わかりにくかった針圧の全てを徹底解剖!!

初心者にとってわかりにくい設定の一つが「針圧」ではないでしょうか?
聞いたことも無い部品の名前がいっぱい出てくるし、その部品をどのように使えばいいかわからない…
このように悩んでいる方が結構いるのではないのでしょうか。

今回、その悩みも一掃!さらに、針圧の知識もばっちりつけていただけるように、基本の針圧設定の仕方をまとめてみました。



針圧設定で必要となる部品の名前と説明
インシュレーター ターンテーブルの足!高く設定すれば揺れやすくなるが、低くすると低音がハウリングしやすくなる。
バランスウェイト 針圧を調節するためのおもり。
トーンアーム シェルをつけるためのもの
シェル トーンアームとカートリッジをくっつけるためのもの。
カートリッジ レコード針のこと。中にはシェルと一体になったものもある。
アンチスケーティング レコードの針が外側に飛んでいかないようにするもの。
ピボットベース  アンチスケーティングを動かないようにロックするもの。
トーンアームホルダー トーンアームを固定するもの。

針圧説明
1.ターンテーブルを水平なところに設置します。 2.インシュレーターを回します。 3.ターンテーブルを水平な状態にします。
4.トーンアームホルダーをかけます。 5.カートリッジをトーンアームにはめます。 6.トーンアームホルダーを外します。
7.ターンテーブルとトーンアームが平行になるようにバランスウェイトを回しながら調節します。 ※針が下へ向くとウェイトが重すぎることになります。 ※針が上へ向くとウェイトが軽す ぎることになります。
8.ターンテーブルとトーンアームがだいたい平行にします。 9.バランスウェイトの目盛りのみを0にあわせます。 10.針の標準針圧値の分だけバランスウェイトを回します。
標準針圧は各カートリッジの説明書に記入されてあります。 11.ピボットベースを解除します。 12.アンチスケーティングを針圧分動かします。
※スクラッチをガッチリしようと思っている方は目盛りを0に合わせてください
13.アンチスケーティングの目盛りを針圧に合わせます。 14.ピボットベースをロックします。 15.針圧設定完了です!



これで、基本を理解してもらったと思います。

さて、基本を理解したところでここからは応用編。

いい音、針の持ち味を引き出すためには、針圧の設定が必要になります。
そのため、自分にあった音を出すためには針圧を変える必要があるのです。

実際、針圧を変えるとどのような効果を生み出すのでしょうか? 比べてみましょう。


はじめに、針圧を軽くしてみるとどうなるでしょうか?
針圧を軽くすると、針にかかる圧力が小さくなるのですから、レコードへの負担は軽減されます。
さらに、高音のぬけがいい音がでるといわれております。
しかし、針圧を軽くしてしまうと、針飛びがしやすくなり、環境(微風)などの些細な音もとってしまうことがあります。
また、低い音が弱いと感じられるかもしれません。


逆に、針圧を重くしてみたらどうなるでしょうか。針にかかる圧力が大きくなるのですから、針飛びがしにくくなります。
そして、低音が効いた音が出やすくなりますし、環境(微風)などに影響されにくくなります。
ですが、針にかかる圧力が重いため、レコードへの負担が重くなりますし、高音がつぶれて聴こえるようになるかもしれません。
使い方によっては、針飛びの原因を生み出すかもしれません。


なので、自分にあった音を出すためには「自分のプレイスタイルに合わせた針圧設定が必要になる」という事が言えます。

「自分は、スクラッチなんかよりMIXを重視したい」と思うなら、針圧を軽めにすればいい音が出るし、
レコードも負担がかかりにくくなると思います。
また、「スクラッチとか二枚使いを練習したい」と思うなら、針圧を重めにすれば、
針飛びも少なくなり上達しやすくなると思います。


針圧とは、針の性能と自分のスタイルを最大限にひきだしてくれるものです。

自分のプレイスタイルに合った針圧、針で充実したDJライフをお過ごしください!!



最後まで読んでいただきありがとうございました。

講師:杉田 スクラッチ 玄白