これから現場でDJをやりたいという方!お客さんを盛り上げて楽しませたいという方!
でも現場のDJってどういう曲をかけるの?
そんなお悩みにお答えいたします! MURAKAMIGOとIKKIによる「パーティー野郎」ご覧くださいませ!


今のお客さんがたくさん入るクラブではどんな曲がかかるの?

DJはやってみたいけど実際クラブが怖くて中々踏み込めない!という方いらっしゃるのではないでしょうか?

だから実際にクラブではどんな曲がかかっているかわからないし、どんな曲がお客さんが喜んでいるのかもわかりません。

そんな方たちに必見!オタイレコードの「パーティー野郎」が始まりました!

ここではオタレコスタッフでありながら現役でクラブでDJをしている「MURAKAMIGO」と「IKKI」が実際最近何を一番かけているのか、どんな曲が人気があるのか?

等といったリアルな声をお届けしたいと思います!

是非ご覧くださいませ!

今回は第31弾!
「1年の振り返りでございます!」

動画で紹介しているMURAKAMIGOのミックスへはこちらから!
https://www.mixcloud.com/tatsuhikomurakami3/goodlife-live/

MURAKAMIGO

90年代初頭からDJをスタート。
ヒップホップをベースにしつつもジャンルを横断する他に類を見ない独自なプレイで、全国にその名を轟かせ、いつしか「フロアの神」と呼ばれるようになる。
2010年に出場した世界一のパーティーロッカーDJを決める大会、Red Bull Thre3styleのジャパンファイナルでは、惜しくも優勝を逃したものの、今なお伝説として語り継がれる程の盛り上がりを見せた。
年間200本にも及ぶ現場の他、メジャーフィールドにおいてもMIXCDのリリース、自身のユニット、Jumping Dogとしての楽曲制作、リミックスなど、多岐に渡る活動を精力的に行っている。
Jumping Dogの代表作としては、Village Peopleの「Y.M.C.A.」、Disneyの「Reflection」のカバー、倖田來未「Is This Trap?」のリミックス等がある。
また、LMFAO、AFROJACK、PITBULL、NE-YOらの来日公演のオープニングアクトを務めたり、STEVE AOKI、BRITNEY SPEARS等の国内用オフィシャルプロモMIXを手掛けたりと、業界からの信頼が最も高いDJの一人である事は間違いない。
KSUKE、LEAD、KOMORI、TJOらとともに、日本を代表するDJクルー、SUGARBITZ ARTISTに所属している。

MURAKAMIGO オフィシャルサイトへはこちら→http://murakamigo.com/






OTAIRECORD MURAKAMIGO
どうも、ムラカミーゴです。
アッと言う間に2019年ですね。
個人的には2018年、粗食と自転車にハマッた一年でしたw
音楽的には2018年のベスト30曲をSpotifyの自分が所属しているレーベルSugarbitzのアカウントで公開してるので、よかったらそっちもチェックして下さい。
SpotifyでSugarbitzを検索すれば出てきます。
あと、動画でも触れてますが、ちょっと前にMixcloudにニューMixをアップしてるので、こちらもぜひ!
それでは2019年もパーティー野郎をどうぞよろしくお願いします!

最近のヘビロテ!!


Awich - 紙飛行機

沖縄生まれアトランタ育ちの歌姫ラッパー、Awich!
「Remember」や「WHORU?」もクラブで大人気ですが、オレ的にはダントツでコレ!
パーティーを選ばず、よくかけてますね。
EGO-WRAPPIN'「色彩のブルース」をサンプリングしてて幅広い層にウケます!




French Montana - No Stylist ft. Drake

人気絶頂Drake参加でヒット中!
現場でもかかりまくってますね。
旬な感じのスムースなヒップホップで気持ち良くアガります!
しかし、French Montanaのトレンド感覚は鋭いなぁ、と。




Travis Scott - SICKO MODE (Skrillex Remix)

これまたDrake参加曲!
2018年を代表するヒットアルバムとなったTravis Scott「AstroWorld」からのシングルカットです。
そもそも人気の一曲ですが、Skrillexがリミックスして更に強力に!
展開もあって、アクセントにもなるし、かけやすくて、かなりヘビープレイしてます!




Mary J. Blige - Only Love

First Choice「Dr. Love」をモロ使いしたディスコな一曲!
ネタ自体大好きなんで、原曲になぞらえたサビもイイ感じ!
これ、ちょっと前までBillboardのAdult R&B Songsチャートにかなり長い間ランクインしてました。
このAdult R&B Songsチャートは名前のまんま大人な曲が多いんですが、普通のヒップホップ、R&Bチャートとは趣が違ってかなり面白いです!
意外な良曲に出会えたりしてオススメです!




