【裏ワザ】作曲用に音源買う時、一回考えた方が良いこと。

こんにちは!オタレコさがわです。今日は、多くのトラックメイカーが使用している、一生音源に困らないレベルの音源・エフェクトライブラリKOMPLETEシリーズ。このフルバージョンを買うとき検討したほうがいいことについてお話です。

KOMPLETEシリーズを買うときは、機器と一緒だとめちゃくちゃお買い得。

KOMPLETEとは、現場では最も使われているといっても過言ではない作曲音源ライブラリです。通常バージョンだと、53製品、25,000 以上のサウンド、220 GBを超えるインストゥルメント&エフェクトが入ってます。とりあえず持ってれば、おそらくその先音源に困ることはないですね笑。有名プロデューサーなども使っていて、おそらくみなさんも一度は聞いたことがあるサウンドがたくさん入っていると思います。

さて、本題にいきましょう。

作曲をはじめる時、あるいは作曲している中で、もっと音源やエフェクトがほしいと思う時が来ると思います。その時に定番ソフトであるKOMPLETEを検討すると思いますが、その時に思い出してほしいことがあります。。。

機器とあわせて買うと、凄い得をする。

もちろんどんな機器でもいいというわけではないです。主に、KOMPLETEを開発しているNative Instruments社の機器が対象となります。※全部じゃないです。後ほど注意点としてお話します。

例えば・・・

MASCHINEJAM/KOMPLETE 12 UPGのセット

KOMPLETE 12 UPGとは、何かというと、KOMPLETE 12のアップグレード版です。

KOMPLETE SELCT付属の機器は、KOMPLETE 12 UPGがあればKOMPLETE 12フルバージョンが使えるようになります。

要するに、

KOMPLETE SELECT + KOMPLETE 12 UPG = KOMPLETE 12 フルバージョン

例えば、MASCHINE JAMをみましょう

※以下、価格は全て2018/11/28現在のもの。

MASCHINE JAMにはKOMPLETE 12 SELECTが無料で付いてきますので、そこにKOMPLETE 12 UPGを加えて、73,705円(税別)

KOMPLETE 12 フルバージョン単品で買う場合、64,630円(税別)です。

73,705円 – 64,630円  = 約9,000円

もともと32,223円(税別)のMASCHINE JAMが、約9,000円で手に入るようなもの。

結論:音源を買う場合、KOMPLETE SELECT付属の機器とあわせて買うと、機器がめちゃくちゃお買い得になります。

要注意!!!Native Instruments製品全てにKOMPLETE SELECTが付くワケじゃないです。

現段階では、KOMPLETE KONTROL Sシリーズ・キーボード と 特定のMASCHINEハードウェアにKOMPLETE SELECTが付属しています。

先日お客様にご提案しようと思っていた時に気がついたのですが、

例えば、MASCHINE MIKRO MK3は2018/11/28現在では、KOMPLETE SELECTが付属しません。(MASCHINE MIKRO MK2の時は付いてましたね。)

KOMPLETE SELECT付属ではない場合、上述したお買い得セットは実現しませんのでご注意ください。

※ ※ ※

以上、音源買う時、一回思い出してほしいことについてでした!

関連情報


●話題沸騰中!!未だかつてこんなに簡単に使える作曲機材あっただろうか!?MASCHINE JAM!

MIDIコンミュージアム
●MIDIコントローラーってなに?そんな疑問は全てこのページで解決!是非ご覧ください!

Ableton Live Lite解説
●無料でここまでできる!作曲、リミックスができるソフトウェア「Ableton Live Lite」の解説ページです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です