検索のヒント  
 

Traktor小ネタ集 使いこなし方、教えます!


<<前の記事へ
>>次の記事へ

11 HOT CUEを設定してみよう!
あらかじめ曲にポイントを設定しておいて、後はボタン1つで瞬時にそこへ!
色々な用途に使えます!




Traktorシリーズ (LEを除く)にはHOT CUEという機能がついています。
それは、曲中にいくつものポイントを設定し、再生位置をそこへ瞬時に移動できるという機能です。

ミックス時のキューを複数設定できると考えてもらえればいいでしょう。

具体的にはここを使います。


波形の下にこのような部分があるかと思います。
(ない場合はその付近にあるACTIVEボタンの下の小さな三角形ボタンを押してください。)

再生中や停止中など、自分の設定したいタイミングで、下の細かい数字のボタンを1つ押してみてください。
すると、波形の部分にその数字の目印がつきます。

再生中にそのボタンを押すと、その目印の位置から再生が始まりますよね!
こんな風にHOT CUEを設定できるというわけです。

CUEを消したいときはどうすればいいかというと、
まずは消したいCUEのボタンを押してください。

一度押したら、そのまま右のゴミ箱マークを押しましょう。
これでCUEポイントが消えたはずです。

CUEを大量に設定して、リズミカルに押すことで新しいリズムを作るといったサンプラー的使い方もできるかもしれませんね!
あなた独自のHOT CUE活用法を見出してください!
Traktor2 オタレコ伝承ページへ戻る




Traktor ScratchやScratch LiveといったDVSの解説を行っています。