オタイレコード・オタイオーディオの「学生オーディオ普及委員会」では、オーディオに興味のある学生を応援しています。

オーディオブームが昔あったということはご存知ですか??当時は、たくさんの方がスピーカー、アンプ、プレイヤーそして音源などに自分なりに組み合わせをこだわり、その音質や音楽を楽しんでいました。

現在、iPhoneなどのコンパクトプレイヤーを誰もが持つようになり、音楽を楽しむスタイルが大きく変化しました。
スマートフォンの影響もあり、ヘッドフォンやイヤフォンなどは広く使われていますが、いわゆるコンポで音楽を楽しむ習慣が、若い方から薄れてしまったかと存じます。
最近、レコードやレコードプレイヤーが人気とはいえ、ハイエンド・オーディオ機器を扱っている、オタイーディオの店頭でのお客様のご年齢は、比較的30代以上の方が多いのが現状です。

若い人が興味がないのかというと、そういうわけではないと考えています。

なぜなら、オタレコの方にご用件があった若いお客様に、お越しいただいた機会に、ハイエンド・オーディオのサウンドをご試聴いただくと、 とても楽しんでいただけるからです。

もしかしたら、オーディオ機器に触れる機会があれば、若い方もコンポというスタイルでの音楽に興味を持ち、お楽しみいただけるのではないでしょうか?

むしろ、こういった音楽の楽しみ方をご存知じゃなかったら、もったいない!!と思い、
世代を越えて、みなさんと一緒に楽しみたくて企画いたしました。

▲さすがにここまでがっつりといろいろな機材があると、少し圧倒されてしまいますが、好きな音楽をスピーカーで聴くのはとても楽しいです。

そこで!学生応援キャンペーンです。何と無料で機器をプレゼントいたします。

ご興味のある方に無料で機器をプレゼントいたします。
もちろん条件がございます。
また、機器についても新品ではなく、弊社でお買取した中古品となります。古いものもございますが、元のオーナー様が大事にご使用されていたものですので、比較的状態が良いかと存じます。
送料無料!弊社にて検品済みの機器となります。

※検品はしておりますが、製品の保証制度などはご用意していませんので、その点ご了承ください

募集中の機材はこちら

都度、応募を募集する機材は変わります。
※画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。

KENWOOD KP-1100

...
  • 発売当時希望小売価格:定価99,800円
  • 発売時期:1985年
  • 使用期間:-
  • 動作状態:A
  • 外観状態:C

レコードを聞いてみたい、というアナログプレイヤーに興味がある方におすすめ!KP-1100の特徴は内部に「X字型」の高い剛性を持つダイキャスト製のフレームが使用されています。その骨格と、モーターとアームを取付けた「高剛性メカニカル・ショート・サーキット」により、トーンアームやカートリッジへの振動を低減させています。
また、トランスやキャビネットとダストカバーはフレームからフローティングし、同じくトーンアームやカートリッジへの影響を抑えています。
振動などを抑えることで、高音質でレコードを再生することができます。

ターンテーブルを回転させるモーターは、スピンドルに特殊なオイルスリットを持ち、流体の圧力を利用してスピンドルを中心点に保持し、優れたワウフラッターを得るとともに長期間の耐久力を持っています。高い剛性を持つJ字トーンアームも優秀で、独自のナイフエッジにより支点をガッチリ固定しレコードの音溝を正確にトレースできます。

高性能で高音質なプレーヤーですが、初心者の方にも扱いやすい、レコードプレーヤーです。

レコード針について

ortofon HMC20が付属します。希望小売価格、34,800円(税別)のMCカートリッジです。

使い方

レコード針は付属しますので、あとはフォノイコライザー、昇圧トランス、アンプ、スピーカーケーブル、スピーカーが必要です。フォノイコライザー内蔵のアンプでもよいですね。フォノイコライザー内蔵かどうか、簡単に見分けるには、アンプにPHONOとかかれた入力切り替えがあるかどうかです。今回付属のカートリッジ(針)がMCカートリッジと呼ばれるタイプです。MMとMC型と2種類あるのですが、PHONOとだけ書いてある場合は、大体MMのみに対応しています。MM/MC切り替えスイッチがあれば、MCカートリッジも聞けるアンプです。
切り替えスイッチがない場合は、別途昇圧トランスが必要になります。

仕様
ターンテーブル 直径33cm 重量1.9kg
起動トルク 2.0kg
慣性モーメント 450kg
ワウ・フラッター 0.005%(FG直読法)
回転数偏差 0.003%
S/N比 90dB(DIN-B)
消費電力 15W
サイズ 幅490×高さ182×奥行410mm
重量 14.5kg