Aretha Franklin with The Royal Philharmonic Orchestra - Respect

2018年8月に惜しくも急逝してしまったAretha Franklin。
この「Respect」は1967年作の大ヒットなんですが、こちらは2017年にリリースされた50周年記念のバージョンでロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団参加のオーケストラアレンジ!
ゴージャスながら決してダサくはなく、お気に入りのバージョンで追悼の意も込めて2018年下半期かけまくった一曲です。


DJ IKKI

2013年よりDJをスタート。
幼少よりピアノに励み中学高校ではバンド、そして大学では作曲、エンジニアの技術を学ぶ。
テクノ、ハウスミュージックを軸に様々なジャンルの音楽をかけ、フロアの空気を作るのを得意としている。
また、StingRay名義でトラックメイクも積極的に行い多くのDJとの楽曲制作、iTunesへの配信などを行う。
平日から週末とレストラン、クラブなど多様なところでDJをこなしている。
2018年より「Nagoya Ableton User Group」のオーガナイザーとなり、トラックメイクシーンの底上げにも力を注いでいる。 Soundcloud→https://soundcloud.com/user-38061717


OTAIRECORD IKKI
IKKIです!
2018年も終わりですねー!
あっというまとも思いますが、思い返せば結構長かった気も・・・。
今年も個人的にもいろいろありました・・・!
でも相変わらず音楽に囲まれた生活を送ることが出来て楽しかったです!
来年も突っ走っていきますのでパーティー野郎ともどもよろしくお願いいたします!
では今回31回目張り切っていきましょう!

最近のヘビロテ!!


Silk City & Dua Lipa - Electricity ft. Diplo & Mark Ronson

超お気に入りの一曲!
大人気Diploとこちらも「Uptown Funk」などで有名なMark RonsonのユニットSilk Cityとサマソニにも来たイギリスのシンガーソングライターDua Lipaが組んだ一曲。
僕はFilipside Like FireのBootlegを使います。(Youtubeになかったのでごめんなさい・・・!)
ピアノ系の4つ打ちは大好物ですが、Bootlegの方はすごい綺麗なエレクトロになっています。
雰囲気で固めたいときはオススメ!



Galantis - Peanut Butter Jelly

リリースは3年前くらいになりますが、こちらもよく使います!
明るい楽しい空気を作るにはGalantisがかなり強いです!
この曲は特にオーガニックな部分が強いのでめっちゃお気に入り。
ベターですが、「No Money」と一緒に使って展開していくことも良くやります!



Congo - The Boss

ファンクなハウスナンバー!
ブルックリン出身のThe Boss。こちらはエレキピアノのソロもかっこいいですが、何よりも一曲に持っている展開の数!
それだけで3曲くらいになるんじゃないか!?というくらい展開していく曲です。
ハウスをあまり知らない人でも楽しめる一曲かと思います!



Fatboy Slim - Praise You (Purple Disco Machine Remix)

個人的には「ファンキーな最強おっさん」のFatboy Slim!
マジでこんなおじさん憧れてます(笑)
の「Praise You」をPurple Disco Machineがリミックス!
ベース音が癖になる一曲です!
グルーブ感の良さもさすがはPurple Disco Machineですね!
かなり重宝している曲です!




Tensnake - Coma Cat

メロディーがすごい好きです!
ドイツのトラックメーカーTensnakeの大ヒット曲「Coma Cat」
ベース音やグルーブにどこかDisco感を出しながらもさっぱりとした一曲になっております。
意外性のある鉄琴系の音がたまらなく癖になります!



「パーティ野郎」が選ぶ

今月のおススメ機材!!

手軽に作曲、演奏が出来る超モバイル機材!



簡単にいろんな機能が使えるMIDIコントローラーをお探しならこれでしょ!

これから作曲始めたい方には必見アイテム!

なんだかんだ必要になる鍵盤とパッド、そしてつまみが一緒になったMIDIキーボードです!

「でもこういうのって前からよくあることない?」

そうですね。確かにこういう機材は前からあります・・・・が!

何を隠そうこの鍵盤乾電池で駆動するのです!しかもただのMIDI鍵盤ではありません。本体だけでも音を鳴らすことができるのですーーー!!

パソコンを持っていれば曲を作ることはもちろん、これだけ持っていても頭に浮かんだメロディーをすぐに音として再現することが出来ます。

仲間内で外でセッション、なんてことも楽しそうですね!

鍵盤数も少ないのでピアノが出来ない方にも入りやすい機材だと思います。

2019年作曲始めたい方は必見!是非チェックしてみてください!

MPK Mini Play関してはこちらから!