu
・最大電力 @ 0.1% THD:50 mW

デジタル
・クロック:インターナル、AVB、ワード・クロック
・対応サンプリング・レート:44.1 kHz 〜 192 kHz

一般
・電源アダプタUSBバス・パワー
・アイドル時の消費電力:1.5ワット
・5 Vバス・パワー動作時の電力:300 mA
・アイドル時の最大消費電力:2ワット(400 mA)
・寸法(WxHxD):112 x 26 x 83 mm
・重量:300 g
・動作温度:+5°〜+50°C
・相対湿度:75%以下、結露なきこと


動作環境
・Windows 7 / macOS Sierra 以上
・USB 2.0または3.0端子 x 1
・Intel Core i3以上のCPUを搭載したコンピューター
* AVBネットワークを構築するためにはAVBに対応するスイッチング・ハブが必要です。

アクセサリー
TotalMix FX リモート・コントローラー


商品名:RME/オーディオインターフェイス/Digiface AVB


 上記の商品のご注文はこちら 

注文数

お得な分割払いをご希望の方は以下をご参考ください。
只今分割払い金利手数料無料キャンペーン実施中!
36回払いまでについては金利手数料はゼロとなります!

36回払いまで金利手数料無料!

分割回数 お支払金額
36回 月々¥4,300からのご返済でOK!
24回 月々¥6,100から
12回 月々¥11,000から
6回 月々¥22,000から
3回 月々¥44,000から

詳しい金額は下記のJACCSシミュレーションページからどうぞ。

お支払い金額を 半角英数字で入力してください。