SONY TA-AV790D

...
  • 発売当時希望小売価格:100,000円
  • 発売時期:1994年
  • 使用期間:-
  • 動作状態:A
  • 外観状態:C

音楽だけでなく、映画など、映像関係も好きな方におすすめ!サラウンドシステムで音を楽しめる、AVアンプ!デジタル入出力端子を搭載したドルビープロロジック&DSP搭載AVアンプ。

入力3系統・出力1系統の光デジタル端子を搭載しており、デジタル接続の場合には、A/D変換のプロセスを経由することなく、デジタル信号のままダイレクトにDSP部(デジタル信号を処理する半導体チップ)へ入力できます。これにより歪やノイズ特性、セパレーション特性にも優れたデジタルサラウンド再生が行えます。

DSPにはドルビープロロジックや8モードの音場プログラムを搭載しています。また、ルームサイズやシートポジションなどの音場調整が行える4種類のパラメーターを内蔵しています。特に、シアターとライブコンサートの2モードでは、ドルビーサラウンド・デコーダーの出力に、映画館、コンサートホールの音響効果をそれぞれ付加することができ、ドルビーステレオ方式の映画/音楽ソースをより効果的に楽しめます。

Sビデオ端子(黄色の端子)付き映像系入力を6系統、オーディオ系入力を5系統搭載しており、ハイビジョン放送の3-1ステレオなどに対応する4ch音声・5入力端子を搭載しています。

フロント、リア、センター独立に調整可能なトーンコントロール(高音と低音の調整)を搭載しています。
フロントとリアは2バンド方式となっています。また、センターは中心周波数を5種類の中から選択できます。

センターチャンネルはスピーカーが2本接続できるデュアルセンター方式に対応しています。

映像ソースと音声ソースを自由に組み合わせて出力可能なミックスモードを搭載しています。

※スピーカーOUTは5CH出力までですが、MONOのアウトがありますのでアンプ内蔵ウーハーを使用すれば5.1CHも可能です!

使い方

サラウンドシステムを作るためにガッツリスピーカーを接続してもいいですし、シンプルにスピーカーをLRつないでオーディオユースでもよいかもしれません。その場合、スピーカーケーブルと、パッシブ(アンプ非内蔵)スピーカーに接続する形になります。
TA-AV790Dはアンプであって、データの再生機能はありませんので、DVDプレイヤーやCDプレイヤーやiPhoneなどを接続してご使用ください。

仕様
実用最大出力
(EIAJ、6Ω)
フロント:120W+120W
センター:120W
リア:50W+50W
実効出力 フロント:90W+90W(20Hz~20kHz、6Ω)
周波数特性 Line系:10Hz~50kHz +1 -3dB(フロント、ソースダイレクト時)
高調波歪率 0.03%以下(6Ω負荷、80W出力)
SN比(Aネットワーク) Line系:92dB(フロント、ソースダイレクト時)
Digital:98dB(フロント、ソースダイレクト時)
モード ドルビー/ホール/オペラ/ジャズクラブ/スタジアム/
シアター1/シアター2/ライブコンサート
ディレイタイム 15.0ms~30.0ms、0.1msステップ(ドルビーサラウンド)
エフェクトレベル 20段階
インプットバランス オート
フロント Bass:±10dB(100Hz)
Treble:±10dB(10kHz)
センター 1バンドイコライザー
中心周波数:100Hz、330Hz、1kHz、3.3kHz、10kHz
可変範囲:±6dB、1dBステップ
リア Bass:±10dB(100Hz)
Treble:±10dB(10kHz)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 240W
外形寸法 TA-AV790D:幅430x高さ160x奥行425mm
TA-AV790DG:幅470x高さ160x奥行425mm
重量 TA-AV790D:14.3kg
TA-AV790DG:15.4kg

応募してみよう!

対象条件は、「23歳以下の大学生・専門学校生~小学生であること」です。

応募もとっても簡単です。下記のボタンよりお申し込みいただくだけです。
普段どのような形で音楽に関わっているのか、音楽に対しての情熱を込めた紹介文とあわせてご応募いただく形になります。
※紹介文は、当選者以外の方含め、こちらのウェブサイトに掲載させていただく可能性がございます。
※後日、弊社より当選のご連絡を差し上げる際に、そちらのメールにご返信いただく形で、学生書のコピーをお送りいただきます。

当選後は、機器の使用環境のお写真と感想をお送りください。

今回の機器についての応募期間は、2018年11月12日までです。