既にDJ機材を持ってるのに買ったワケ!

こんにちは!オタレコさがわです。現在、オタレコでバク売れ中の、超お買得DJコントローラーKAOSS DJについて、DJ機材を既に持っている私も買ってしまったのですが、その理由についてのお話です。

エフェクターとしても使えるKAOSS DJ!!

ここで改めてKAOSS DJのエフェクター部についておさらいです。


KAOSS DJという名前のとおり、KORG社の大人気定番エフェクター「カオスパッド」を搭載しています。



さて、そんなめちゃくちゃ遊べるエフェクターを搭載しているKAOSS DJ ですが…


スタンドアロン=パソコンを使用せずに単体で使える

のです!!

ということは、既にお持ちのDJミキサーやDJコントローラーに接続し、カオスパッドのエフェクトをかけて多様な表現が可能になります!
レコードでDJをされる方で、DJミキサーにエフェクト機能が付いていない場合、このようなアイテムがあると、もっとDJが楽しくなると思います!

私もそんな一人です。

ちょっと接続方法にコツが必要なので、図解します!

▲KAOSS DJの入力側です。ここのAかBに音声入力を接続します。

▲こちらがKAOSS DJの音声出力です。こっからKAOSS DJからの出力をスピーカーやDJミキサーに接続します。

接続ができたら、電源を入れる前にスタンドアロンモードに切り替えます。電源を入れたあとに切り替えると、うまく認識しない場合があります。

パソコンからだけでなく、直接コンセントから電力供給しても動作します。

それでは接続例をご紹介します!

※矢印の向きが音声信号の流れです。

SEND RETURNが付いているDJミキサーだと、指定したチャンネルにだけエフェクターがかけれます。

接続したプレイヤーにだけ、エフェクターがかかるセッティングです。

最終出力にエフェクトをかけますので、エフェクトをかけるチャンネル指定はできない形ですね。

LINE出力のできないタンテをお持ちの方は、基本的にはこのスタイルになると思います。私はこの方法で使ってます。

ちなみに…

スタンドアロンモードで使用する場合、
・ブラウズノブでKAOSS DJのクロスフェーダーカーブを調整できます。エフェクターとしてのみ使う場合はあまり関係ないですかね。
・HOT CUEなどと書いてあるタッチストリップ部分がフィルターになります。

※ ※ ※

いかがでしたでしょうか?

既にDJ機材をお持ちの方は、持ち運び用のDJコントローラーだけでなく、エフェクターとしても使える、便利なKAOSS DJ のお話でした!

▼KAOSS DJが今とってもお得!

ご注文、詳細はこちらの画像をクリック!

商品詳細 : 【数量限定!歴史的大特価!先着でモバイルバッテリー無料プレゼント中!】KORG/PCDJコントローラー/KAOSS DJ★serato DJ Lite無償対応!初心者はじめてブック進呈!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です