このエントリーをはてなブックマークに追加

エントリークラスPCDJコントローラーS2MK3、他と何が違うの?大特集!

オタレコポイントを差し引くと実質29,000円台のS2MK3。同じ価格帯の他のエントリークラスのPCDJコントローラーとS2MK3って何が違うの?徹底的に特長を洗い出してみました!

こんにちは!オタレコさがわです。
注目の新機種S2MK3。発売からたくさんのご注文をいただいている人気DJコントローラーです。初心者の方にとっては、人気なのは分かったけど、同価格帯とのコントローラーと何が違うの?と思うと思います。
ということで、他のコントローラーと特に違う点を3点ご紹介いたします!!!

ちなみに!今なら+100円でDJバッグが付いてきて、さらにお買い得!

さて!本題に戻り、S2MK3の特長を見ていきましょう!!!

ポイントその1:エフェクトかけるのが、めちゃくちゃ簡単、MIXER FX

9個のエフェクトから4つボタンにそれぞれ任意のエフェクトを割り当てることができます。
該当ボタンを押して、太いノブを操作してエフェクトの掛け具合を調整します。
エフェクトの種類や音質に強みを持つTraktor DJのエフェクトをシンプルに操作することができます。
Traktor DJはエフェクトの設定がちょっとややこしい、というイメージがあったかもしれませんが、めちゃくちゃ簡単になりました!!

ポイントその2:各機能に簡単アクセス

初心者の方にとってはややこしく聞こえてしまうかもしれませんが、後々、だんだん慣れて来た頃にそれらの便利さが分かると思います。
以外と他のエントリークラスのコントローラーでは省かれているボタン類がS2MK3には、用意されています。もちろんシンプルなレイアウトを維持しながらです。

  1. リバースボタン
    逆回転。エフェクトと組み合わせることで面白い表現が可能。
  2. FLUXボタン
    ループなどしても、曲自体は進行し、ループを解除した際にその点から再生されます。※ややこしいですね笑、ページ下部のオタレコTVで実演しているのでそちらをご覧ください。
  3. グリッドボタン
    PCDJの場合、DJソフトが楽曲の拍などを解析ししてくれるのですが、意図していない場合、グリッドボタンで簡単に調整ができます。これめちゃくちゃ便利です。楽曲データを取り込んで準備する時にグリッドとかを簡単に調整するのは嬉しいです。

ポイントその3:DJソフト

付属ソフトがTraktor Pro 3です。Serato DJ、rekordbox、Virtual DJ、Djayに並ぶ、超定番DJソフトです。Traktor DJユーザーは、ハウス・テクノDJが多い気がしますが、実は、スクラッチDJの世界大会でも近年Traktor DJを使っている人がたくさんいます。また、開発会社のNative Instrumentsは、トラックメイカー向きの機器やソフトウェアでも大変有名な会社です。なので、DJと作曲の垣根が低いイメージがあります。後々トラックメイクにも進みたい、もしくはトラックメイカーがDJもしたい、となったときに、Traktor DJは親和性が高いかもしれません。
ちなみに、Traktor Pro 3からは、もともとTraktor Scratchという名前で別売りになっていた、DVS機能が最初から使えるようになりました。
しかもすごいのが、他社のサウンドカードでもDVSができちゃうんです。※専用コントロールバイナル・CDは必要です。

ポイント おまけ:iOSと連携?

背面をみるとiPad接続端子があります。まだ正式発表はないのですが、おそらく今後iOSシリーズとの接続ができるようになるのかと思います。パソコンを持ち運ぶのが面倒くさいと思う方は今後要注目ですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回、主に3つのポイント、

ポイントその1:エフェクトかけるのがめちゃくちゃ簡単 MIXER FX

ポイントその2:各機能に簡単アクセス

ポイントその3:DJソフト

ポイント おまけ:iOSと連携?

いかがでしたでしょうか!他のエントリークラスのコントローラーとの違い、お分かりいただけましたでしょうか?これらのポイントは機能のほんの一部です。さらに詳しいことについては、下記の商品詳細ページのボタンをクリックしてみてください。あと、おすすめや関連情報を下記にまとめましたのでそちらもぜひご覧ください!

ちなみに!今なら+100円でDJバッグが付いてきて、さらにお買い得!

実際に使われてるところを見てみよう!オタレコTVでもご紹介してます!

▲クラブスタンダードなレイアウトで、コンパクトなボディ!S2MK3!

▲エフェクトやループ、逆再生がどんな感じか見れます!うーーー楽しそう!!!!!

▲こちらオタレコTVでもご紹介させていただきました。是非ご覧くださいませ!

付属のDJソフト Traktor Pro 3について補足

お持ちのパソコンが対応しているか、念の為チェックしておきましょう!もしくは、新しくパソコンを買う場合は、下記を参考にパソコン屋さんに相談してみましょう!

システム要件

macOS 10.12、10.13、10.14(最新アップデート)、Intel Core i5、4 GB RAM
Windows 7、Windows 8、Windows 10 バージョン1803 またはそれ以降(64 ビット)、Intel Core i5または同等のCPU、4 GB RAM
TRAKTOR KONTROL S4 MK3及びS2 MK3は、Windows 10のみに対応
解像度1280 x 800のモニター、USB2.0、1 GBのディスク空き容量。TRAKTORソフトウェアのダウンロードとアクティベートには、インターネット接続とOpenGL 2.1以降に対応するグラフィックカードが必要です。インストール及びアクティベート完了後、全ての製品はオフラインで使用可能となります。
グラフィックハードウェアはOpenGL 2.1以降に対応
1 GBのディスク空き容量
インターネット接続
対応するオーディオフォーマット
MP3、WAV、AIFF、Audio CD、FLAC、Ogg Vorbi、non-DRM AAC
対応するドライバー
Core Audio、WASAPI、ASIO、DirectSound

最新の情報については、公式サイトをご確認ください!

S2MK3の関連情報

オタレコブログでもご紹介しています!

【新旧モデル徹底比較】注目の新DJコントローラーTraktor Kontrol S2MK2、S2MK3(前編)

【新旧モデル徹底比較】注目の新DJコントローラーTraktor Kontrol S2MK2、S2MK3(後編)

そもそもPCDJって何?という方

そもそもTraktorDJって何?という方