【話題騒然】作曲が楽しくなる機材がRolandから登場!MC-707、MC-101。

こんにちは!オタレコさがわです。大注目の作曲マシンが近日発売予定です!

機能ガッツリのMC-707、持ち運びラクラクのMC-101。最新グルーブボックス登場!

Roland MCシリーズ、グルーブボックスとは?

MC-707、MC-101は、エレクトロニック・ミュージックの楽曲制作、ライブがとってもしやすい「GROOVEBOX」とよばれる機種です。

RolandのMCシリーズ、GROOVEBOXとは何なのかというと、そのルーツは1996年に発売されたMC-303です。

MC-303の特長としては、エレクトロニック・ミュージックが作りやすい、演奏しやすいよう音源や機能を搭載した作曲機材=GROOVEBOXです。

今回新登場するMC-707、MC-101も同様、1台でエレクトロニック・ミュージックを作曲、ライブ演奏が1台完結でできる機材です。

Roland MC-707とは?

まずは、動画をチェック!

MC-707の特長

  • 豊富な音源(プリセット・トーン:3,000 以上 プリセット・ドラム・キット:80 以上)
  • 8トラック・シーケンサー(ステップ・シーケンサー最大ステップ数:128)※シーケンサーとは予め決められた順序で音を鳴らす機能。自動演奏。
  • ディスプレイ 256 × 80 ドット(バックライト付きグラフィック LCD)
  • 16個のRGBパッドでドラム・パート、メロディ・ライン、ベース・ライン、ポリフォニック・サウンドなどを演奏・入力
  • リアルタイム・サンプリングを可能にするオーディオ・ルーパーを搭載(タイムストレッチ、ピッチシフト対応)
  • 高品質エフェクター(トラック・マルチエフェクト:90 種類 トラック・EQ コーラス・ディレイ:9 種類 リバーブ:7 種類 マスター・エフェクト:90 種類 マスター・コンプレッサー マスター・EQ)
  • パラレル・アウト可能なオーディオ / MIDIインターフェース

Roland MC-101とは?

まずは、動画をチェック!

MC-101の特長

  • 単3電池4本で約4.5時間もの動作が可能
  • 幅 (W) 224 mm 奥行き (D) 132 mm 高さ (H) 61 mm、716 gの超コンパクトサイズ
  • 4トラック・シーケンサー(ステップ・シーケンサー最大ステップ数:128)
  • ディスプレイ 16 文字 2 行(バックライト付 LCD)
  • 豊富な音源(プリセット・トーン:3,000 以上 プリセット・ドラム・キット:80 以上)
  • 16個のRGBパッドを使って、ドラム / ベース / シンセサイザーのフレーズをスピーディに入力
  • オーディオ・ルーパーを搭載(タイムストレッチ、ピッチシフト対応)
  • 高品質エフェクター(トラック・マルチエフェクト:90 種類 トラック・EQ コーラス・ディレイ:9 種類 リバーブ:7 種類 マスター・エフェクト:90 種類 マスター・コンプレッサー マスター・EQ)
  • パラレル・アウト可能なオーディオ / MIDIインターフェース

※ ※ ※

以上、エレクトロニック・ミュージック、クラブミュージックを作ったり、演奏しやすいよう音源や機能を搭載した作曲機材=GROOVEBOXの新機種MC-707とMC-101のご紹介でした!

動画をみてても分かるように、1台でサクサク作れてく様子は作ってる側も、演奏を見てる側もとっても楽しい機材かと思います。

レイアウトや操作感は、AIRAのリズムマシンTR-8Sに寄せてあるので、AIRAシリーズを既にお持ちの方にとっては同じ操作感で直感的に使えるかもしれませんね。

▼Roland/リズムマシン/TR-8S 

ご注文・詳細はこちら

MC-707

MC-101

関連情報

 

▲これから作曲を始めてみたいというお客様に、作曲ってどうやって始めたらいいのか、そもそも作曲って何をするのか、というのをご紹介するためのページ

ableton live でDJをしてみよう。

▲クラブ・ダンスミュージック全てを飲み込む最重要ソフトableton liveの世界を体感してください!

▼自信作が作れましたら是非、オタレコが運営してる日本最大級のトラックメイクの大会、ビートグランプリにもエントリーしてみてください!


●日本最大級のトラックメイカー、作曲、トラックメイカーの大会、ビートグランプリ2019 Vol.03 supported by TuneCore Japan。ただいまエントリー受付中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です