ここに注目!ロングセラーなエントリークラスのCDJ、CDJ-350

こんにちは!オタレコさがわです。憧れのPioneer DJのCDJ。エントリークラスとクラブでよく見るタイプとで結構価格差がありますが、その違いについて見ていきましょう。

Pioneer DJ エントリークラスのCDJ、CDJ-350

クラブに常設されているCDJはどうしても高額なので、自宅ではエントリークラスを導入することはよくあるかと思います。ただ、機能がどれだけ違うのかきになるところ。

今回、「CDJ-」というカテゴリで比較的お手頃なエントリーモデルのCDJ-350と、その一つ上のグレードになるCDJ-850を比較してみました!

それぞれ価格は、2019年2月15日現在、CDJ-350が56,952円(税別)、CDJ-850が100,000円(税別)です。おおよそで2倍のお値段。

今回はざっくりと3点についてとりあげます。

ジョグダイアルの違い

ジョグダイアルがCDJ-850より小さく、ディスプレイもなくシンプルな仕様です。もちろん本体サイズも小さいので、自宅用にコンパクトなCDJセットを組みたい方に特にオススメですね。

CDJ-350外形寸法220.0mm(W)× 288.5mm(D)×107.0mm(H)

CDJ-850外形寸法 305 mm (W) ×364.4mm (D) ×105.5 mm (H)

本体ディスプレイ

CDJ-350は最低限の曲データが表示され、CDJ-850では、細かさはそこまでないですが、いわゆる波形(WAVE DISPLAY. 100 × 7 ドット)が表示されます。曲のどこらへんにいるのか、どのような展開なのか、という曲情報が上位機種の方がわかりやすい、という違いです。

その他機能面

任意の範囲でのループ設定がCDJ-350ではできなかったり、CDJ-850ではCUEやループを保存できる機能があるなどの大きな違いがあります。

また、どちらも楽曲のテンポ、BPMを自動で揃えるSYNC機能はないのですが、CDJ-350の場合、指定したBPMにボタンひとつでテンポを変更するBPM LOCK機能がありますので、2つのCDJで同じBPMに揃えるSYNCのような使い方ができます。

※あと注意しなければならいのは、CDJ-350も850も日本語表記はできません。

rekordbox機種別比較表

もちろんどちらもrekordboxに対応してます。以下、機能別比較表です。

※ ※ ※

上位機種に比べ、機能面などはどうしても劣ってしまいますが、そのコンパクトさと価格面からCDJ-350を検討するのもよいかと思います!

ご注文・詳細はこちら

関連情報

【USB使ってDJしている人へ】どんな環境でもDJができるよう、USBに準備しておく7つのこと(永久保存)

【DDJからCDJへ】DJコントローラーでCDJの練習をする方法。

【保存版】初めてのCDJ。知っておきたい5つのポイント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です